サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

    オーストラリアの野鳥は変わった水浴びをする

    2021年04月08日
    先日のテレビ出演の内容とかぶるけど、オーストラリアの野鳥は日本ではあまりみられないような変わった水浴びを定期的にする。 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/【番組告知】フジテレビ毎週水曜夜7時「世界の何/ それは一部地域を除きオーストラリアは砂漠性の土地であり雨も川も少なく、たまに雨が降った場合にそれを利用して水浴びを済ませたいという意思が働くからだ
    全文を見る»»

    ケアンズに現れたパプアマミムナジロバト Twitch(727種目)

    2021年04月06日
    2週間ほど前、隣国のニューギニアなどに生息するパプアマミムナジロバトがケアンズに現れ騒ぎになった。 ランクルの集団訴訟問題を受け、トヨタが無料でディーゼルフィルターを新型に交換してくれるという用事でちょうどケアンズにいた私はその作業が終わるのをまだかまだかと待っていたが、当初聞いていたよりも4時間も早く完了したのでパプアマミムナジロバトが滞在している個人宅のオーナーに了解を取り現地へ急行した。持
    全文を見る»»

    メリコープにくる野鳥

    2021年03月04日
    植えてから約3年、メリコープ・エラリアーナが敷地内各地で開花してくれた。リビングの窓ごしにこうしてゴシキセイガイインコやクレナイミツスイ、ユリシスなどの綺麗なものが飛び交うのは3年待ったかいがあった。 まあ綺麗じゃない連中も来てもいいぞ(ケープヨークハゲミツスイ)。コゲチャミツスイとか。 メリコープ・エラリアーナはユリシスが卵を産む木でもある。バタフライサンクチュアリを含め激減しているとい
    全文を見る»»

    【速報】セスジムシクイ調査2021のお知らせ

    2021年02月28日
    毎年5月ごろに長年行われている、オーストラリア野鳥の会北クィーンズランド支部によるセスジムシクイ類調査。今年の日程がほぼ決まったのでお知らせします。5月10日マウントアイザに集合で1日目はトレーニングに費やします。その後いくつかのチームに分かれて各地へ分散。私は7年目の参加で、今年もチームを一つ預かる予定です。 (カルカドンセスジムシクイ)調査は3週間続き、最短1週間から参加できます。1週間
    全文を見る»»

    デビュー間近 コウロコフウチョウ亜成鳥

    2021年02月14日
    喉や胸部にほんのわずかだけ幼羽が残るものの、ほぼ成鳥と言って良いコウロコフウチョウの若いオス。いや、このポジションまで辿り着くには最速で7年かかるとも言われているので別に若くはないか。すでにお立ち台も確保?今シーズンは颯爽と求愛ダンスデビューすることでしょう。 バードウォッチングツアーは今年もできそうにないが、まあそれは悪いことばかりではないので仕方ない。ジュラタンの方にある『デービッド・アッテ
    全文を見る»»

    亜種ネッタイアカクサインコとRosella(クサインコ)の語源

    2021年02月10日
    クサインコの中で出会うのが難しい種といえばダーウィンのズグロサメインコが挙げられることが多い。私はカカドゥ南部にポイントを持っているけど、全体的に数が少なくかと思えばダーウィン市内にもいたりするつかみどころのない相手だ。亜種レベルまで入れて考えると、アカクサインコのアサートン高原に分布する亜種、通称ネッタイアカクサインコ(写真)が浮上してくる。この亜種は適当にバードウォッチングしていてもまず出会う
    全文を見る»»

    パッションフルーツに来たキバラタイヨウチョウのオス

    2021年02月02日
    自宅ジョンストンベンドには大量のパッションフルーツが自生していて、実は80%はポッサムに食べられ残りの18%はヤブツカツクリに食べられる。つまり人間の取り分はほぼゼロだ。作物としてはもはや意味を成していないが、パッションフルーツの花はキバラタイヨウチョウの食べ物となるだけまあいいか。
    全文を見る»»

    ケアンズに滞在中の珍鳥カラフトアオアシシギに2度目の訪問

    2021年01月30日
    2021年の元旦に発見された世界的な希少種のカラフトアオアシシギ。カラフトで繁殖し主に海南島やタイで越冬するこの渡り鳥が、タイを大きく飛び越えてさらにオーストラリアの西側ではなく東側に飛来したことは史上初。 https://aaknaturewatch.com/blog/birdwaching/ケアンズに現れたカラフトアオアシシギ/ ケアンズは連日バーダーが張り付いて盛り上がっているようだが、
    全文を見る»»

    人気のない木の実に押し寄せたメガネコウライウグイス

    2021年01月29日
    自宅ジョンストンベンドのリビングの窓の外にコーディラインの木が赤い実を年中つけている。しかしこの実は誰にも人気がなく、まれにキミミミツスイが思い出したように口にするくらいで、その場合でも何十個もなっている中から2−3個を選んで食べただけでどっかへ言ってしまう(マズイってことだね)。リビングの窓のすぐ外という超一等地に生えているので、もっと野鳥が来るような木に差し替えるぞ、とこれまで何度となくリスト
    全文を見る»»

    本来のスタイルではないハイイロモズツグミの巣

    2021年01月24日
    ガレージの屋根の下でハイイロモズツグミが営巣をしていた。聞けば、毎年ここに戻ってきて営巣しているそうで真下にテーブルと椅子があって人間が座っていても気にしていないまるでツバメのようなやつだ。 そもそも、この巣はハイイロモズツグミのものとは知識ある大半の人々が信じないだろう。通常ハイイロモズツグミの巣とは このような形状をしている。巣箱販売会社のHPより。 別の巣箱販売会社でもほぼ同デザイン。
    全文を見る»»