ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

ラミントン国立公園3 二日目

2009年03月14日
昨夜に続いてオライリーズ主催のイベント、朝のバードウォッチングウォークに参加。$10。えーガイドは...双眼鏡も持ってなかったけど。いや、客も私以外誰も双眼鏡もカメラも持ってなかったからそういう催しなんだろう。ビギナー向け、と書いてあったしね。一時間程かけてオライリーズの敷地内を歩く。いいウォーミングアップになった、としておこう。集団と分かれて一人森へ。写真はハイイロモズツグミ。 ラミントン国
全文を見る»»

ラミントン国立公園2 初日夜

2009年03月14日
オライリーズ周辺では日中でもレッドネックが普通に建物の周りにいるけど夕方になると増える。 とりわけ可愛い子の後ろ姿を一枚。 部屋からの眺め。600mm相当望遠。マウントリンゼイに夜がやってくる。あそこもいずれ登らないとね。岩山だし。最後の500mくらいは殺人級の斜面だと聞いたけど。部屋で自炊の後、オラーリーズが主催している夜の観察会へ出かけた。確か$25位だった気が。バスに乗って10分くらい移
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断8 「第二部開始」

2009年03月12日
別のオオオニカッコウ幼鳥。巣だって北へ向かうのか。 今日はラミントン国立公園へ移動の予定。今回の遠征のメインの予定だったとこ。 それならそうで夜も明けきらないうちからとっとと行けばいいのだけど、ブリスベンに着いた時点で私の中で「ここまでで仕事はオ ワ リ☆」と気を抜いてしまった面があり、更にChieさん夫妻の暖かいもてなしで拍車がかかった。特に何もせずお昼過ぎまでのんびり滞在。完全に遠征の血走った
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断7 「ブリスベン」

2009年03月11日
ずっとキャンプだったので、久しぶりに建物の中でぐっすり寝て朝と夕方に近所の散歩に。それ以外は洗濯をさせてもらったり三食ごちそうになったりchieさんの邪魔をしたり。 写真はセアカオーストラリアムシクイの♂。面白い光の中にいた。 こちらは同じセアカオーストラリアムシクイの♀。 首が無いキンショウジョウインコ(嘘)。ちょっと難しい所にとまっていておくつろぎだった。 ミナミクロヒメウの黒曜石なような
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断6 「ブリスベンへ」

2009年03月09日
朝が来た。対岸は世界遺産フレーザー島。島は時間がないため今回はカット。特に珍しいものはいないけど、なかなか鳥影は濃い。 トウネンも多いが、アカエリシロチドリもそれ以上に多かった。 どうしようもない程大きな獲物を捕ったオオアジサシ。巣にはまな板と包丁でもあるのかしら。 オオソリハシシギとオグロシギ他。ケアンズではあまり見ない奇麗な夏羽です。 ちょっと撮ってみたかった写真。 いろいろ集
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断5 「移動とグレートサンディNP」

2009年03月09日
ようやく朝から晴れの一日だ。朝起きて歯磨きをしていると、上空を3羽の黒い鳥が飛んでいく。アカオクロオウムか。いやいや、小さいし羽ばたきも速いし鳴かないし違うだろうと思って双眼鏡でみるとテリクロオウムだった。カンガルー島では見つからなかったのでちょうど良かった。(カンガルー島のは300羽程度しかいないとも言う固有亜種だが)。遅れてオオツチスドリも。いずれもケアンズ周辺では見られない種類だ。 今日も基
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断4 「移動とオオコウモリな日」

2009年03月08日
ヒメキスジミツスイだけを狙うぞ!と気合いを入れて起きたらまたしても雨。今回はどうも巡り合わせが良くないようだ。ユンゲラに来る事はもともとの予定に無かったので調べておらず、どこでヒメキスジミツスイを探せば良いかいまいちクリアなイメージが無い。ミツスイ、として街路樹や花壇なのか、近縁種のキスジミツスイのように熱帯雨林の中なのか。とりあえず雨の中キャラバンパークの周りを探って見るがいない。レンジャー事務
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断3 「まだ続く」

2009年03月06日
三日目。体調も回復、さぁ今日はやるよーと思ってたら夜が明けないうちから凄まじい雨。キャラバンパークはみるみる水没。...昨日までは熱波&食あたり、今日は豪雨か。今回は出発前から不運だったもんなぁ。悪天候のため今日は一日停滞、というわけにもいかないので出撃。ここら辺以外ではブルーム方面までいかないと分布してないキバラメジロを求めて。 ポイントへ向かってバスを走らせていたけど、少し手前で農道は川に
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断2「キツい…」

2009年03月06日
朝、夜明けとともにパルマへの峠道へ侵入。ギリスハイウェイをもっと長くずっと狭くしたようなハードな道。バスには。標高が高い分ようやく過ごし易くなったけど、名物の霧が凄い。景色が全部白い。写真をとっても白い。メジロハジリチメドリを撮った、と思ってももやもや。でもヤイロチョウとか、キンショウジョウインコとか、アカクサインコとか、ケアンズではちょっと見にくい鳥達が結構簡単に見られた。 喉が赤いメジロハ
全文を見る»»

クィーンズランド州駆け足縦断1「ほんとに出発?」

2009年03月04日
短期間の間に何度も延期を余儀なくされ、何だかもう既に旅は終わったような気分の中出発。延期の理由は大洪水、バス故障、急病(同僚の)、ダブルブッキングとか、呪われてるんじゃないかというほどに連発。私を出発させない為の、強い国家的力を感じる(嘘)まぁ、おかげで準備する時間も増えた。出発前の脳内旅行(妄想とも言う)では既に数多くの野生動物をゲット。 ケアンズから一号線を南下。好きな音楽をかけながら自家
全文を見る»»