サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在730種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    ジョンストンベンドキャビンの改装

    2022年03月04日
    最近ジョンストンベンドキャビンは入り口付近のリノベを終え、雨でも晴れでも使えるちょっとした専用パティオを持つようになった。これによりスペースが広がったことはもとより、隣接している母家とも分離感が高まり良くなったと思う。このパティオにいながら住み着いているキノボリカンガルーや160種を超える野鳥、そして最近2度の調査の結果、敷地内に軽く50種類以上はいるとみられる豊富なチョウを眺めながらリラックスす
    全文を見る»»

    『かかっているのはたかだか国家の存亡だ』

    2022年02月25日
    とは昔のアニメの名セリフです。私のような国家や集団への所属意識をもっていない個人主義の山奥人間にとって、国や面子のために指示されされて恨みもない相手と殺し合わさせられるなんて狂っているとしか言いようがありません。かかっているのはたかだか国家の存亡です。命をかける必要は全くありません。 テーマ外の投稿失礼しました。
    全文を見る»»

    戦隊モノのロケ地のような所で砂利を買う

    2022年02月21日
    オーストラリアの田舎では、戦隊モノでヒーローのロボと怪獣が戦うロケ地のような採石場に入って砂利を買い、トレーラーに直接積載してもらうことができる。この日は天気も悪かったのでますます決闘現場みたいな感じだった。 https://youtu.be/tAy1uecQTMw 前回はランクルで買いに行ったけど今回ハイエースで行った。スペック上は十四人を乗せてさらに1.5tを牽引できるハイエースだけど、流
    全文を見る»»

    風力発電の山塊に沈む夕陽

    2022年02月18日
    大型4WDを持っていると、持っていない場合よりも少しだけ世界を多く見ることができる。 動物を探して険しい道を走行していた時に偶然景色の切れ間から遠くに見えた風力発電の風車群に沈む夕陽に目を奪われた。 望遠レンズと大型4WD、そして安定した経済基盤。この3点が揃えば人生は発狂的に楽しい。そこまでもう一息のところ。その辺が一番キツいのかなとも思うけど、ゴールは遠くには見えている。 私は例によって
    全文を見る»»

    自宅でバナナが採れる

    2022年02月14日
    自宅兼民宿のジョンストンベンドキャビンでは、数年前私が越してきて間も無くの頃に一度バナナがなったことがある。しかし家屋や庭の修繕に忙しくてバナナに関心がなかった私はそれを放置していたらツカツクリが食べ尽くしてしまい、その後は枯れることもないけどバナナがなることもないという状態がずっと続いた。 夕方は陽が当たらなくなるその場所が悪いんじゃない?とか、土が砂っぽいからじゃない?ということで別の場所に
    全文を見る»»

    iPhone13 Proを入手

    2022年02月03日
    オーストラリアの最大手の携帯電話キャリア、テルストラではいくつかの携帯電話に「ブルーティック」と呼ばれる水色のマークを付与している。これはテルストラによる検査で「一般的な携帯電話よりも受信感度が良い」と認定されたモデルにテルストラが勝手に付与しているもので、メーカーが取得しているものではない。iPhoneはほとんどブルーティックを取得できなくて、私が知る限り歴代iPhoneでは5cと8だけ。 僻
    全文を見る»»

    月刊ツカツクリ新聞を発見

    2022年01月30日
    ツカツクリといえばオーストラリア東海岸ではとても馴染みのある野鳥で、本当はBrush Turkeyという英名なのに実に90%の人々がBush Turkeyとして間違えて覚えている。むしろそこまで圧倒的に一般市民には間違えられているならもう「ブッシュ」ターキーが英名でもいい気がするが、そもそも庭などをウロウロしているからみんなが知っている鳥なのに名前が「ブッシュ」なのはやはりおかしい。 ツカツクリ
    全文を見る»»

    ペニーオールセン博士の書籍に誤りを発見

    2022年01月16日
    元々ペニーオールセン博士は鳥類学者だったけど、近年では鳥に関する一般向け書籍を毎年のように出版する「作家」としてのイメージの方が強い。先日購入した新書、FLight of Budgerigar(セキセイインコの離陸)はまだ最後まで読んでいないけど、結構派手な間違いを見つけてしまった。もちろんそれは学術的な点に関してではなく、野鳥ガイドとしてのスキル、野鳥の識別に関してだ。 この写真はチャプタ
    全文を見る»»

    番組出演の事後報告

    2021年12月20日
    今年3月にも一度出演していますが、フジテレビの人気番組「世界の何だコレ!ミステリー」に12月15日出演しました。オーストラリアで話題になったある鳥の動画に関してコメントしました。
    全文を見る»»

    自前のインフラを持っていることのメリット

    2021年10月04日
    和歌山で大規模な断水が発生して、人々がポリタンクを持って給水車に並んでいる映像が和歌山の知人達のFacebookから流れてきている。こういうアクシデントを見るたびに自前のインフラを持っている強みを感じる。 私のジョンストンベンドは元々水道水に接続されていない。「それほどの秘境か」というとそうでもなく、街から3kmしか離れておらず、しかも大通りに面しているので水道水が引かれていない理由は謎だ。多分
    全文を見る»»