サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在730種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

    ついに、今頃600mm f/4レンズに到達

    2022年05月19日
    近年カメラが高性能になるに従って写真を楽しむ人が激増し、カメラ本体とは違って原理的に劇的には進化しないレンズも昔では考えられないほど多くの人が高価な大型レンズを持っている時代なった。そんな中である程度目立つクオリティの写真を撮り続けるには常に機材を最新最上に更新していかなければならないが、私は数年前その機会があった際はランドクルーザーを新車で買うことを優先し、一年後には郊外に大きな不動産を購入し、
    全文を見る»»

    移住当初を思い出すヒメミツユビカワセミ

    2022年05月11日
    今ではオーストラリアでの探鳥は、車でできるだけポイントの近くに乗りつけては少しだけ歩き、目的を終えたらまた車で移動するというラン&ガンスタイルになり、何時間も歩いて行うことは地元ケアンズにおいてはほとんどなくなった。しかし移住当時は車を持っていなかったり、そもそもピンポイントを持っていなくて広範囲を歩いての探鳥をよくしていた。 先日車を点検修理に丸一日預けるのを利用して、かつてよく歩いていたエリ
    全文を見る»»

    東京・大阪発 9月のケアンズバードウオッチングツアー満席につき追加日程です

    2022年05月03日
    ←まだ4ヶ月以上先ですが、東京・大阪発 9月のケアンズバードウオッチングツアー5日間がもう満席になったため、第2便を設定させて頂きました。日本では「まだ海外旅行はできない」との誤解がある気がするのですが??豪州は既に可能で、到着後の隔離や日本出発前陰性証明も不要です。 2019年初頭までは、こうした団体ツアーの際は提携先バス会社からお古のマイクロバスや荷物トレーラーのリースを受けて運航をしてきま
    全文を見る»»

    5月8日、メルボルン沖海鳥観察船に残席1あります

    2022年05月01日
    5月8日、メルボルン郊外から出港する海鳥観察船に残席1あります。私も参加予定ですが、キャンセルが出たらしく『誰か来られそうな人がいれば連れてきて』と言われています。過去の記事を参照してください。 https://aaknaturewatch.com/blog/travel/冬のビクトリア州海鳥観察%E3%80%80前編/ https://aaknaturewatch.com/blog/trav
    全文を見る»»

    3000羽の野生セキセイインコ 2022年

    2022年04月19日
    辺境でおよそ3000羽の野生セキセイインコの群れが発見されました。3000羽といえば数年に一度クラスのチャンスで、まあまあ迫力が出てくる数です。人生は短く、次の機会を数年待つなんて勿体無いですよ。その頃にはCOVID25が出たり台湾で戦争してるかもしれません。それに数年後に健康である保証も私がまだガイド業をしてる保証もありません。 お早めにご検討ください。今日ちょうどケアンズでの9日間のガイドの
    全文を見る»»

    自宅から15分程度の位置に国立公園が5つという贅沢

    2022年04月18日
    牛乳を買いに出かけた後、まだ1時間くらい時間があったので近所の国立公園を覗いた。自宅兼民宿ジョンストンベンドキャビンは車で15分程度の位置に国立公園がなんと5つもあり、例えばカーテンフィグツリー、クレーターレイクス、ヘイスティーズ湿地など全国レベルの探鳥地に囲まれている贅沢。 ←ここもよくある道端に見えるかもしれないが今日は小鳥が林縁にうじゃうじゃおり、車を降りたまま結局1時間近く全く歩く必要が
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査2022年

    2022年04月08日
    毎年2−3週間を費やして僻地でキャンプしながら行われるセスジムシクイ調査。8年目の参加になるかな?今年もこの時期がやってきた。今年は前半2週間はいつものマウントアイザ周辺で行われ、後半の2週間をローンヒル国立公園(現ブージャムラ国立公園)に転戦し行う。私は後半に参戦予定で個人的には3度目になるヘリコプター利用の調査になる予定。 https://www.youtube.com/watch?v=pQ
    全文を見る»»

    メルボルン発 クビワミフウズラと国内No.1探鳥地の週末 同行者募集

    2022年04月06日
    メルボルン北部の草原地帯にはクビワミフウズラという珍種がひっそりと暮らしています。このウズラとチドリを合体させたような謎の内陸を放浪する夜行性の鳥は一属一種の訳のわからない野鳥として、国内外の上級者がこぞって見たがる奇抜な絶滅危惧種です。クビワミフウズラに会うには専門ガイドが年に数回だけ行う大草原でのナイトツアーに参加するのが現実的です。5月に私も見にいくチャンスがあり、約1ヶ月後に迫っていますが
    全文を見る»»

    アデレード西部 探鳥旅行 同行者募集

    2022年04月02日
    アデレードがある南オーストラリア州は私がこれまで最も利用していない州で、たったの5回しか行ったことがありません。そのためオーストラリア国内で一番未見の野鳥が残っている土地になっていて、8月末から6日間の日程で探鳥に行くことにしました。私1人でももちろん行くのですが、もし一緒に行きたいという人がいれば費用シェアで$600ほどで合流できます。 ターゲットは4種類で Western Grasswre
    全文を見る»»

    メルボルンでの野鳥ガイドに大きな進展!

    2022年03月14日
    オーストラリアのバードウオッチングの中心地といえばケアンズで、それは拠点を置いている野鳥ガイドの人数からも容易に証明できる。その次となるとダーウィン、パース、タスマニアなどと共にやはりメルボルンだと思う。メルボルンのあるビクトリア州には様々な環境と探鳥地があり、実際オーストラリアの他のどの州よりも記録されている野鳥の合計数は多い。探鳥地の中でも絶対に外せない南西部の大湿地帯は実は一般人立ち入り禁止
    全文を見る»»