サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在737種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    ケアンズへの成田・関空からの直行便の再開日について

    2022年05月05日
    5月5日時点の情報です。 Jetstar航空 成田⇄ケアンズ便 復活 7月20日(水)から Jetstar航空 関空⇄ケアンズ便 復活 7月26日(火)から 毎日ではないようですが週4−5便づつあります。ギリギリ夏休みに間に合わせてきましたね。
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査2022年に向けて準備中

    2022年04月29日
    『1-2週間、誰にも会わず1台の車も見かけないかもしれない』 というような超絶僻地の道のない山野で毎年行われるセスジムシクイ調査では、登山やツーリングなどの人力移動とはまた異なるジャンルのアウトドア経験が必要になる。まず2週間無補給で水さえ入手できないので、ペアなら150リットル以上の水や全食料と調査用具、2本のスペアタイヤを携行しなければならない上に、積載量が大きなハイエースなどのバンやトレー
    全文を見る»»

    ケアンズ水族館の展示にめちゃくちゃな内容を発見する

    2022年04月04日
    数年前にオープンしたケアンズ水族館に初めて行ってみた。海水魚の展示は世界的にどこでみても同じなので、淡水魚や地元の自然をいかに紹介するかが腕の見せ所だと思う。その点では頑張っている印象だったのだけど…展示パネルにめちゃくちゃな内容を発見する。 ←『ムナジロセスジムシクイはカササギガンのように渡りの水鳥で、沿岸の干潟や塩田に暮らしている』 過去およそ10年にわたって毎年平均3週間を費やしてセスジ
    全文を見る»»

    自宅でバナナも安定して収穫できるようになる

    2022年03月24日
    およそ1ヶ月前に「自宅兼民宿ジョンストンベンドでバナナの実がなった」という記事をアップしたのだけど、それは順調に成長中。 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/自宅でバナナが採れる/ さらに左後方にはバナナその2が控えているのが見える。バナナその3あたりが出てくればバナナの量産化に成功したといえるかもしれない。 時代は変わった。伝染病が流行して外出できな
    全文を見る»»

    自宅でアボカドも安定して採れるようになった

    2022年03月22日
    四年前に植えたアボカドの幼木が昨年初めて収穫できた(一個だけだが)ことは以前書いたけど、 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/家庭菜園のアボカド初収穫/ 1年経って一気に収穫量が上がった。こんな感じでゴロゴロ採れる。ケアンズでは家庭菜園はポピュラーなものだけど、さすがにアボカドのような【樹木】を要求するものになると滅多に育てている人はいない。 自宅ジョ
    全文を見る»»

    iPhone13 Proの再生ボリュームは大きくスピーカー要らず

    2022年03月17日
    スマホと無線で接続して使うブルートゥーススピーカーは便利であり、ここに写っていないものを含めかなりの台数を持っている。音楽を再生するのもあるし、野鳥の生息調査を行う立場として必要な時には状況を見て野鳥の声を再生することもあるのでとりあえずカバンには入ってる。 ところが先日買い替えたiPhone13 Proはスピーカーを接続しないスマホ単独の状態での再生音量が非常に大きい。これまで使っていたiPh
    全文を見る»»

    iPhone13 ProのWiFi感度が凄まじいんですが

    2022年03月09日
    2月初め、長年仕方なく使ってきたiPhone8を予備にリタイヤさせてiPhone13 Proを購入したことを書いた。その時は「ブルーティック認証である8から13に変えたので電波が悪くなることは仕方ない」という論調だった。 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/iphone13-proを入手/ しかし意外なことにことにWiFi受信力に関しては13proが
    全文を見る»»

    ケアンズ付近の熱帯雨林の多くは「世界最古の森」では無い可能性

    2022年03月06日
    Tim Lowの著作、where song beganを読んでいる。この本の中でケアンズ付近の熱帯雨林、特にディンツリーなどの標高の低いエリアは「現存する世界最古の森」であることに対しての否定がなされている。一般的にケアンズ周辺の熱帯雨林は「世界遺産 クィーンズランドの湿潤熱帯林」として世界最古として旅行業界に宣伝されることが多いけど、確かに世界最古を主張する森林は他の国々にも存在している。w
    全文を見る»»

    ジョンストンベンドキャビンの改装

    2022年03月04日
    最近ジョンストンベンドキャビンは入り口付近のリノベを終え、雨でも晴れでも使えるちょっとした専用パティオを持つようになった。これによりスペースが広がったことはもとより、隣接している母家とも分離感が高まり良くなったと思う。このパティオにいながら住み着いているキノボリカンガルーや160種を超える野鳥、そして最近2度の調査の結果、敷地内に軽く50種類以上はいるとみられる豊富なチョウを眺めながらリラックスす
    全文を見る»»

    『かかっているのはたかだか国家の存亡だ』

    2022年02月25日
    とは昔のアニメの名セリフです。私のような国家や集団への所属意識をもっていない個人主義の山奥人間にとって、国や面子のために指示されされて恨みもない相手と殺し合わさせられるなんて狂っているとしか言いようがありません。かかっているのはたかだか国家の存亡です。命をかける必要は全くありません。 テーマ外の投稿失礼しました。
    全文を見る»»