サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在737種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)


    メールアドレス (必須)


    題名


    メッセージ本文




    ご返信には平常時で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。また例年5月から12月にかけては繁忙期となり、この期間にいただくお急ぎでない内容のお問い合わせにはご対応まで2−3週間を要することが多くなっています。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    自宅兼民宿ジョンストンベンドとは?

    ジョンストンベンドキャビン

    カテゴリー‘日記’

    オーストラリア人のおっさんが寄ってくる200系ランドクルーザー

    2024年01月12日
    ケアンズには3000人クラスの日本人が住んでいるというけど、私はそれを数年前卒業し海抜725mの山の上の村に住んでいるので周りに日本人はとても少ない。日本人妻ならこの地域にそこそこいるものの日本人男性で永住者となると隣村で有機農業をやっている人が1人いるだけだ(と思う)。 したがってウチに出入りするのも100%近くがオーストラリア人なのだけど、そうしたオーストラリア人のおっさん達が「マジかよ!す
    全文を見る»»

    この時期、ケアンズは晴天なら人間が暮らせないほど暑い

    2024年01月08日
    天気予報アプリ上では気温33度などと表示されるけど、気温にはオーストラリア北部の殺人紫外線や、温泉の脱衣所のような湿度が含まれていない。それらを考慮に入れた体感温度は日向では40度を超えていると思う。またケアンズでは昔から『旅行業界を守るため、実際の気温よりも3度程度低い気温を公表している』という噂が絶えない。確かに家庭用温度計では35℃を連日普通に超えている。噂が本当だとしたら長期的には大きく損
    全文を見る»»

    M1からM2 Macbook Airに買い替え

    2024年01月04日
    ほぼ3年ほど前に15インチMacbook ProからM1 Macbook Airに買い替えて、全てが軽く薄くかつMacbook Pro以上の能力に大変満足してきた。何よりAC電源を必要とせず、USBで給電できるところがすごかった。2023年はオーストラリア中を駆け回って家にいることは滅多になかったけど、Macbook Airは常に私と一緒だった。会社と趣味とそれらのほとんどがこのA4封筒サイズの物
    全文を見る»»

    毎年七ヶ月間、管理できない自宅兼民宿ジョンストンベンドの庭

    2023年12月29日
    5月からツアーシーズンが始まると私はたまにしか帰宅しないので、東京ドームのグラウンドと同じサイズがあり熱帯に位置する自宅兼民宿ジョンストンベンドの庭はあっという間にジャングル化する。植木鉢系のものは逆に水がなくて全部枯れてしまう。業者にきて水やりや草刈りを代行して貰えばいいのだけど、私が1時間数千円で働いているのに同時に1時間数千円お庭の管理業者に払うなら働いている意味なんてないと思うのでもう諦め
    全文を見る»»

    道具の進歩 ライト類はこの10年で劇的に進化した

    2023年12月26日
    ほんの10年前まで夜行性の生き物探しにはバイクのバッテリーを肩から下げ、それを電源にしたハロゲンライトで行っていた。とてつもなく大きく、充電に一晩かかり、飛行機旅には持って行けず遠征時には苦労した。バッテリーは連日使っていると一年もせずに交換が必要になった。2010年ごろからあれよあれよという間にLEDに置き換わり始め、当初は200ルーメンくらいだったから狭い熱帯雨林専用、もしくはカメラのオー
    全文を見る»»

    ヨーク半島アイアンレンジへの日本語ツアー まもなく締め切りです

    2023年12月18日
    https://aaknaturewatch.com/birdwatchingtour/tour13/ メールマガジンなどでしばらくお知らせしてきました2024年6月15-20日のヨーク半島アイアンレンジ日本語ツアー(最大4名さま)ですが、今の所2名様がご検討されています。今週中に3名様以上がお揃いにならない場合は、同時期に英語ツアーのガイド依頼を引き受けますのでAAK Nature Watch
    全文を見る»»

    オーストラリアでおすすめの野鳥図鑑 2024年最新版

    2023年12月16日
    近年ケアンズに探鳥に来る人の間で図鑑を携帯する人がほとんどいなくなりました。ある程度はアプリで代用できるのでそうであるのならまあいいのですが、ほぼ何も知らない旅先(海外)なのにアプリも入れていない、図鑑も持っていないというのではバードウォッチングになっていません。覚えよう、識別しようという上達への重要なパートが抜け落ちたそれは撮影会であり、バードウォッチャーではなくカメラファンです。私は同じ野鳥の
    全文を見る»»

    オフラインのお知らせ

    2023年11月22日
    責任者をしているフクロムササビ調査のため22日昼から25日昼にかけて通常の電話やメールがつながりません。緊急を要する場合は衛星携帯電話0405 894 596にメッセージを残しておいて下さい。衛星携帯電話は地球上どこにいてもつながる、というのは半分嘘です。屋根や木々などの障害物が頭上にない環境で北西方向にアンテナを向けて数秒間静止した状態を作らないと電波をキャッチしないので、移動中や建物内を含め基
    全文を見る»»

    トップクラスの女性ファッション誌にAAK Nature Watchが?

    2023年11月16日
    Yahooニュースなどにもよく出てくるので私でさえその名前を知っているトップ女性ファッション誌にAAK Nature Watchの紹介記事広告を載せませんか?という営業が広告代理店から舞い込んだ。どうも先日『ハネムーン』という単語を放ったのがキャッチされたようだ↓ https://aaknaturewatch.com/blog/birdwaching/ケアンズ野鳥200種類、哺乳類20種類ツアー
    全文を見る»»

    その程度では高く空を舞うことはない

    2023年11月10日
    AAK Nature Watchには定期的にこんな問い合わせが舞い込みます。 『鳥の勉強をしたい学生ですor自由研究で鳥のことをしたいと思っていますorちょっと教えて下さい』 『動物ガイドを志望しています。研修させてもらえないでしょうか』 基本的にこうした問い合わせへのお返事は"No"なのですが、週100時間労働の中でちゃんとある程度の長さの文章とNoである理由を書いてお断りしていま
    全文を見る»»