ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘日記’

結局3週間と2日で7488kmを走行してキャンプして帰って来ました。

2019年06月05日
ムナジロセスジムシクイは十四羽見つけられたし、憧れのキンバリーにも足を伸ばしてクロセスジムシクイ、モンツキイワバト、キンバリーシロスジミツスイというライファー3種類を一気にゲット。タイヤは2本ダメにしただけで済みました。
全文を見る»»

ミラミラ 滝巡り

2019年05月24日
私が住むアサートン高原マランダの近くの村ミラミラ付近は標高が高く、それがもたらす豊富な雨量が多くの川筋や滝を作っている。 このミラミラフォールズは国道のすぐ脇にあり、最も多くの観光客が訪れる地域の象徴的な滝だが、時間があればそのまま同じ道を奥へ奥へ「Falls Cirkit(滝巡りルート)」の看板をたどっていくと グッとマイナーなズィリーフォールズにつく。ミラミラフォールズそっくりの四角い滝だ
全文を見る»»

ジョンストンベンド(自宅)の近況 2019年5月

2019年05月22日
オーストラリアではこの手のフルーツを総称して「ポーポー(Paw Paw)」と呼ぶ。その中には赤だの黄色だのがあるけど、ポーポーという名称は絶対。日本でポーポーというとちょっと違うものを指すようだが。引っ越してきた当時からウチに生えていたポーポーは茎が紫色だという特徴があることに先日遊びにきた友人科学者達の指摘で初めて認識した。こんなの見た事がない、と言われれば確かにそうだ。 普通ポーポーの茎はこ
全文を見る»»

アサートン高原に格安でステイする(朝食付き2名$98)

2019年05月18日
オーストラリアの郊外の小規模な宿泊施設の料金は上昇を続け、私がこの仕事を始め出した2004年ごろと比べれば50%以上は上がっています。ディンツリーのレッドミルハウスなどほぼ2倍になってしまった宿もあります。 そんな中で私のジョンストンベンドの元お隣さんがアサートンで一泊$98で2名分の朝食付きという驚異的な低価格なのにとてもお洒落な宿をひっそり始めました。オーストラリアでは食事付きの宿は大変レア
全文を見る»»

オーストラリアの不思議な物 シリーズ6【ヒルズホイスト】

2019年05月12日
オーストラリアの一戸建て住宅の庭には決まってこのスタイルの物干しがある。ヒルズホイストと呼ばれるこの物干しは風が吹くと洗濯物が風を受けてメリーゴーランドのように回転し、全体をムラなく素早く乾かすという逸品で、ただでさえ巨大なビーチパラソルのような図体をしている上にそれが回転するわけだからかなりの床面積を使う。なぜかオーストラリア以外では流行らないとされるが、ここでは国立博物館に展示されているほどオ
全文を見る»»

野外で働く人はAppleCareを付けよう

2019年05月10日
左がiPhone7 Plusで右が12年前のiPhone4。 雨の中を植林ボランティアをしていたら、もともと画面にヒビがはいって防水性が大きく低下していたiPhone7 Plusが死亡した。幸いだったのはAppleCareに入っていたので免責$150程度で完全に新品になって手元に戻ってきた。イースター連休を挟んだのでiPhone7 Plusが戻ってくるまで2週間かかり、その間は12年前の満身創痍
全文を見る»»

ブラジルのパンタナル地方にサファリに行こう!

2019年05月08日
これは公式なツアーの話ではありませんが、ブラジルのパンタナル地方で野鳥ガイドを15年近くしているブラジル人の友人が先日私のジョンストンベンドにカオグロキノボリカンガルーを見に遊びに来ました。その折に「今度は反対にブラジル旅行を企画しよう!」という流れになりました。時期は5月から10月にかけてがよく、最大で7人+私程度、現地1週間での費用はほとんどの食事も含んで一人$3500アメリカドル(他に現地ま
全文を見る»»

恒例の長期ボランティアのため、約4週間ほど連絡が取りにくくなります

2019年05月04日
(去年の映像)毎年参加しているオーストラリア野鳥の会によるセスジムシクイ調査へのボランティア参加のため、来週から約4週間ほど連絡が取りにくくなります(また5月6日は勤労感謝の日につきクィーンズランド州は祝日になります)。私の年代でこれだけ長期のボランティアを毎年出来ている人はいないし、それを可能にしてくれる環境やお客様全てに感謝しています。なおこのブログの更新はその間も続けられるように出来ている
全文を見る»»

AAK Nature Watchは観光タクシー業務も行っています

2019年04月30日
専門的なツアーを少人数相手に行うのも、大型観光バスを大量に保有して大規模なツアーを毎日行うのも基本的な法的要件はあまり変わりません。言い換えれば、大規模であればあるだけ有利であるといえます。 典型的な前者であるAAK Nature Watchも業態としてはバスツアー会社であり、一般的な送迎や観光タクシー業務ももちろん行うことができます。観光タクシーの基本的な料金体系は行き先や内容によって1時
全文を見る»»

ジョンストンベンド(自宅)の近況

2019年04月28日
越してきた当初、室外では最も醜い物体と思っていた古いコンクリート製水タンク。いっそ取り壊してしまえとまで思ったが近年雨が降らなくなってしまったマランダにおいて雨水タンクはいくつあったっていい。 ようやくグリーンによって覆い隠されてきて、植物園風。この写真ではわからないが、タンクが満水の時は溢れた水が上部から噴水のように蔦を伝って綺麗に水が下の植物群に降り注ぐようになっている。 雨水タンクを乾季
全文を見る»»