ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

シールベイのオーストラリアアシカ:カンガルー島旅行記

2008年02月03日
今回、一番楽しみにしていたシールベイでの野生のオーストラリアアシカウォッチングへ!すご過ぎ!生き物好きは、ここに行くまでは死んではだめだよ。頑張って写真でお伝えします! きゃぁあ? 可愛いすぎ! きゃぁあ? きゃーっ? 「うぉー」 明らかに、狩りとかじゃなくて遊んでいる。 きゃぁあ? ※カンガルー島の旅行記はこれ以外にも全部で17ページあります。見出し一覧はこちらです。(新しい
全文を見る»»

野生ペンギン探しなど:カンガルー島旅行記

2008年01月25日
今日は日没とともに、海から上陸してくるペンギンを探しにいく予定。それに備えて少し昼寝をしようと一旦宿に戻り車を止めるとミラーに可愛いお客様が。 まず鏡で自らの美しさをチェック。 「鏡よ鏡。」 ついでに車内に不審物がないかチェック。 メスはワイパーを難しい顔でチェック。 樹上では仲良く眠るアカビタイムジオウム。平和だ。のびのび生きてるなぁ。 夕方、レンタカーでハンソンベイを目指して出
全文を見る»»

ハンソンベイコアラウォーク:カンガルー島旅行記

2008年01月15日
フリンダースチェイス国立公園を昼過ぎに経ち、宿泊先のカンガルーアイランドウィルダネスリトリートも通り越してハンソンベイにあるコアラウォークと呼ばれる場所にやってきた。いうならば、「コアラがほぼいつも見られる私有地」といった所。別にコアラの世話をしているわけではないという。 辺りは見事なお花畑で極楽浄土もしくはハウルの動く城のワンシーンのようだ。 お花畑とカササギフエガラス。ケアンズにもいるんだ
全文を見る»»

フリンダースチェイス国立公園:カンガルー島旅行記

2008年01月07日
(三日目午前中) アドミラルアーチやリマーカブルロックを後にして、フリンダースチェイス国立公園管理事務所まで引き返す。朝、パスを買いにきたけど閉まっていたので通り過ぎた所だ。事前情報では、事務所の周りに生き物が色々見られるというので期待して車を降りると、ちょっと困った顔のカンガルーアイランドカンガルーがこっちを見てた。腕が黒い。  管理事務所ではパスの販売の他、様々な展示や物産の販売、カフ
全文を見る»»

アドミラルアーチ後編:カンガルー島旅行記

2007年12月16日
(三日目午前中)アドミラルアーチは、崖の上から見ているだけでも感動ものの場所だけど木製の階段により更に海岸線まで降りていく事が出来る。 ニュージーランドオットセイはもうあちこちにいて、一緒にゴロゴロして遊びたかったけど捕まるので我慢した。照りつける太陽光が岩礁に反射して、露出が難しい。-2.0位まで下げて撮ってる。 アドミラルアーチという名前は、このオットセイ保護区の奥にある石門のような所をさ
全文を見る»»

アドミラルアーチ(前編):カンガルー島旅行記

2007年12月04日
(三日目午前中)リマーカブルロックから移動し、カンガルー島の端の端、アドミラルアーチまでやってきた。ケアンズでは、感じられないタイプの自然や景色ににしばし時を忘れる。極端に言えばこの海は南極海なわけで、こんなところでは時間を忘れてたたずんでいたいものだ。 双眼鏡をもった年配のご夫人が歩いていたので挨拶すると、すぐ近くのコテージに泊まっていると言う。なんと、こんなところに宿があったとは知らなかったな
全文を見る»»

リマーカブルロック:カンガルー島旅行記

2007年11月27日
(3日目朝)昨日一日でかなりの野生動物の収穫があったので3日目はちょっと観光。レンタカーを飛ばしてカンガルー島の名所、リマーカブルロックへ。 一つ問題が。リマーカブルロックへ行くには、フリンダースチェイス国立公園に入る事になるのだけどカンガルー島では全ての国立公園に入場料(パス)がいる。フリンダースチェイス国立公園の入り口付近の道路沿いにその販売をしている国立公園管理事務所があるんだけど朝早過ぎ
全文を見る»»

夜行性動物探し:カンガルー島旅行記

2007年11月24日
(二日目最後)簡単な自炊の後、夜行性動物探しの準備をする。持参したのはバッテリー内蔵の簡単なスポットライトとLEDヘッドランプ。あとカメラか。日没後に、同じような動物探しする人くらいいないのかしらと思ったけど見かけなかった。  土地勘も情報もないので、宿泊先のカンガルー島ウィルダネスリトリートの裏を歩いてみる。熱帯雨林のケアンズにて同じような事を仕事としてしてるんだけど、森の種類が根本から違うので
全文を見る»»

キングスコートからダックラグーン、宿へ;カンガルー島旅行記

2007年11月10日
(二日目まだ続き)キングスコートでの買い出しを済ませ、ようやく出発する。街をちょっと出ると、噂に聞く制限速度110kmの道路がどこまでも続く。島の反対側にある今日からの宿までそろそろ向かわないといけないのだけど、空港からキングスコートに来る途中も気になった「ダックラグーン」の標識で舗装道路から外れる。だって気になるんだもの。未舗装道路をがたがた走っていると、早くもハリモグラ登場。 でも、噂に聞
全文を見る»»

キングスコートの街:カンガルー島旅行記

2007年11月05日
(二日目続き)キングスコート空港からようやく出発し、まずは島一番の街キングスコートへ向かう。車窓からもクロウタドリやズグロトサカゲリの模様が違うやつ等を見ながら約15分。海辺の小さな街で、奇麗な海と間低い建物ばかりの町並み。やや起伏のある中心部。ランチのためどこに入ろうかと見回したけど、飲食店は2件しかないようだ。そのうちの一つ、ライトハウスカフェではキングジョージホワイティングというキスの仲間を
全文を見る»»