AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在739種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)


    メールアドレス (必須)


    題名


    メッセージ本文




    ご返信には平常時で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。また例年5月から12月にかけては繁忙期となり、この期間にいただくお急ぎでない内容のお問い合わせにはご対応まで2−3週間を要することが多くなっています。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    自宅兼民宿ジョンストンベンドとは?

    ジョンストンベンドキャビン

    カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

    野鳥242種類、哺乳類27種を観察(新記録)

    2023年11月06日
    ほぼ1000種もの哺乳類リストを持つイギリス人グループの案内が無事終了。ジョージタウンに行かず、ミコマスケイもグリーン島さえも行かずに野鳥242種類、哺乳類27種を積み上げおそらくどちらも新記録更新だと思います。よく言っていることですが、日中でも哺乳類がバンバン活動しているアフリカなどの国とは違いオーストラリアの哺乳類は一様に小さく夜行性のため、日が沈んでからしか探せません。その一方でケアンズは熱
    全文を見る»»

    動画編 ケアンズ野鳥200種類、哺乳類20種類ツアー・ハネムーンバージョン

    2023年10月20日
    https://youtu.be/LMwe-9dx4O4
    全文を見る»»

    ケアンズ野鳥200種類、哺乳類20種類ツアー ハネムーンバージョン

    2023年10月18日
    最近ご予約が集中しているケアンズで野鳥200種類と哺乳類20種類ツアーを六日あまりで観察するツアー。それに更に水族館訪問やキュランダ鉄道スカイレール、グレートバリアリーフなどを追加して10日間ほどにパワーアップしたハネムーンバージョンを先日行った。 結果から言うと、写真が撮れている種類だけで209種類あるとかなんとかだったので記録自体は230-240種あたりあったのでは。ジョージタウンに行か
    全文を見る»»

    セアカオーストラリアムシクイのオス

    2023年09月22日
    遠くからでもセアカオーストラリアムシクイのオスはすごい存在感。オーストラリアの中南部のオーストラリアムシクイ類が冬場には冬羽に変わるのに対し、熱帯にいるこのセアカオーストラリアムシクイとケープヨークオーストラリアムシクイのオスは年間を通じて繁殖羽を維持する奴が多い。 割合近かったんだけど、一眼レフのシャッター音に興奮するこの子。たまにあるよね、シャッター音で振り返ったり首を伸ばしたりしてくれる鳥
    全文を見る»»

    ケアンズツアー(200種+20種) 6日半

    2023年09月18日
    せっかくオーストラリアまで行くのなら野鳥だけではなくてその有名な動物達も見たいという声が以前から一定数あり、長年オーダーメイドツアーとして行ってきたものを一定の形にしたのが通称200+20ツアーです。 野鳥約200種類に加えて哺乳類も約20種類を観察を目指すというAAK Nature Watchのフラッグシップツアーです。太田は元哺乳類観察ツアーガイドであり、ケアンズ市内在住ではなく自然観察の中
    全文を見る»»

    新コース:クィーンズランド州北西部・サバンナウェイ7日間

    2023年09月12日
    欧米のツアー会社の仕事を引き受けだしてから、ケアンズ周辺の繁忙期の7月から10月にかけてが1−2年前から抑えられてしまう状況が続いており「申し込めるツアーがない」という状態が続いています。そのため3月や10月のブリスベン、11月のパース、12月1月のタスマニアをお勧めしていますがそれに加えて5−6月がシーズンとなる新コースをまもなくアップロードします。北西部クィーンズランド7日間です。 この
    全文を見る»»

    20〜22回目のヨーク半島アイアンレンジ 動画編

    2023年09月07日
    https://youtu.be/nnF3ukzuoOw 求愛するヤシオウムのオス。ヤシオウムはオーストラリア北部ヨーク半島の一部に分布する希少な大型クロオウムで、オスが自作のスティックで枯れ木を叩いてメスに求愛するなど、高い知能と複雑な求愛、長い寿命で知られています。 https://youtu.be/KZufnzCaN9o こちらはアイアンレンジ全般の動画です。外部マイクを更新し
    全文を見る»»

    20〜22回目のヨーク半島アイアンレンジ 後編

    2023年09月05日
    人気のキバシショウビンは森の中層から樹幹にかけてを活動域とするあまり動かない鳥であって、アイアンレンジのようなジャングルではほとんどのケースでは視界が遮られて見つけるのが難しい。経験上一般の人にはほとんど発見不可能な野鳥であり、二十数回も来てるようなガイドに任せるといい。そもそも4WDのレンタル代とガソリンだけで1日$450-500くらいする世の中で、あと$150くらい負担すればツアーに参加できる
    全文を見る»»

    もう一度:もっと早くご計画を

    2023年08月30日
    コロナ禍でやむをえず欧米の人たちのガイドを引き受け始め、言語の枠を開放してから英語圏市場の圧倒的な大きさと手配の速さに驚いています。2023年内は新たにお受けできるツアーはもうないことは繰り返しご案内していますが、来年も6月最終週から10月中旬までいっぱいになってきています。 https://aaknaturewatch.com/blog/diary/もっと早くご計画を/ 日本の方
    全文を見る»»

    28日間ノンストップ英語野鳥ツアー ダイジェスト3

    2023年08月24日
    ディンゴは素足でスピニフェックスの中を歩き回ってなぜ血だらけにならないのだろう。 あなたもね。(ショウキバト) オグロキノボリはセスジムシクイを探していると自然に見つかる。 ムナジロセスジムシクイもカルカドンセスジムシクイも複数見つけたが、ガイド中の制限もあり写真を撮ってる暇がなかったので今年上旬に撮った写真をせっかくだからまた貼っておく。 T字路を曲がってきた対向車の
    全文を見る»»