サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    AAK Nature Watch ユニフォームの試作品

    2021年07月22日
    時折野鳥の仕事もしてい流けど、現状ではAAK Nature Watchは昨年から開始した田舎のバス会社としての売り上げの方が安定しておりいつしか10名近いスタッフを抱えるようになって、みんな自由な格好をしているのでユニフォームを作ってみることにした。 女性スタッフも3人いるのでそちらもどうかしないといけないけど、とりあえず男性用を先に。なお私は175cm 77kg程で日本サイズならL、ものによっ
    全文を見る»»

    オーストラリア内陸部の「月の石」を知っているか

    2021年07月20日
    クィーンズランド州の内陸部、特にインコやオウムの聖地ボーリア付近だとか化石の名所であるリッチモンド・ジュリアクリークなどに滞在していると、街中や庭先ににこうした恐竜の卵のような石をよく見かける。 ←これは通称「月の石」と現地で呼ばれているもので、オーストラリアの内陸部が昔は逆に浅い海だった時代に天然のコンクリート現象によって形成されたもの。化石ではないけど「ダイナソーエッグ」という俗称もある。
    全文を見る»»

    トレーラーを購入しました

    2021年07月14日
    もう何ヶ月か前のことだけど、これまで必要時にはレンタルして運用していたトレーラーを新しく購入した。よくある車輪が二つだけの自立しないトレーラーではなく、ブレーキを備え2000kgの法定積載量を持ち長さ2.4m幅1,5m、天井までの高さ最大1.4mあるかなり本格的なものを選んだ。7月にディンツリーでシェフ4人を同行させるようなド級の長期の仕事が入っておりそのために注文していたものだ。 天井はアーチ
    全文を見る»»

    YouTube チャンネル登録者が1,000人に

    2021年05月27日
    おかげさまでYouTubeチャンネル登録者が1,000人を超えました。ジャンルによっては1日で得られる数かも知れませんが、【オーストラリアの野鳥】などという過疎カテゴリーでは話は違い、オーストラリア人による英語のチャンネルを含めても1年前に見て回った際では私の次に多いチャンネルでも60人登録という過疎っぷりでした。登録してくれている人は有り難うございます。まだの人は今しましょう。 https://
    全文を見る»»

    今後の更新に関して

    2021年05月03日
    20年近く前に始め、最初の10年余りは毎日更新、近年は1日おきの更新としてきたこのホームページもこれからは不定期更新という形にして一段と活動を縮小致します。周囲の旅行業者が次々に廃業していく中で売り上げがないまま一年以上にわたってニュースレターやホームページの更新は続けて来ましたが、考えてみればそれもおかしな話で、例えば無期限に営業休止中の施設や企業が情報発信だけずっと続けていることはないと思いま
    全文を見る»»

    2020年4月の長雨

    2021年04月29日
    ある日雨が始まった。そしてそれは永久に続いた というのは何かの本の書き出しだった気がする。4月18日に突然始まった雨はもう10日以上続いている。特に19、20、21日の3日間は凄まじくケアンズでは500mmを超える雨量があった。こんな時には野鳥ツアーをやっていなくて民宿&バス会社に転業して良かったとつくづく思った。(道路閉鎖などには巻き込まれて苦労はしたけど) なお歴史的にはアサー
    全文を見る»»

    【追記】活動応援のための寄付(一箇所操作が必要な箇所がありました)

    2021年04月24日
    先日アップした活動応援のための寄付の件ですが↓ https://aaknaturewatch.com/blog/diary/簡単にaakに寄付ができるようになりました/ 私がオーストラリアの法人であるため『ユーザーも当然オーストラリア人だろう』との前提で決済システムが設計されています。このままお名前などを入れても決済できず、一箇所操作が必要な箇所がありました。所在国をAU(オーストラリア)から
    全文を見る»»

    簡単にAAKに寄付ができるようになりました

    2021年04月20日
    コロナによる国境封鎖と旅行業の消滅を受け、毎月月初に配信していたニュースレターを休刊したり、将来ケアンズから引っ越す可能性だってあることを示唆したら『わずかでも支援したい』というありがたい反応もパラパラありました。AAK Nature Watchでは以前からギフト券の取り扱いはしていますが https://aaknaturewatch.com/birdwatchingtour/gift-vo
    全文を見る»»

    1982年出版の本 ”オーストラリアの歴史ある街”

    2021年04月18日
    私の隠れた趣味はオーストラリアの開拓時代の古道具や建物を鑑賞したり収集することだ。ただ建物は収集したくてもできないので、写真集を買ったり時代村に行ったりして欲求を抑えている。 ただいずれはどこかオーストラリアの南の方にアンティークな一軒家を買って、別荘にしたいとは思っている。野鳥ガイドをしている限りケアンズから離れることはないと思ってきたが、コロナ対策で今後も国境封鎖を続けるオーストラリアの方針
    全文を見る»»

    30 second Awningとお別れ

    2021年04月10日
    この何年かランクルの屋根に乗っかっていて、特に内陸部で毎年やっている2週間のセスジムシクイ調査の時に大活躍してきた30 Secon Awningを売却し、一般的なオーニングにダウンサイズすることになった。一般の人とやっていることの順番が逆である。 正直、ここまで巨大な日除け・雨よけスペースが必要になったことはない。一家4-5人で旅をしていれば必要だろうけど。あとはフリマとか路上販売する人の車
    全文を見る»»