サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    カテゴリー‘ケアンズ動物’

    エレガントワラビーに日帰りでも会える

    2020年10月08日
    エレガントワラビーとは、アサートン高原で時折見かける丘陵性のワラビーの名前だ。これまでもこのブログには何度も出ているけど、いずれもケアンズからギリギリ日帰り圏外での撮影だったのだが こんな住宅地で昼間っからゴロゴロしていたとは…まだまだ学ぶことは多いな。 過去のエレガントワラビーに関する記事、動画 エレガントワラビー特集 さらにエレガントワラビー(2018年9月)
    全文を見る»»

    メガネトリバネアゲハ全部込み

    2020年08月26日
    メガネトリバネアゲハのオスとメスだけじゃなくて、サナギまでそばに映り込んでいるという全部込みのショット。 これってもしかして、どちらかがサナギから羽化して羽を乾かしてたら相手が飛んできて、そこで交尾してるってことはない?
    全文を見る»»

    スキンクを手懐ける

    2020年08月20日
    自宅オフィスには一時期3匹のスキンクが室内で生活していた(ヤモリではなくてスキンクだぞ)。理由は私が何十個もの鉢植えを床に置いていたためであり(外に出すと幼木は一晩のうちにヤブワラビーなどに食べられてしまうので)、それら鉢植えの隙間や土の上を拠点にしつつ建物内を自由に徘徊していた。時には人の足を伝って肩に乗ってくるだの、ジョウロで鉢植えに水を注いでいると駆け寄ってきてその水を横から飲んだりだの、ス
    全文を見る»»

    トリバネアゲハ第二ラウンド!

    2020年08月11日
    五日間もカメラを回し続けたのに、幼虫がサナギになることなくそのまま死んでしまうという劇的な結末に終わった前回。トリバネアゲハ自体は自宅ジョンストンベンドではなんら珍しい生き物ではないのですぐ代わりを見つけ、第二ラウンド開始です。これはもうサナギになっているのでそこから羽化してくれるはずという目算。また数日がかりでカメラをセットしてみよう。 手前の黒い物体がカメラ。しかし嫌な予感もする。。。。
    全文を見る»»

    五日間もタイムラプスしたのに悲劇的な結果に終わる

    2020年08月10日
    オーストラリア最大の蝶であるトリバネアゲハの幼虫がサナギになろうとしていたので、タイムラプスで撮影すること五日間!ところが寒波に見舞われ想定しない結末に…
    全文を見る»»

    地面を走っていくカオグロキノボリカンガルー

    2020年06月01日
    自宅敷地のこの一角は以前からキノボリカンガルーが地上を走っていくのが目撃されているところで、同時に隣家の馬鹿犬がフェンスを飛び越えて侵入してくる場所でもある。キノボリカンガルーが安全になり暮らしやすくするために3月下旬、友人4人のヘルプを得て約50本のネイティブの樹木をこのエリアに植えた。スマホ動画中でピンクのリボンがたくさん写っているのがそれらの幼木だ。今日もまさにその真中をまたキノボリカンガル
    全文を見る»»

    大発生トリバネアゲハの移送作戦

    2020年05月17日
    およそ1ヶ月ほど前に「自宅ジョンストンベンドでミドリトリバネアゲハの繁殖」という記事をアップした。トリバネアゲハがようやくウチのウマノスズクサを認識し産卵するようになって嬉しい、という内容だったけど、「こんなに沢山生まれてきて食草が持つかな?」という懸念は当時から述べていた。1ヶ月の間にさらに次々トリバネアゲハが産卵していきウマノスズクサの葉は全て食べ尽くされ、食べ物を失った幼虫たちはツルそのもの
    全文を見る»»

    自宅でノーザンリーフテイルドゲッコー

    2020年04月30日
    オーストラリアでは特にゴミ収集の集積場は戸建て住宅にはなく、建物の前に指定のゴミ箱を出しておけば毎週中身を夜中のうちに回収してくれる。 ある晩、そんなゴミ箱を引いてヘッドランプをつけて家屋から道路までの数十メートルを歩いているときに、ここにはいないだろうと思っていたノーザンリーフテイルドゲッコーを見つけて大喜び!彼らは住宅地には存在せず、自宅ジョンストンベンドを本格的熱帯雨林として認識してくれて
    全文を見る»»

    自宅でミドリメガネトリバネアゲハの繁殖

    2020年04月25日
    ケアンズ周辺における蝶の2大美麗種といえばユリシスことオオルリアゲハと、もう一つはミドリメガネトリバネアゲハとなる。ユリシスを自宅ジョンストンベンドに誘致して繁殖させるのは思ったよりも容易だったが、食草の関係ではずっと敷居が低いと思われたミドリメガネトリバネアゲハを繁殖させるのに苦労し2年半もかかった。 食草は数十メートル離して2株を大きく育てたので、この先は安心だと思う。種もどんどんできるので
    全文を見る»»

    自宅ジョンストンベンドの昆虫 その2

    2020年04月23日
    最近常駐しているナナフシのメスが、雄らしきものをここ何日か背負っている。 毛足の長い芋虫はオーストラリアでは通称Hairy Mary。 これはメスアカモンキアゲハのサナギ。うちではレモンの木やメリコープ(旧ユォディア)エラリアーナを食草としているが、近所の人の庭ではグレープフルーツに来てるという。 背中だにトゲがあって、しかもそこだけ緑色というナナフシは初めて見る。地面にもともといたわけでは
    全文を見る»»