ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘日記’

自宅敷地へ266本の植樹開始2

2019年03月11日
一週間かけて壁のような雑草を刈り払った。書くのは簡単だが、もう一生やりたくない仕事だし、もし友人がそんな土地を買おうとしていたら私は全力で止めるだろう。刈った上に除草剤を散布して止めを刺した次の作業は果てしのない穴掘りだ。 シャベルで人力で行なった場合、大きな疲労を感じず掘れる穴など一度に10個未満だと思う。266個もの穴を掘るのはこのStihl製BT 131-Z Earth auger。これが
全文を見る»»

自宅敷地へ266本の植樹開始

2019年03月09日
一年半前に今の土地建物を購入して以来、少しづつではあるが延べ229本の木々を土地に植えてきた。大きく疲労せずに一度にシャベルで掘れる穴というのはせいぜい7−8個程度でありそれを朝と夕方にやったとしても、人間一人で1日で15本くらいが負担の少ない植樹の現実的ラインだと思う。 ところが普段金曜日と土曜日にボランティアをしているTREATに(多めに)240本分の苗木を譲渡してもらう申請書を書いて、それ
全文を見る»»

25-27日連絡が取れません。

2019年02月25日
僻地での鳥類調査ボランティアのため、2月25日から27日夜まで連絡が取れない土地にいます。番号をご存知の方は緊急時は衛星携帯電話にお電話ください。なお衛星携帯電話とて谷や森林、建物内などは圏外になり、無敵ではありません。
全文を見る»»

カボチャ畑と化す

2019年02月17日
ちょうど今から一年前の写真。野菜クズや雑草などのゴミを投棄していた敷地の一角からカボチャが生えてきているのを発見して喜んでいた。一度だけ収穫できたが、たくさんいるポッサムやツカツクリなどにそれ以外は食べられ続け、依然としてあまり目立たない存在だったのだが、この2ヶ月ほどの雨季の間に急激な成長を遂げ… もはや訳が分からない一面のカボチャ状態に。今は20個くらいは大きなカボチャが同時になっていると思
全文を見る»»

総画像数10000枚越え

2019年02月09日
このブログに使われている写真の総数が先日1万枚を超えた。記事数は3232(週1回更新するペースなら62年かかる)。この手のブログでは最大級とも言われているが、私は書き続けることに対して何の負担も感じないので15年が経過したこれからでも全く停止することなく増え続けていくだろう。 仕事がもっと暇であれば昔みたいにデイリーで書き続けられる自信もある。多くの人にとってブログの維持は大きな負担のようで、み
全文を見る»»

電話やインターネット、携帯がダウンしています

2019年02月01日
降り続いている大雨の影響か、当地ではこの三日あまり固定電話、インターネット、携帯電話いずれも機能していませんし、復旧のめども立っていません。郵便以外の連絡が一切取れていませんのでお知らせしておきます。
全文を見る»»

【速報】15万羽の野生セキセイインコ

2019年01月25日
25日朝の時点でその数は推定15万羽に達しています。言葉が出てこない、とはこの事でこの光景を目撃できたラッキーなメンバーは「もう死んでもいいかな」と言っています。2−3人集まれば29日か30日ケアンズ発の二泊三日にて3度目の催行を計画中です(もちろんその時までこの群れがいる保証はありませんが)のでご連絡下さい。
全文を見る»»

自給率上昇中

2018年12月13日
パッションフルーツはそこかしこに自宅敷地に生えていたのだけど「マランダでは標高が高すぎで(約750m)実らない」のアドバイス通りどれだけ大きく成長してもこれまで花さえも見かけなかった。まあポッサムやアカアシヤブワラビーが葉っぱを好んで食べているようなのでまあそれでいいさと思っていたが、一つの株だけ初めて実を付けているのを発見! 昨年友人達に配って好評だったのがドラゴンフルーツ。今年も無事に花
全文を見る»»

しばらくタスマニアにいます

2018年12月01日
暑すぎるケアンズ(2日連続43.6度を記録)から逃走ししばらくタスマニアにおり、1週間ほどホームページの更新をお休みします。個人のFacebookの方は更新するかもしれません。
全文を見る»»

雨水タンクの増設

2018年11月28日
マランダの自宅は上水道も下水道も達していないところにあるので、すべて敷地内にて自前でまかなうことになる。標高750mの山間部、雲霧林マランダの雨水といえば原理的には極めてピュアな水であり、念の為キッチンの蛇口からの水はさらにろ過しているが洗濯機やトイレシャワーなどは雨水がほぼそのまま使われている。越してきた時からあったコンクリート製の二つの雨水タンクを合計すると推定で二万数千リットルになり、定期的
全文を見る»»