サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍制作にも関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

全日空直行便が就航したパースへのツアー6(完)

2020年03月14日
ワカナインコを久しぶりにみた。景色の良いところでは野鳥が多少離れていても満足感を得られる。 サンショクヒタキも連日たくさんいるのであまり反応してもらえなくなってきたが、オスが2羽いるとちょっと印象が違う。 キョウジョスズメも。3日連続?ちょっと出過ぎじゃない?それになんか生息環境間違ってるようなところにいるし。 かなり離れたところにエミューが何羽かいた。そこで、手と杭を使って「とある音」をし
全文を見る»»

全日空直行便が就航したパースへのツアー5

2020年03月12日
パースのツアー報告の途中だけど、ちょっと一息ということでスマホで撮った風景などを紹介。これは徹夜明け?のパースの朝焼け。オーストラリアでよくみられるピンク系の空です。 私はレンタカーのヘビーユーザーです。普段はハーツを使っていて、通常はトヨタかヒュンダイが貸し出されることがほとんどなのに、今回パースでは初のシュコダをあてがわれた。メルセデスと同じでハンドルの右レバーでワイパー、左レバーでウインカ
全文を見る»»

全日空直行便が就航したパースへのツアー4

2020年03月10日
とあるダムでは人気のニオイガモが数羽で立て続けにマロンを採っていた。マロンとはオーストラリア南西部固有の大型淡水ザリガニで、語源は現地アボリジニ語の“Nyungar marran"とされる。地元のレストランなどでもメニューになっていたけど、一人前で$80とかのスーパー高級食材であり食べられなかった。ニオイガモのまるで鵜のような高い潜水能力はマロンを獲る時に発揮されるのか。後日動画でも紹介するよ。
全文を見る»»

全日空直行便が就航したパースへのツアー3

2020年03月08日
サンショクヒタキの南西オーストラリア亜種campbelli。基亜種と比較してもオスは別に違和感がなく、言われなければ気がつかないけどメスは頭部の灰色が濃く、基亜種とは雰囲気が異なる。こういうのも次第に別種になっていくのか。声は同じかな。 オーストラリアの象徴的な食品であるベジマイトの缶の前に立ったよ!(ベジマイトとはオーストラリアで広く食卓に登場する味噌のような、塩味のペーストでバターとともにト
全文を見る»»

全日空直行便が就航したパースへのツアー2

2020年03月06日
この場所は昔私がムラサキオーストラリアムシクイとウスアオオーストラリアムシクイを同時に見た場所だったけど、時を経てもオーストラリアムシクイのポイントであり続けていたようだ。写真はエクリプスのオス(約30%)とメス。 前回の記事でも出てきたけど、この杭は完璧過ぎ、何かミールワーム的な仕掛けがあるのではないかと意地悪に探してみたが見つからなかった。確かにオーストラリアでは日本や東南アジアみたいにバー
全文を見る»»

全日空直行便が就航したパースへのツアー1

2020年03月04日
夏のパースへ通訳兼アシスタントガイドとしていくことになった。パースはこれまでも数えてみると長短合わせて6回も行っており、まだ見たことがない留鳥の野鳥はもう存在しない。しかし、時は夏。オーストラリアの夏は珍鳥の季節である。東南アジアで停止するはずだった渡り鳥がそのまま通り過ぎてオーストラリアまで入ってきてしまったりする。特に近年パース周辺は珍鳥が多く出現し、これまでメルボルンがそうだったように「夏の
全文を見る»»

10度目のタスマニア 動画編

2020年02月19日
林を歩いていたら脇からサザナミスズメが飛び出し、茂みに飛び込んだ。普通ならそれで終わりだが「今のは…近くに巣があるときの小鳥のような動きですね」と言ってしばらく見張っていたらやはりそうだった。時には100日間連続で双眼鏡を握るような人生、一般人に換算すれば150年分くらいのバードウォッチング歴になるとも言われる野鳥ガイドの頭の中身は、世の中のほとんどの人にとって知ったことではない内容で埋め尽くされ
全文を見る»»

10度目のタスマニア 後編

2020年02月17日
南極やペンギンのドキュメンタリー番組では往々にして悪役(殺し屋)、キタオオフルマカモメ。オオフルマカモメは「カモメ」という単語を含んでいるけどカモメの仲間ではなく、その実態は超大型のミズナギドリである。 ちなみに近縁のミナミオオフルマカモメはまだ未見の海鳥で、ずっと見たいと思いつつ出てくるのはいつもキタオオフルマカモメの方。聞いた話ではミナミオオフルマカモメの繁殖地でネズミの被害が拡大しており近
全文を見る»»

10度目のタスマニア 中編

2020年02月15日
ということで海鳥観察船へ。なおタスマニアの海鳥観察船は定期のものはありません。タスマニアで希望者を10人程度集めて漁船をチャーターする必要があり、そうした人脈が必要です。驚くことに毎回一瞬で集まるけどね(そんなにしょっちゅう乗りたいか?)。今日最初のアホウドリは一番多いハジロ…じゃないぞ、ニュージーランドアホウドリだった!今日はめちゃくちゃニュージーが多く、ハジロの数を上回っていた。 ミナミミズ
全文を見る»»

10度目のタスマニア 前編

2020年02月13日
1ヶ月前にもガイドをしていたタスマニアに再び。これで10年間で10度目の訪問というペース。あと20回くらいは来るんだろうな…。 日本の人は船に酔う人が多いのでカットされることが多い海鳥観察船も今回は行程に入っているので何か私にとっても新しい鳥が出るかもしれないとワクワク。タスマニア入りする少し前にはオウサマペンギンが出没したとの報で業界は色めき立ったのだけど、フツーに健康な個体のようであっちこっ
全文を見る»»