ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘日記’

電話やインターネット、携帯がダウンしています

2019年02月01日
降り続いている大雨の影響か、当地ではこの三日あまり固定電話、インターネット、携帯電話いずれも機能していませんし、復旧のめども立っていません。郵便以外の連絡が一切取れていませんのでお知らせしておきます。
全文を見る»»

【速報】15万羽の野生セキセイインコ

2019年01月25日
25日朝の時点でその数は推定15万羽に達しています。言葉が出てこない、とはこの事でこの光景を目撃できたラッキーなメンバーは「もう死んでもいいかな」と言っています。2−3人集まれば29日か30日ケアンズ発の二泊三日にて3度目の催行を計画中です(もちろんその時までこの群れがいる保証はありませんが)のでご連絡下さい。
全文を見る»»

自給率上昇中

2018年12月13日
パッションフルーツはそこかしこに自宅敷地に生えていたのだけど「マランダでは標高が高すぎで(約750m)実らない」のアドバイス通りどれだけ大きく成長してもこれまで花さえも見かけなかった。まあポッサムやアカアシヤブワラビーが葉っぱを好んで食べているようなのでまあそれでいいさと思っていたが、一つの株だけ初めて実を付けているのを発見! 昨年友人達に配って好評だったのがドラゴンフルーツ。今年も無事に花
全文を見る»»

しばらくタスマニアにいます

2018年12月01日
暑すぎるケアンズ(2日連続43.6度を記録)から逃走ししばらくタスマニアにおり、1週間ほどホームページの更新をお休みします。個人のFacebookの方は更新するかもしれません。
全文を見る»»

雨水タンクの増設

2018年11月28日
マランダの自宅は上水道も下水道も達していないところにあるので、すべて敷地内にて自前でまかなうことになる。標高750mの山間部、雲霧林マランダの雨水といえば原理的には極めてピュアな水であり、念の為キッチンの蛇口からの水はさらにろ過しているが洗濯機やトイレシャワーなどは雨水がほぼそのまま使われている。越してきた時からあったコンクリート製の二つの雨水タンクを合計すると推定で二万数千リットルになり、定期的
全文を見る»»

スワロフスキー双眼鏡酷使の10年

2018年11月24日
2008年に購入したスワロフスキー双眼鏡EL8.5X42。90年代後半から2000年代前半にかけて一世風靡したモデルだ。当時オーストラリアで販売されていたスワロフスキー双眼鏡には30年保証がついており(現在は10年に短縮)、これで故障から復活するのは10年半で3度目になる。 そう書くとまるで耐久性が低いかのようだけど、野鳥ガイドが双眼鏡を使っている時間の長さは一般人の比では無い。野鳥ガイドの10
全文を見る»»

皆既月食(2018年7月末)

2018年09月20日
あまり天文には関心がないのだけど、朝5時頃から皆既月食が起きると仲間から聞いて玄関の外からちょっと撮影。私が住んでいるところは山の上であり光害は全くない。 月の移動は早く、目をそらしているうちに簡単にファインダーから出て行ってしまうので寝ぼけた頭でアタフタする。 良い環境に住んでいるにもかかわらず天文に関心が深まらないのは、野生動物と違って見ようと思えば誰でも予報通りに見られるもの
全文を見る»»

クックタウン旅行 後編

2018年09月16日
クックタウンの湿地でハイガシラヒメカッコウ。 キミドリコウライウグイス。旅行記を書いてて思うけど、私の場合は毎日の仕事と個人的なホリデーの内容がほとんど同じである。「仕事が好き」という人は少なくないが、仕事もホリデーもほぼ同じ事をしている、つまり一年中生涯同じ事をしているという人は稀だと思う。 これは希少種のハグロカササギヒタキの古巣。アイアンレンジで以前撮影したが、クックタウンエ
全文を見る»»

クックタウン旅行前編

2018年09月14日
7月の終わり頃、セスジムシクイ調査仲間でありオーストラリア野鳥の会支部長でもある友人の家に遊びにクックタウンへ3泊4日の小旅行に行ってきた。クックタウンは今ではケアンズから全舗装されており、ノンストップなら4時間余りでたどり着けるし、毎日運行のバスで日帰りで往復することもできる。私がワーキングホリデーで来た2000年頃はこのルートはまだ未舗装であり、バスで7時間近くを要した。とんでもない秘境に来た
全文を見る»»

ワイルド・ラズベリーとの死闘

2018年09月01日
ワイルドラズベリー(Rubus alceifolius)はアジア原産の外来種で、AAK Nature Watchの土地ジョンストンベンドにおいても既に松林エリアの地面に繁茂していた。2-3mの高さに加えて全身の頑丈な棘のため全く通行ができないほどの生い茂りにより後回しにして来たのだけど、この冬ついにワイルドラズベリーの撤去に挑んだ。 それはこれまでのどんな田舎暮らしにおける困難をも上回っており、
全文を見る»»