サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍制作にも関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

オオニワシドリのアズマヤ変遷

2020年05月30日
新しく買ったハイエースを宣伝ペイントしてもらうためと、苗木を途中で買うため久々にマリーバに行った。車体ペイント業者などケアンズに下ればいっぱいいるのだが、アサートン高原組ならわかると思うけど可能な限りアサートン高原のビジネスにお金を落としたいのである。最近よく見る標語「Buy local or bye-bye local(地元で買おう、さもなくば地元民からバイバイ)」を実践している。 その足でオ
全文を見る»»

自宅軟禁下でバードウォッチングを楽しむ 7

2020年05月26日
正確にいうとこの野鳥にはまだ公共性のある和名はない。長らくチャイロモズツグミと呼ばれてきたLittle Shrike-thrushは2018年にRufous Shrike-thrushとArafula Shrike-thrushに分裂し、Little Shrike-thrushという英名は最先端バーダーグループの間では消滅した。じゃあそのRufousとArafulaに分裂後の和名は?いやあまだない
全文を見る»»

自宅軟禁下でバードウォッチングを楽しむ 6

2020年05月24日
ロックダウンからもう2ヶ月経ってしまった。ジョンストンベンドに300本の木々を植える準備をし、植えて、メンテナンスを続け、外壁を塗り替え、雑草を刈り進んで森を通る150mに及ぶ散策路を整備し、収入補助エンジンとなる英語のHPを数個作り、YouTubeアカウントやTwitterアカウントの大規模な手入れを行い、ミニバスを上手く買い、名刺を作り替え、このブログにも結構手を入れた。複数の給付金制度を申請
全文を見る»»

自宅軟禁下でバードウォッチングを楽しむ 5

2020年05月19日
3月から始まった自宅軟禁シリーズもなんと5回目。もう外出規制も解除されたので探鳥に行くのは自由だけど、自宅ジョンストンベンドでも十分探鳥は楽しめてしまう。例えばケアンズ周辺固有種であるコウロコフウチョウの若いオス。ダンスで有名だ。 シロガシラカラスバトはアサートン高原の中でも特にヤンガバラと我がマランダで見られる特別な一種。秋冬はいっぱいいる気がする。 シマコキンは雨季の間はいないが、乾季にな
全文を見る»»

自宅軟禁下でバードウォッチングを楽しむ 4

2020年05月06日
3月から始まった「自宅軟禁下」シリーズも4回目になってしまった。それだけ野鳥がいたということ。オーストラリアは5月2日から外出禁止を一部緩和したので、現在では家から出て鳥を見に行ってもいいし、国立公園なども再開した。 ウチでは砂糖水をベースにしたフィーダーを一つ下げている。このフィーダーの製造元は野鳥用のマルチビタミンも製造していて、それを添加することで周辺の野鳥が自然に健康になるという代物。キ
全文を見る»»

ケアンズでミナミオオフルマカモメ!!

2020年05月02日
ケアンズに関係するインスタの写真を眺めていたら、その中にこの辺りにはいるはずのないミナミオオフルマカモメの若鳥を発見。 撮影者(ダイビングインストラクターと思われる)は"黒いアホウドリ”としていたけど、それがアホウドリの顔ではなくて、ミナミオオフルマカモメの若鳥であることはスマホの小さな画面の小さな写真でも秒速でわかるくらいには私は海鳥の経験を積んでいる。撮影者に連絡を取り、それが2019年7月
全文を見る»»

自宅軟禁下でバードウォッチングを楽しむ 3

2020年04月21日
いくつかの例外を除いて外出禁止(自粛ではない)となってもう1ヶ月近くが経とうとしている。不要な外出は約10万円の罰金となって跳ね返ってくるオーストラリアでは国民は自宅に引きこもって大人しくリノベーションやガーデニングをしていると思う。ケアンズや、さらなる都市部は全然知らないがマランダの辺りは少なくともそうだ。車もごくわずかしか走っていない。 東側のお隣さんは小型のブルドーザーで何やら整地を始めて
全文を見る»»

キバラモズヒタキの若

2020年04月13日
キバラモズヒタキの若鳥は、成鳥オスとはかけ離れた外見をしている。クチバシからヒゲが出てる?と思いきや なんか足の多い虫、クモか何かを咥えていたのか。 相変わらず自宅・山林ジョンストンベンドに立て籠もっている。運動のための外出は許されてきたがイースター連休に合わせて解釈が変わったようで、運動は自宅から徒歩圏内の運動の話であって、車で海岸まで行ってそこを歩く、車で湖まで行ってそこで泳ぐとかも禁止に
全文を見る»»

ヨコジマカッコウサンショウクイの子育て

2020年04月10日
自宅ジョンストンベンドにサンショウクイ系の幼鳥がうろうろしていた。誰の子だろう?と思ったらヨコジマカッコウサンショウクイだった。 親鳥は巨大な青虫をとらえた。 横からなんかきた! 給餌の瞬間は一瞬で撮れず。あんなでっかい青虫をよくもまあ一瞬で飲み込んだな…
全文を見る»»

自宅軟禁下でバードウォッチングを楽しむ 2

2020年04月08日
オナガバトが必死で食べているのは外来種のCorky passionflower (Passiflora suberosa)だと思う。このハトは同じく外来種のワルナスビの主要な種子分散者であり、Chinese privet (Ligustrum sinense)もそうだしロクでもないものばっかりをあっちこっちに散布するよなぁ。 キバラモズヒタキの若鳥が延々とチェイスをし合っていた。 私が比較
全文を見る»»