サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在737種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    パース周辺に2週間います(2)

    2022年11月18日
    オーストラリア南西部において綺麗な小鳥の撮影、というご依頼のガイドをまだしています。 ウスアオオーストラリアムシクイ。 ムラサキオーストラリアムシクイ 固有種を全部見なくていいならこんなに撮影を楽しめる(毎日2000枚超え)という見本のようなツアーになってます。まだ序盤。 https://aaknaturewatch.com/birdwatchingtour/tour18/ こちらのモデ
    全文を見る»»

    3週間ノンストップバードウォッチングツアー

    2022年11月01日
    もともと欧米の会社のバードウォッチングツアー第一班を1週間ガイドした後は数日大きな仕事はなくて、その後に自分の日本人向けのツアーが1週間という予定だったのが9月下旬から10月にかけての予定だった。 ところが欧米の会社のバードウォッチングツアー第2班をガイドする予定の人間がパースでのツアー中にコロナを発症し直ちに現場のキャンプ場に軟禁され、半ば強制的に私がそのカバーに入って第二班もガイドすることに
    全文を見る»»

    南オーストラリア州中部 4種トゥイッチ弾丸旅行 その4

    2022年10月22日
    ヒメノドジロセスジムシクイを撮り直すことを断念し、まだ全く写真が撮れていない残る3種に時間を向けることにして僻地の山から離脱する。ただ来た道を引き返すわけではなく、南オーストラリアのガイドからもらっていた情報をもとにウエスタンセスジムシクイを探してみた。何しろ初日は機材を用意しているうちにハジロオーストラリアムシクイに入れ替わってしまったので。 いた!探し始めて30秒、車から15m(笑)。ものす
    全文を見る»»

    マランダ写真合宿2022 夕日撮影

    2022年10月17日
    近年成功を続けているケープトリビュレーションでの写真上達合宿を受けて、写真家のレス、スティーブンなど基本的に同じ運営メンバーによる『マランダ写真合宿』がアサートン市の資金援助を受けて今年から開催された。 ケープトリビュレーションでの写真上達合宿のすぐ翌週に行われるこの合宿は(テーブルや機材は使い回し)参加者は全くがぶっていない上に更に『グレートバリアリーフ・オーフィアス島写真合宿』というのも同じ
    全文を見る»»

    GME 携帯型無線機たち

    2022年10月16日
    携帯型無線機は大半が圏外となる僻地でのグループ行動には欠かせないだけでなく、携帯電話と違って運転中に通話するのも合法なこともあって地元での仕事にも欠かせない。無線機での通話が違法になることはないだろう。パトカーだってガンガン走行中に使っているじゃないか。オーストラリア産GME無線機はこのジャンルでは日本製を圧倒する性能を持っており、GME一択でいいと思います。命にも関わる道具なので安物に手を出して
    全文を見る»»

    ケープトリビュレーションで写真上達合宿8日間のお世話をする その4(完)

    2022年10月15日
    合宿所の物干し竿では、キバラタイヨウチョウが左端で執念で営巣していた。 というのは半分冗談で、彼らはわざと人間がうじゃうじゃ通るような一番忙しい場所を狙って営巣し、外敵から守ってもらうというツバメと同じ思考の持ち主なので心配はいらない。むしろ望んでそこにいる。 ケープトリビュレーションで写真合宿が始まって数日、「なかなか出会わないな」と思っていたスター、ヒクイドリがついに登場。しかも小川を挟ん
    全文を見る»»

    ケープトリビュレーションで写真上達合宿8日間のお世話をする その3

    2022年10月14日
    時折組み込まれている遠足で今日は遠浅のマングローブが点在するビーチに。 例えばこれは4日目の予定表。深夜0時くらいまで印刷や現像の講習ができることがわかる。私は話がややこしくなることを嫌がり写真業に無関係なただのアジア系バス運転手を装っていたが、某氏が後半その正体をバラしてしまい、思いっきりややこしくなった。それならそれで、もう来年は講義の枠をもらえるように頑張ろう。 思い思いに撮影位置に向か
    全文を見る»»

    ケープトリビュレーションで写真上達合宿8日間のお世話をする その2

    2022年10月13日
    (8月ごろの話です)連日様々な講義が続く、ケープトリビュレーションの大学研究施設を刈り上げて行われる写真上達合宿8日間。 バス班二台としての仕事はそんなにないが、トランスノース社から借りたトレーラーのヒッチが謎でしばらく考え込んだ。これがトレグヒッチというやつか!こっちの方がずっといいじゃん。 毎日あまり運動しない割には3食+モーニングティー+アフタヌーンティーでどんどん体重が増加する恐ろ
    全文を見る»»

    ケープトリビュレーションで写真上達合宿8日間のお世話をする

    2022年10月12日
    (多忙につき8月上旬の話です)ケアンズからディンツリー川をフェリーで渡って北上すること2時間半。ケープトリビュレーションの深い森の中にジェームスクック大学の研究・合宿施設Daintree Rainforest Observatoryが経っている。ここを借りて毎年、8日間もの写真上達合宿が行われており毎日著名な各分野の講師たちが講演をし、それを踏まえて構図や印刷の勉強をしたり、時折遠足に出かけたりし
    全文を見る»»

    来年の予約状況

    2022年10月10日
    10月時点の来年2023年のご予約状況ですが、  5月 半分ほど予約済み + 残り半分セスジムシクイ調査  6月 後半は予約済み  7月 中旬を除きほぼ予約済み  8月 中旬を除きほぼ予約済み  9月 下旬は予約済み 欧米の人達の手配は非常に早いです。オーストラリアの人口は約30年で2倍に激増し人口爆発が鈍化する兆しさえありませんが、宿の部屋数やガイドなどは30年間あまり増えていな
    全文を見る»»