ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘日記’

オーストラリアの不思議な物〜4【パンク修理コンプレッサー】

2016年06月30日
これも一目見て何かわかる日本人は稀だと思う。これは車のタイヤのパンク修理のための携帯式コンプレッサー。 まず、日本ではもはやスペアタイヤすら搭載されていないというからオーストラリアから見ればもうそれは別の星のような気もする。オーストラリアの都市部以外をフィールドにしていればそこは未舗装だらけであり、時間の問題でパンクする。じゃあスペアタイヤに交換すればいいじゃない、というのが普通の反応かもし
全文を見る»»

オーストラリアの不思議な物〜3【金属探知機と黄金探し】

2016年06月18日
オーストラリアにもかつて凄まじいゴールドラッシュがあった。メルボルンやベンディゴが有名だが、ケアンズ周辺でもゴールドラッシュは起きており、それらは基本的には地表で取れるものであって日本のようにシロアリのように地下深くへトンネルを張り巡らす必要もなかった。以前発見された世界最大の金塊は地面に転がっていたものだ。メルボルンを作った爆発的なゴールドラッシュについては名著恐るべき空白 (ハヤカワ・ノンフィ
全文を見る»»

オーストラリアの不思議な物〜2【エンゲル車載冷蔵庫】

2016年06月12日
オーストラリアにて圧倒的なシェアと信仰を集める日本製品の一つ、エンゲル制車載冷蔵庫(日本名:サワフジ工業)。ランドクルーザーやハイラックスのお供として、オージーがエンゲルを愛用しておりキャンプなどで数台集まるとエンゲルでないのは1−2台であとは皆エンゲルという高いシェアを誇ってる。 まず、なぜ車載冷蔵庫がそれほどまでに普及しているんだ?という点から日本人には説明が必要かもしれない。彼らが一番
全文を見る»»

PC引っ越し中につき少し休みます

2016年06月05日
実に7年間も使ってきたパソコンに200GB分の動画と写真をさぁ読み込め、というと息も絶え絶えになってきたので新しく買い換えた。移行ツールなどで手軽に引っ越すのではなく、敢えて1から手動で引っ越し中なのでしばらくブログの更新が滞ってます。別に3週間の原野でのキャンプ生活を終え、力尽きて高熱を出して倒れているわけではありません(それは24歳のタカラ君の方で、私はきわめて元気です) 決してライトなパソ
全文を見る»»

寝そべるアサヒ

2016年05月31日
数々の奇行で楽しませてくれるアサヒだけど、月日は流れもう9歳。最近はあまり変なことをしなくなり落ち着いてきたのは少し寂しいが、単身で人付き合いの少ない私にとってアサヒは途方もなく重要なパートナー。アサヒが居なくなったら自分の最終ブレーキが外れ、同時にかろうじて繋がっている世間との接触も切れ、深山で仙人と化すのは目に見えている(その折には「アウトバックの怪人」と呼んでもらいたいと思っている)。それ
全文を見る»»

メルボルン周辺のモーテルのおもしろ備品

2016年05月27日
モーテルとはアメリカやオーストラリアにおいて自動車旅行者に特化した宿のこと。いかがわしい意味は何も無い(それは日本でだけだと思う) オーストラリアでは観光地や数カ所の大都市を除いてホテルというものはあまり存在せず、オーストラリア人は大量の荷物を大型車に積んでモーテルを転々と利用しながらロードトリップをする。普段はオートキャンプ場をハシゴして旅しているような人も、数日に一度はモーテルでリフレッシュ
全文を見る»»

(再掲示)AAK Nature Watchは5月ボランティアのため休業しています

2016年05月26日
ホームページ、ツイッター、facebookなどでも告知してきましたが、AAK Nature Watch(太田祐)は5月いっぱい、オーストラリア野鳥の会が主催する野鳥調査を支援するためスーパー僻地に滞在しており通常業務はほぼ休業しています。私が居るところにはインターネット接続はおろか、水道も電気も電話回線もない、いわゆる最果ての原野です。沼で洗濯したり、水浴びしたりして暮らしています。一番近くの店も
全文を見る»»

スイートウォーターロッジ

2016年05月15日
この窓からの景色。はめ込み合成なんじゃないの? 腹立たしいが、本当の眺めである。 アサートン高原ジュラタンにあるスイートウォーターロッジ。広大な敷地にバンガローが二棟だけ。 アサートン高原にチラホラ見られる、「広すぎる土地をもてあましているので、奥の方にバンガローを建ててみた」系。これまで数軒に泊まったことがある。 今日は探鳥会が敷地で行われる。専業ではなく副業的な人、リタ
全文を見る»»

アウトバックに放置された謎の巨大船

2016年04月16日
アウトバックと船、というのはなじみのない組み合わせだ。オーストラリアの内陸乾燥地帯、いわゆるアウトバックには水はまともに存在せず、地図上で記されている川や湖などは何年に一回または何十年に一度水があるといった類いの物ばかり。普段はアウトバックで何十本も橋を渡っても、その下の河床には水溜まりが幾つか残っていれば良い方だ。 そんな世界で最も乾燥した大陸のアウトバックに、この巨大船の残骸は打ち上げられて
全文を見る»»

しばらく旅ばかりの毎日

2016年04月09日
来週からツアーでビクトリア州中部へ一週間。ちょうど牛先生が指し示している辺りへ。 5月もビクトリア州中部へ一週間行き、そのあとはクィーンズランド州とノーザンテリトリー準州との州境付近でボランティアとして野鳥調査を三週間。仕事を停止して、三週間キャンプ場ではない原野でキャンプ生活。 6月はケアンズでバードガイドをしている南アフリカ人の友人と一緒にノーザンテリトリー準州のアリススプリングスへ数
全文を見る»»