サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    インコ・オウムスペシャルツアー

    インコ・オウムスペシャルツアー

    普段ペットショップや花鳥園で見かけるようなオウムやインコの大産地はオーストラリアであり、ケアンズ周辺にも自然に暮らしています。このツアーではそういった鳥達の野生の姿や暮らしにフォーカスしていますので、バードウォッチャーでなくても飼育系の愛鳥家の方々にもお楽しみいただけます(双眼鏡は有料レンタルできます)。ケアンズ市内ではイチジクインコやキバタン、ゴシキセイガイインコやコセイガイインコが見られ、郊外の乾燥地帯ではハゴロモインコやホオアオサメクサインコ、そしてモモイロインコが期待できます。夕方にはキバタンのねぐら入りを見物しますが最近はアカオクロオウムのねぐら入りと両方を見学する事もできる時があります。
    なおキンショウジョウインコや(ネッタイ)アカクサインコのような高山系のインコまで探す時間はございません。高山系のインコもご覧になられたい場合は複数日御利用下さい。またセキセイインコやオカメインコのようなアウトバック組はケアンズからの日帰りツアーでは届きません。アウトバック組は一泊二日ツアーのご利用となります。

    ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
    インコ・オウムスペシャルツアー お一人様(乗り合いプラン) A$285

    *14歳以下は半額です
    *他のご参加者とご一緒のツアー行程になりますので、○○はどうしても見たい、◇□は見なくていい、等の特段なご希望をお持ちの方は貸し切りをお勧めします(お申し込みフォームにてご指定可能です)。

    このツアーで出会える野鳥たちの例

    • アカオクロオウム
      イチジクインコ
    • ゴシキセイガイインコやコセイガイインコ
      モモイロインコやキバタンに大接近(野生)
    • ハゴロモインコ
      ホオアオサメクサインコ

    ツアースケジュール

    場 所 時 間 内 容
    ケアンズ市 08:30 ケアンズ市宿泊施設などから出発、高原へ移動しながら各地で探鳥
    アサートン高原 午後 昼食を挟んで午後も引き続き各地で探鳥。ネグラ入りの大集結まで観察します(日没の遅い時期は一旦ホテルへ戻りしばらくしてから再出発ということもあります)。キバタンとアカオクロオウムの両方のねぐらをハシゴする事もあります。
    ケアンズ市 19:00頃 ケアンズ市内宿泊施設や空港にて解散

    ツアーに含まれるもの

    *望遠鏡を携帯した日本語野鳥ガイド
    *ミニバスまたは4WD(旅客業務認可をうけた正規の商用車です)→違法な白タク事業者とは
    *必要に応じて私有地への入場料など
    *ガイドの食費
    *10%の消費税

    ツアーに含まれない主なもの

    *食事代、お飲物代(レストランにて各自お好きなメニューをご注文頂き、解散までにまとめてご清算下さい)
    *双眼鏡などの機材レンタルも可能です。

    催行情報

    最小催行人数:大人2名様(3名様以上は割引がございます)
    最大催行可能人数:13名様

    注意事項

    ※一部治安の悪い場所があり、野鳥ファンがお金を要求される事件が複数回発生しているのを把握しています。またPBFD菌への対応が必要で場所などを公開する行為は慎んで頂きたいと思います。

    現地レンタルも出来ます

    各種機材を取り揃えてあります。備品・レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら