サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    カテゴリー‘日記’

    AAK Nature Watchの地元、マランダのクリスマス前イベントの様子

    2020年11月30日
    AAK Nature Watchやジョンストンベンドが位置するアサートン高原のマランダは、多くの野生動物と涼しい気候、綺麗な空気で国内外から多くのツーリストが訪れる。今年はコロナもあったけど、どの田舎もそうであるように一次産業の基盤がしっかりしていて永住者が大半である田舎は都市部ほどに影響を受けておらず、むしろ都市部から移住してくる人が増えて活況を保っている。 マランダでは昨年からクリスマス前お
    全文を見る»»

    監修の仕事を立て続けにZoomで行う

    2020年11月28日
    映像や文章に誤りがないかをチェックしながら(もちろん野鳥に関して)様々な質問に答えるような監修の仕事って、中高年の方々がするものと思ってたけど最近のこのタイプの仕事の増加を見ると私もそんなステージに入ってきたということでしょう。 ここで登場するのがリモートワークの定着で旋風を起こしているらしいオンライン会議サービスのZoom。メールが行き交いうより圧倒的に速く済むし複数人が一斉に参加できる。
    全文を見る»»

    ガレージの段ボールに誰かいる!!くつろぎすぎな野生のポッサム

    2020年11月26日
    ポッサム(フクロギツネ)は数の多い、かつ警戒心のない哺乳類ながら、ケアンズ周辺ではオーストラリア南部の都市圏におけるようなカラス的な街中のイタズラ動物ではなく普通の野生動物の範囲だ。ケアンズ市内にはポッサムはいないし、アサートン高原でも森に囲まれているような家を除けば決して人家周りで日常的に見かける動物ではない。私のジョンストンベンドはポッサムはたくさんいるし、毎晩屋根の上を走っていくけど、それで
    全文を見る»»

    予定よりも早く帰還しました

    2020年11月10日
    実測で気温48度という世界で荷物を背負っての道もない崖の登り降りは凄まじかったけど、セスジムシクイ遭遇率は過去最高。もう十分なデータが得られたことと人間の消耗が激しいことを理由に(体調不良で2名送還)、予定より三日早く切り上げて無事帰還しました。走行距離は約3000km。 ちなみに私が立っている場所は希少種ムナジロセスジムシクイが潜んでいた場所。経験を積めば積むほど見つけられるようになるのが
    全文を見る»»

    辺境で野鳥調査中です

    2020年11月06日
    毎年恒例の辺境での野鳥調査のため、メッセンジャーやショートメールなどの短文に対応することは時折可能ですが(尾根の上で電波が入った時など)、基本的に二週間圏外です。緊急の内容のみ衛星携帯電話へご連絡ください。 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/いつもの砂漠地帯へ半月ほど行きます/
    全文を見る»»

    ようやく妥当なカメラ機材保険に入りました

    2020年11月03日
    カメラなどの動産への保険は取り扱いが少なく、かつ非常に高価だったりしてこれまで十数年写真をやってきても加入していなかった。その結果、ディンツリーで14-24mm F2.8レンズを遊歩道へを落下させ、カンボジアでD7200が机からタイル床に落下し、D300はマウントアイザで岩山で転倒し、いずれも中破したが自腹で修理することになった。 他に旅行保険でビデオカメラの故障に対応したことが一回あるけど
    全文を見る»»

    えっ?

    2020年10月31日
    ニコンだソニーだなんだって言っておいてそれ!?続く https://aaknaturewatch.com/blog/birdwaching/レンタル中のソニー機材α7r100-400mm作例/ https://aaknaturewatch.com/blog/birdwaching/レンタル中のソニー機材α7r100-400mm作例-続きと結論/
    全文を見る»»

    ジョンストンベンドの作物近況 後編

    2020年10月28日
    植えてもいないのに勝手に各地から出てくるのはゴーヤやカボチャだけではない。トマトも各地から出てくる。ミニトマトであることが多いけど 中にはちゃんとしたサイズのトマトも。ただしこれも野鳥や動物、昆虫との熾烈な奪い合いが待っている。 2−3年前に植えたレモンの木が初めて実をつけた。 3年前に植えたアボカドの木にも初めて少しだけ実がついた。オーストラリアでは自宅でトマトやカボチャが獲れることは何も
    全文を見る»»

    ジョンストンベンドの作物近況 前編

    2020年10月26日
    自宅ジョンストンベンドではゴーヤの一種が自生している。通常ゴーヤは何かに巻きついて登っていくはずの植物だが、こいつはそこに他の木や杭があってもよけてひたすら地面に平たく広がろうとする意味のわからないタイプの極小ゴーヤ。 そんなわけで普段は芝生や雑草の緑とまぎれているので、緑色であるゴーヤが身をつけていてもさっぱりわからず、こうして黄色くなってきて初めて私に発見されるという手順を経るため食べごろ時
    全文を見る»»

    おかげさまでYouTubeチャンネル登録者数755人

    2020年10月24日
    おかげさまでYouTubeチャンネル登録者数が750人を超え、ゆっくりと1000人へ向かっています。ジャンルによっては取るに足らない小さな小さな数字ですが、マイナーな世界であるオーストラリアの野鳥に関するチャンネルでは一番多いのではないかと思います。4ヶ月前に主なところを調べてみた限りでは、ウチの次に多いチャンネルは登録60人(オーストラリア人ガイド)でしたから。。。 正直にいって私自身は1つの
    全文を見る»»