太田 祐(AAK Nature Watch)

 

オーストラリアのバードウォッチングツアー

 

AAK Nature Watch実績紹介

     
  • 太田 祐(AAK Nature Watch)
  •  
  • オーストラリアのバードウォッチングツアー
  •  
  • AAK Nature Watch実績紹介

サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    最近の更新
    • 2021年10月4日自前のインフラを持っていることのメリット...続きを見る»»
    • 2021年9月18日夕暮れにツルの飛翔と山火事跡地にカンガルー...続きを見る»»
    • 2021年9月12日ケアンズで野生蘭を見よう・その7(スパイダー・オーキッ...続きを見る»»
    • 2021年9月6日ヒメトゲハシムシクイ 亜種flavaを再発見*する...続きを見る»»

    人気ブログカテゴリー

    ケアンズの動物
    ケアンズのバードウォッチング
    オーストラリア旅行記
    オーストラリアの日記
    オーストラリアの植物
    野鳥の楽園ケアンズってどんな所
    ケアンズは国際的な観光地としても知られ、日本からは毎日飛んでいる直行便でほぼ6時間台で時差は1時間だけ。近さと政情の安定した先進国としての快適さにより、大変豊富な野鳥を気軽にお楽しみいただける世界でも稀な土地です。鳥は溢れ、その3分の1は固有種であり、治安はよくフィールドはすいています。日本のバードウォッチング専門誌Birderにおいて「憧れの海外探鳥地投票」で二位に選ばれるなど、日本国外にも目を向けるバーダーには以前から有名な渡航先です。

    オーストラリアで出会える野鳥たち

    ヤシオウム
    アカオクロオウム
    キョウジョスズメ
    オカメインコ
    ヤシオウム
    アカオクロオウム
    キョウジョスズメ
    野生のオカメインコ
    セキセイインコ
    サンショクヒタキ
    クルマサカオウム
    ヒスイインコ
    野生のセキセイインコ
    サンショクヒタキ
    クルマサカオウム
    ヒスイインコ
    オウゴンニワシドリ
    イチジクインコ
    オオニワシドリ
    シラオラケットカワセミ
    オウゴンニワシドリ
    イチジクインコ
    オオニワシドリ
    シラオラケットカワセミ
    オーストラリアは世界有数の約350種もの固有種を持ち、他の国や地域で見られない不思議な 習性を持つもの、特殊な外見を持つものなどの個性派が揃います。またケアンズなどオーストラリア北部では熱帯らしく派手で美しい色彩の鳥が多く暮らしています。つまりリストを増やしたい人にも良い写真を撮りたい人にも適しています。カモノハシやカンガルーに代表されるユニークな哺乳類の分布でも有名です。


    現在の総投稿数は 3631 記事という途方もないブログです。

    AAKが支持される理由・お客様の声

    2015年7月10日 『言葉では言い尽くせないほど』 T.R様 2015年6月

    『言葉では言い尽くせないほど充実した3日間でした。一番の目的だったモモイロインコをはじめ、たくさんのインコ・オウム、そしてオーストラリアの野鳥が観察できて大満足です。何十、何百といった群れが集まる姿は圧巻で、羽ばたいている姿がとても美しかったです。
    美しかったといえば、リゾート・モモイロ(通称)で見上げた星空!もう帰りたくない、と思ったほどでした。野鳥観察だけでなく、オーストラリアの大自然やそこに生きる生き物、人々の暮らし、考え方など興味深いものばかりでした。丁寧に教えてくださって本当に感謝しています。それにしても太田さんの鳥発見能力は素晴らしいですね。天賦の才とはこういうものをいうのだ、と思いました』


    2013年9月8日 大変充実。M.Y様(2013年9月8日-13日)

    E25W4405 c1000短期間のスケジュールにも拘わらず、最近のツアーで経験した事ない大変充実した日々を過ごさせて頂きました。
    ひとえに太田さんの努力して頂いた成果と思っています
    (お客さま撮影)


    2013年2月5日 感謝、感謝です!Y.K様(2013年2月5日-9日)

    本当にわがままな、老夫婦にお付き合い頂きありがとうございました。
    主人は最後に撮影したキバシショウビンが、上手く写っていまので、大変満足をしています。太田さんのお陰です。感謝、感謝です


    YouTubeの膨大なAAK Nature Watchチャンネル⭐︎