AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在739種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)


    メールアドレス (必須)


    題名


    メッセージ本文




    ご返信には平常時で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。また例年5月から12月にかけては繁忙期となり、この期間にいただくお急ぎでない内容のお問い合わせにはご対応まで2−3週間を要することが多くなっています。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    自宅兼民宿ジョンストンベンドとは?

    ジョンストンベンドキャビン

    カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

    13回目のダーウィン・カカドゥ国立公園

    2023年09月14日
    ダーウィンやその近くのカカドゥ国立公園にはムナジロクロサギが多く住んでいる。ケアンズやアイアンレンジでも少数を見る鳥ながら、群れとなるとやはりダーウィンを象徴する水鳥の気がする。ダーウィンは現在では日本からの直行便も政府観光局の日本担当もなく、完全に休火山状態の土地だけど過去のマーケティングがうまくいっていたのか、いまだに「ダーウィンに行きたい」という指名買いの多い土地であることに少々驚かされる。
    全文を見る»»

    20〜22回目のヨーク半島アイアンレンジ 動画編

    2023年09月07日
    https://youtu.be/nnF3ukzuoOw 求愛するヤシオウムのオス。ヤシオウムはオーストラリア北部ヨーク半島の一部に分布する希少な大型クロオウムで、オスが自作のスティックで枯れ木を叩いてメスに求愛するなど、高い知能と複雑な求愛、長い寿命で知られています。 https://youtu.be/KZufnzCaN9o こちらはアイアンレンジ全般の動画です。外部マイクを更新し
    全文を見る»»

    20〜22回目のヨーク半島アイアンレンジ 後編

    2023年09月05日
    人気のキバシショウビンは森の中層から樹幹にかけてを活動域とするあまり動かない鳥であって、アイアンレンジのようなジャングルではほとんどのケースでは視界が遮られて見つけるのが難しい。経験上一般の人にはほとんど発見不可能な野鳥であり、二十数回も来てるようなガイドに任せるといい。そもそも4WDのレンタル代とガソリンだけで1日$450-500くらいする世の中で、あと$150くらい負担すればツアーに参加できる
    全文を見る»»

    20〜22回目のヨーク半島アイアンレンジ 前編

    2023年09月03日
    通算19回目の訪問になるヨーク半島アイアンレンジツアーを6月に欧米のツアー会社のためにやったあと、7−8月にさらに3回の訪問を重ねて合計22回となった。およそ15年前の初回訪問時はそれだけで10回くらいブログを更新した記憶があるけど、仕事なので画像がとても少ないという点が大きいものの3回分の訪問を一回の訪問にまとめてしまうかというくらいにヨーク半島が裏庭と化してきているのも事実。 絶滅危惧種キビ
    全文を見る»»

    15回目のマウントアイザ 後編

    2023年04月16日
    今回はガイド中につき初めて100-400mmズームにエクステンダーをつけて撮っているけど、ロクヨンを使い出した後だとなんともいえない平凡な性能に感じる。というかこれまでエクステンダーさえ持ってなくてサンニッパか100-400mmだけで十数年も鳥の写真撮ってきたんだよね?フリーの野鳥ガイドとしての十数年間は一般のバーダーの50年かかってフィールドにいる時間に匹敵する。どれだけいい写真を無駄にしてきた
    全文を見る»»

    15回目のマウントアイザ 前編

    2023年04月14日
    もはや第二の地元と言っていいほど多くの日数を過ごしているマウントアイザ周辺。回数としては今回が十五回目の訪問ながら、私はセスジムシクイ調査のため1回あたりの訪問期間が4週間の長さだったりする中での15回目の訪問なので、合計日数はなかなかのものになる。一般的に野鳥業界にとってマウントアイザとはセスジムシクイ2種類をターゲットに3−4日かけて滞在するだけの場所であるけど、私の場合それと同じくらい需要が
    全文を見る»»

    雨季にセスジムシクイを見に行こう その11(完)

    2023年03月31日
    雨季にセスジムシクイを見に行こう旅行記はその10をもって(完)としたのだけど、実はまだ動画を出していなかったと気づいてその11を付け足します。 https://youtu.be/AZMgTgyw4Gw 昨年からのロクヨンレンズはやはりカメラ本体が1DXマーク2からR3になったことでより素質を感じる。私がサボって超望遠を手持ちで撮ってるのでそれをぶち壊してるから、来年はちゃんと三脚を使って大幅に
    全文を見る»»

    雨季にセスジムシクイを見に行こう その10(完)

    2023年03月21日
    セスジムシクイ類はほとんどの時間を地面を走り回って過ごし、数メートルの飛翔力しかないという相手。そんなセスジムシクイに上から見下ろされるという珍しい構図の一枚。 歩いてたら頭上から突然大きな鳥が飛び出した。何だ!?と思ったらそこにオーストラリアガマグチヨタカの巣があって、私が気が付かず下を通りかかったので親鳥が2羽のヒナを置いて逃走したのだ。悪かった悪かった。すぐに親は戻ってくるはずだ。大丈夫、
    全文を見る»»

    雨季にセスジムシクイを見に行こう その9

    2023年03月19日
    カルカドンセスジムシクイは一般的にはムナジロセスジムシクイよりも愛想がいいとされるけど、同じ時期、同じエリアにおいてもその警戒心は千差万別であってこういう写真を残すにはとにかく愛想がいい個体に会うまで見つけ続けるしかない。 珍しい侵入者(私)に対して体を膨らませて警戒するカルカドンセスジムシクイ。 険しい地形を好むカルカドンセスジムシクイを探し続けるのは消耗するし、転倒して機材を壊したり怪
    全文を見る»»

    雨季にセスジムシクイを見に行こう その8

    2023年03月14日
    このムナジロセスジムシクイが道端から逃げていった小鳥かどうかは確証はないが、おそらく今回の旅において最も愛想のいいムナジロセスジムシクイ。しかも道路から30mしか歩かなくていい。将来のツアー時には大本命サイトとなる。スピニフェックスがあまり茂ってないのがいい。 このカットは後ろを向いてしまっているけど「ネズミのように走る」と言われるセスジムシクイ類の特徴が出ているので採用した。セスジムシクイ類は
    全文を見る»»