サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    3月号のニュースレターに関して

    2021年03月09日
    毎月初旬に配信しているニュースレターですが、お問い合わせをいただきましたが3月号は特に予告なく休刊とさせて頂いてます。野鳥ツアーができなくなってもう一年と一ヶ月が経ち、今後もできそうな目処は立っていません。売り上げがないのにいつまでも宣伝活動だけを続けられる民間企業はありませんので、世の中の情勢に合わせて順番に廃止していこうと思います。 旅行というものが過去のものになり、人々が興味を失う中でこの
    全文を見る»»

    野鳥や動物に会える大自然の宿 ジョンストンベンド始まりました

    2021年02月23日
    つい何日か前にAirbnbに掲載したばかりのジョンストンベンドに早速何件か予約が入り、昨日公式には初めてとなるゲストが無事チェックアウトして行った。 かなた西オーストラリア州から来た若いオーストラリア人のカップルで、カモノハシやカエルなどの水回りの生き物が好きでそれらがみられて喜んでいたと思う。キノボリカンガルーのヘンリーはタイミングが合わずチェックアウト後にこのテーブルの下の崖に現れた。この崖
    全文を見る»»

    紫外線照射による水道の殺菌機器を導入する

    2021年02月21日
    自宅ジョンストンベンドの一部が正式にAirbnbのもとで宿泊施設として稼働し出したのと併せて様々な改良も施した。例えばこの水道の殺菌装置もその一つ。 ジョンストンベンドは市が管理する上水道にはつながっておらず、原理上はいかなる川やダムの水よりも綺麗な雨水にて水道が一年中まかなわれている。ただし屋根にいる野鳥や動物が糞をしたり小さなカエルや昆虫がタンクや配管に絶対に入り込まないわけではない。これは
    全文を見る»»

    【重要】ジョンストンベンド、ついに公式にご予約可能です

    2021年02月18日
    自宅ジョンストンベンドは敷地の一部をエアーB&Bの仕組みを通じて宿泊施設として稼働させた途端にコロナが始まり、おそらく当面利用者はかなり少ないだろうという見立てで掲載を取り下げてリノベーションを続けてきた。改修したいことはまだあるけどキリがないのでこの辺りで一旦公開にした↓画像はエアビー公式サイトのスクリーンショットで、画像をクリックするとジョンストンベンドのページに移動でき予約もできるようになっ
    全文を見る»»

    過疎路線が得意なREX航空が世界有数の繁忙路線に参入!

    2021年02月16日
    シドニー⇄メルボルンがたった$49で食事も23kgまでの預け荷物も付き、コロナ起因のキャンセルは全額返金保証付き!! REX航空といえばアデレード⇄カンガルー島やケアンズ⇄マウントアイザ、一時期はケアンズ⇄アイアンレンジ、ボーリア⇄ブリスベンなどに代表される地方路線に独占的に就航する国内航空会社4番手、というのが私のイメージだった。実際カンガルー島、マウントアイザ、アイアンレンジは国内屈指の
    全文を見る»»

    読んだもの 21年2月

    2021年02月08日
    読んだ本のメモを久々に。今回はたまたま日本語シリーズになったがオーストラリアの片田舎で日本語の本が手に入るわけはなく、主に頂いた本達。私は日本語に特別な感情は持っておらず、特に生物関連のものなら英語の本で一向に構わない。 旅をした人―星野道夫の生と死 Switch Publishing 池澤 夏樹 ナイル川を下ってみないか mont・bell BOOKS 野田 知佑 混戦 ディッ
    全文を見る»»

    再びTwitterがバズる

    2021年02月06日
    1ヶ月前にもなんてことのない内容を投稿したTwitterに約1200件のいいね!がついたことがあった。 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/なんてことないtwitterへの投稿が大きな注目を浴びる/ あれからちょうど1ヶ月後の投稿が再びツイッターで点火し、現在900件に迫るいいね!がついている。 私はTwitter以外にメールマガジンもYouTubeも
    全文を見る»»

    家庭菜園のアボカド初収穫

    2021年01月28日
    「種から育てれば7年、接木からでも3年」とオーストラリアでは言われているアボカド。自宅ジョンストンベンドで育てた結果、言われた通りに3年目の夏に初めて花が咲き、数個実をつけたが次第に落下しまともなサイズにまで残ったのは1つだけだった。でも初年度としては十分ハッピーです。 同世代のアボカドの木が2本、一年遅れのものが6本控えているので2−3年後にはうまくいけばアボカドが自給できるかも? ジョンス
    全文を見る»»

    マグネット脱着式のバナーをランクルに装着

    2021年01月26日
    バードウォッチングツアーのメイン車両になるランクルは一見商用車の外見をしていないので、ホテルや空港に初めて会う人をお迎えに行った際にあれがツアーの車だと認識してもらいにくい。 5スターホテルなどでは車寄せにつけると宿泊客と勘違いしたドアマンが出てきてしまう。そんな紛らわしさを解消するためにマグネット脱着式のバナーをランクルに装着してみた。若干ながら広告効果もあるかもしれない。どうせ製作費は全て税
    全文を見る»»

    3サイズのフクロウ巣箱設置が稼働開始

    2021年01月15日
    地上5mにかけられたゴミ箱、じゃなくって自作の大型巣箱。(詳しくは過去記事『AAK式 大型フクロウ用巣箱の紹介』参照) しばらく中断していたりもしたけど、ようやく大中小3種類のフクロウ向け巣箱を自宅ジョンストンベンドに設置できた。この大型サイズはアカチャアオバズクかメンフクロウに入ってもらえたらなと思っている。実はアカチャアオバズクはジョンストンベンドでは定期的に記録されており、むしろメンフ
    全文を見る»»