ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘コンサベーション’

セスジムシクイ調査ボランティア2週間 2017年版その3

2018年02月15日
2017年版セスジムシクイ調査隊。 二週目でこのメンバーは三手に別れるので、その前に記念写真。2週目からは更に奥地へ左遷される(?)ハリーに変わってニールとペアに。単独行動が認められないのはオーストラリアの僻地では普通に人が遭難し死ぬからである。私も更に奥地へ行きたかったが、マウントアイザ・ローンヒル周辺に残ることを希望したのはこの二週間のボランティアのあと、離脱して南へ出かけるので事前にそれを
全文を見る»»

セスジムシクイ調査ボランティア2週間 2017年版その2

2018年02月13日
ムナグロオーストラリアムシクイ(Variegated Fairy-wren)のオス。というのは2017年までで、この亜種assimilis2018年にPurple-backed fairywren(公共性のある和名は現時点で存在しない)へと昇格した。調査中はそれはそれはいろんな鳥が出ているが、両手に荷物満載なのであまり撮れる状態ではない。遊びに来てるのじゃないしね。 こんな池のほとりで何
全文を見る»»

セスジムシクイ調査ボランティア2週間 2017年版その1

2018年02月07日
今年もまたセスジムシクイ調査の季節がやってきた。今回は全4週間の日程のうち前半の2週間にボランティアとして参加する。直前まで忙しく、出発の朝になってルーフラックの取り付けをしている(積み込みではなく)ような状態。ケアンズを昼前に出て、数百キロ走った地点で野宿。次の日もひたすら1000km走ってようやくこの集合場所まで辿り着いた。オーストラリアらしい鮮やかな赤土で興奮しますなぁ。 セスジムシク
全文を見る»»

マウントサプライズ鳥類調査と焼け落ちる木

2018年01月30日
毎年20日〜30日を野鳥調査のボランティアに費やしている。ケアンズには野鳥で生計を立てている人間が十数人いるが、こういうのにせめて一週間程度さえ協力しない人はどうかと思うわ。 さて今回は四日間の短期でマウントサプライズ(ジョージタウンの隣村)のアボリジニの土地の調査を地元のNPOと現地のアボリジニ部族とともに行うことになった。道路じゃないところ、轍すらないところを走行するのは当たり前なのでランド
全文を見る»»

ヨーカ保護区続き

2017年06月17日
ここの名物といえばフクロムササビ。他の公共の土地にもいるが、圧倒的に多い。 別の個体。私が彼らを「グレムリン」と呼んでいるのもわかってもらえるかも? そしてこのヒガシアゴヒゲトカゲは私がケアンズからもっとも近くで出会った一匹になる。彼らの自然分布の北限ではないだろうか。 実に美しい。オーストラリアのアゴヒゲトカゲ類はこれまでに三種類を撮影している。 おばちゃん(調査ボラ
全文を見る»»

ヨーカ保護区鳥類調査2016年春

2017年06月15日
ヨーカ保護区でのボランティア鳥類調査キャンプも三回目。 私は年間20−30日をこうしたボランティアに割いているけど、日本人や若者の参加は絶望的と言っていい。 グラスツリーが広がる野山はいつ見ても不思議不思議。 何がどうなって、こういう芯が出てくるわけ? 花も変わってるし。 2009年の洪水時の水位線にベースを置くワタクシ。酷暑なので日陰死守で。 近年は何週間のキャンプで
全文を見る»»

あのセスジムシクイ調査2017度 日程決定

2017年02月01日
過去数回行われているオーストラリア野鳥の会を母体としたセスジムシクイ二種類の大規模調査。2016年は私も二週間の日程でボランティア参加し(行き帰りの日数を含めると3週間)その大半を全22回かけてブログにアップした。過去数回の調査の中で最もセスジムシクイが確認され、「しばらくは調査はない」と言われていたが結局今年もするようで。 その日程とは6月10日頃から7月上旬にかけて。 なぜこんな長期で過酷
全文を見る»»

9月、10月に多少の空きが出ています

2016年08月06日
↑ハジロオーストラリアムシクイ(クィーンズランド州南部) 一旦は全て埋まっていましたが、キャンセルで9月、10月に多少のスケジュールの空きが出ています。タスマニアを除きほぼオーストラリア全土がベストシーズンと言える春にあたり、ご都合が合いそうな方がいらっしゃいましたらお問い合わせください。  ① 9月24日から29日にかけて  ② 10月19日から22日にかけて なお①の方は野鳥写真が
全文を見る»»

5月、AAK Nature Watchはボランティアのため休業しています

2016年05月03日
5月は一週間メルボルンでガイドをし、その後三週間オーストラリア野鳥の会が主催する野鳥調査を支援するため僻地に滞在している予定。何かあれば今すぐお知らせを。出発後はあまり対応できないと思われます。 なぜなら携帯電話やインターネット環境がないといった可愛いレベルではなく、食料20日分(!)、水60L、車の屋根に予備のガソリン30Lと二つ目のスペアタイヤとコンプレッサーを積んでアボリジニ居住区の原野で
全文を見る»»

鳥類調査キャンプのオマケ映像

2016年03月23日
お馴染みの高台からの眺め。4WDでしか来られないし、パンク覚悟が必要。私はフルサイズのスペアタイヤの他にパンク修理セットやエアコンプレッサーまで車に積んでいる。あるアウトバックの鳥類調査では「スペアタイヤ2個と修理セット、エアコンプレッサー、ガーミンGPS、水40L」などが義務装備とされていたが、知人は100L積んでいた。チェーンソーを要求されることもあり、私も一応チェーンソーの講習を受け単位
全文を見る»»