サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘コンサベーション’

    セスジムシクイ調査2021 その5(完)

    2021年07月07日
    ルートのない山野を歩く上で生命線になり、科学的な野鳥調査データの元となるGPSの使用方法を指導する私。今年のB班は戦力にならなかった2名がいたもののセスジムシクイ調査の経験者が1人おり、彼と組ませた若手も優秀だったのでなんとか課せられた地区の調査を終えられた。 昔からセスジムシクイ調査にあるジレンマで、仕事を休んで2週間もボランティアに来れてかつ大型4WDや冷蔵庫などの装備を持っている若手などほ
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査2021 その4

    2021年07月04日
    ケイパーホワイト。蝶の写真をしゃがんで撮っていた際にバックパック上部の持ち手に取り付けていた無線機を落とした。なおここでいう無線機とは日本で使われている出力0.1Wの特定省電力トランシーバーではなく、その50倍、5Wのパワーがある本当の携帯無線機の話。なんでそんなところにつけているかと言えば、少しでも高い位置にあったほうが感度が良くなるため。落とせば後ろを歩いている人が気が付くことが多いような気が
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査2021 その3

    2021年07月02日
    野生のセキセイインコは普通は砂漠性の平原の野鳥であって、こうした森林内にその姿を見るのは新鮮な印象。 セスジムシクイ調査キャンプは原野を毎日移動しながら「午前中は調査」「午後は移動及び自由時間」というスケジュールで行われる。過去には「午前中は調査で午後も調査」というがんじがらめの時代もあり、大半のボランティアは「最強ムナジロセスジムシクイを一目見る」という生涯目標を達すれば翌年以降もう戻ってくる
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査2021 その2

    2021年06月30日
    その1から時間が空いてしまったけど、セスジムシクイ調査2021の続き。水も電気もない僻地でセスジムシクイ調査B班を率いつつも、時折パソコンを持って岩山に登っては携帯の電波をキャッチし、そこからマランダに残してある自分バス事業も運営するという重労働を続けた。身体への負担もあるけど頭への負担は寝ても消えない。 https://aaknaturewatch.com/blog/birdwaching/セ
    全文を見る»»

    久々にTREAT植林に参加する

    2021年04月04日
    マランダにある有力植林団体TREATは雨季の間は毎週土曜日の朝に各地で植林活動をしている。何度も書いているけど人口2-3000人足らずの町に本拠地があるTREATのボランティア動員力は世界的なもので、毎週数十人が集まるし、それを研修しにアメリカからも何十人も若い学生が参加している。コロナ時代の仕事の都合で土曜日はなかなか参加できなくなったが、なんとか先日参加することができた。会場は標高が1100m
    全文を見る»»

    ワトソンビルで生物調査キャンプ二泊三日【前編】

    2021年03月29日
    会員になっている「北クィーンズランド自然史クラブ」の催しで、アサートンの西に位置するワトソンビルの私有地で3泊4日生き物総合調査キャンプをするというので鳥班として途中から参加してきた。仕事の都合で1日以上遅れての合流。深夜11時とかに土地勘のないブッシュに車で入っていくのは嫌だな…と思っていたら入り口付近に笑える即席看板。 これはジョークなんだけどわかる?クラブ名のNatural History
    全文を見る»»

    敷地に植えた木々、その数1200本!!

    2021年03月25日
    自宅兼民宿ジョンストンベンドを2017年の8月頃に購入して以来、コツコツ植え続けてきた木々の本数が節目の1000本を超え、一気に1200本まで伸びた。アサートン高原の一角で、世界は少しだけよくなったわけです。 先週末に若干の友人達の支援のもと植えた約220本の苗木達。植林団体から寄贈されたものも入ってるし、自分で種から育てているものも合流している。穴を掘るのは強力なオーガー。スコップで硬い地面に
    全文を見る»»

    二泊三日で野鳥調査に参加してます

    2021年03月06日
    二泊三日のキャンプを張りながら野鳥をはじめとする野生動物調査に参加中。電源もなさそうだし電波も入らないと思うので一回更新をスキップします。 普通キャンプというと、キャンプという行為そのものを楽しむのが第一だけど、野生動物関係者は「いかに簡単に設営撤収食事ができ、その分の時間を周囲の捜索に充てられるか」を鍛錬している。私の場合だと到着から寝る体制の完成までに所用1分程度。撤収する朝は3分程度。自宅
    全文を見る»»

    【速報】セスジムシクイ調査2021のお知らせ

    2021年02月28日
    毎年5月ごろに長年行われている、オーストラリア野鳥の会北クィーンズランド支部によるセスジムシクイ類調査。今年の日程がほぼ決まったのでお知らせします。5月10日マウントアイザに集合で1日目はトレーニングに費やします。その後いくつかのチームに分かれて各地へ分散。私は7年目の参加で、今年もチームを一つ預かる予定です。 (カルカドンセスジムシクイ)調査は3週間続き、最短1週間から参加できます。1週間
    全文を見る»»

    ツル一斉カウント2020

    2020年09月07日
    オーストラリア野鳥の会クィーンズランド北部支部では長年アサートン高原に冬から春にかけて飛来するツル2種類の動向を調査している。私も調査に通算5度目になる参加をしてきた。 正式な結果はしばらくして発表されると思うけど、別班の仲間から聞いたところでは昨年はほとんど飛来しなかった私の一番のお気に入りの湿地に今年は700羽が飛来したそうで復活が楽しみです。以下の動画は2018年に撮影したもの。
    全文を見る»»