サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    家庭菜園のアボカド初収穫

    2021年01月28日
    「種から育てれば7年、接木からでも3年」とオーストラリアでは言われているアボカド。自宅ジョンストンベンドで育てた結果、言われた通りに3年目の夏に初めて花が咲き、数個実をつけたが次第に落下しまともなサイズにまで残ったのは1つだけだった。でも初年度としては十分ハッピーです。 同世代のアボカドの木が2本、一年遅れのものが6本控えているので2−3年後にはうまくいけばアボカドが自給できるかも? ジョンス
    全文を見る»»

    マグネット脱着式のバナーをランクルに装着

    2021年01月26日
    バードウォッチングツアーのメイン車両になるランクルは一見商用車の外見をしていないので、ホテルや空港に初めて会う人をお迎えに行った際にあれがツアーの車だと認識してもらいにくい。 5スターホテルなどでは車寄せにつけると宿泊客と勘違いしたドアマンが出てきてしまう。そんな紛らわしさを解消するためにマグネット脱着式のバナーをランクルに装着してみた。若干ながら広告効果もあるかもしれない。どうせ製作費は全て税
    全文を見る»»

    3サイズのフクロウ巣箱設置が稼働開始

    2021年01月15日
    地上5mにかけられたゴミ箱、じゃなくって自作の大型巣箱。(詳しくは過去記事『AAK式 大型フクロウ用巣箱の紹介』参照) しばらく中断していたりもしたけど、ようやく大中小3種類のフクロウ向け巣箱を自宅ジョンストンベンドに設置できた。この大型サイズはアカチャアオバズクかメンフクロウに入ってもらえたらなと思っている。実はアカチャアオバズクはジョンストンベンドでは定期的に記録されており、むしろメンフ
    全文を見る»»

    Tarzali村に出現した正体不明のカフェのような無人店舗!

    2021年01月13日
    Tarzali村にはかつてパブがあったが火災で消失し、長い間そこはコンクリート床の更地となっていた。そこに写真のような半ばヤケクソな建物群が出現したのはおよそ半年前。『コーヒー』と書いてあるので正体はカフェらしい。 私も隣町に住んでいるので、この店舗の前を通り過ぎること10回以上。1回だけ満員の賑わいだったことがある。 『今度行ってみよう♪』と思ったのに、それ以降は何ヶ月も徹底して無人状態が続
    全文を見る»»

    キャノンEF100-400mmのレンズフットをKirkに交換

    2021年01月11日
    これまでのニコンに加えてキャノンも使うようになって、そちらのカスタムも続いている。まずは気になっていた純正レンズフット(短すぎる)をKirk(カーク)に交換。倍の長さになり持ちやすくなるだけでなく、側面に溝が切ってあってアルカスイス型の雲台にプレートを追加することなくそのまま取り付けられるので一挙両得。 ちなみにニコン機材に対しても同様の改良はしていて、その時は全てRRSだったが今回は同じUSA
    全文を見る»»

    113日ぶりの市中感染者が確認されたブリスベン周辺はその日の夕方から都市封鎖

    2021年01月09日
    オーストラリアの1日あたりのコロナ新規感染者数は連日10−20人あたりをうろついていて、欧米や最近の日本の数字からすれば夢のような所。「人口密度が低いだけだ」という意地悪なツッコミを以前もらったことがあるけど、オーストラリアは砂漠とかの人間がいないところには徹底して人間がいないだけでそれ以外の部分の人口密度は欧米や日本と特に変わらない。いや、ほとんどの日本の都市より都会だと言える。ツートップ都
    全文を見る»»

    なんてことないTwitterへの投稿が大きな注目を浴びる

    2021年01月05日
    年末にTwitterに投稿した平凡なスクリーンショットがたった約24時間で340回もリツイートされ1004件いいね!を受けるような大きな注目を浴びた。 (まだの人はTwitterのフォローをお願いします。このブログとは全く異なる内容を更新していますよ) 以前から書いていることだけど【希少種の写真=高い価値の投稿】とは限りらない。むしろ誰でも知っているような普通種の意外な話題の方が世間的
    全文を見る»»

    アサートン高原一般住宅のクリスマスライトアップ✨

    2020年12月30日
    https://youtu.be/uSLHf_0UtA8 オーストラリアの田舎アサートン高原にて一般住宅のクリスマスイルミネーションを撮影したもの。一般家庭の財布でやっているそれは、規模は小さくとも心がこもっていて税金でやっている飾りつけよりもずっと伝わってくるものがあります。費やした時間や情熱を思えば心を打たれます。田舎ならではの周囲の人通りのなさ、真っ暗闇にも注目。どの家庭も留守っぽかった。
    全文を見る»»

    マランダ謹製 自立式スプリンクラーが凄い

    2020年12月26日
    かつてマランダは年間雨量が2400mmもあり、雨季になればもう狂ったように降った。私もその時代に毎日催行の観光系動物観察ツアーをマランダでやっていたけど行きの車内で全員にゴム長靴に履き替えさせるような、それはもうヤケクソのように雨が降る土地だった。そのマランダのイメージはいまだにケアンズの人は持ち続けているようだけど、実際のところマランダは近年ケアンズより遥かに雨の少ない土地に変わった。 201
    全文を見る»»

    法の隙間?をついて屋根を補助金でリノベする

    2020年12月24日
    建築基準の緩い頃の古い住宅がサイクロンの時にぶっ壊れてその辺に飛び散って周囲や他人に被害を与えないように、州政府がリノベーションに補助金を出していたのはあまり知られていなかったようだ。うちは屋根の張り替え+補強の26670ドルのうち11250ドルを州政府が払ってくれた。 まず背景として、ケアンズはサイクロンの被害がよく出るため住宅保険がとても高額な地域で、昔の同僚は毎年掛け捨てで1万ドルもの住宅
    全文を見る»»