ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

12回目のダーウィン・カカドゥ その7(完)

2019年11月07日
ガイド最終日。お昼前のフライトで帰国する皆をお見送りした後に私がケアンズに戻ることができる適当なフライトがなかったのでダーウィンで一人でもう一泊して帰る必要があった。空いている午後は何しようかなぁと考えた時、半月ほど前から断続的に目撃されている珍鳥ハチクマ(オーストラリアでは珍鳥)に挑戦しようと思いついた。 その日の朝、全員揃っての最後の探鳥でキリアイとかをみていた時にふと横に現れたダーウィン在
全文を見る»»

12回目のダーウィン・カカドゥ その6

2019年11月05日
チャイロモズヒタキもケアンズのとは別亜種。この亜種はまあ茶色といえば茶色い。幼鳥が親について回りながら餌をもらっていた。 こちらも亜種違い!アカメテリカッコウのダーウィン亜種ははっきりとケアンズのそれと外見が違う。これは新しくできた遊歩道脇にたくさんおり、よく観察できた。タマムシのような背中の光沢! これはタスマニアタイガー風の壁画。もちろんタスマニア島にしかいないタスマニアタイガーだが、この
全文を見る»»

12回目のダーウィン・カカドゥ その5

2019年11月03日
アカオオタカを「もういいんじゃない?」というくらい様々なシーンを撮影できるなんて生涯そうあることではない。 それも、現時点ではこの親子(成長メスとヒナ2羽)は世界で誰も見つけていないと思われる。長時間いたわけではなかったのでオスは見当たらなかったが。オスがあまり狩が上手でないとすると、メスが忙しくなる。そのせいかこのメスはめちゃくちゃ飛び回った。視線はこちらを見ておらず、私たちから逃げているわけ
全文を見る»»

12回目のダーウィン・カカドゥ その4

2019年10月31日
「そこら辺の猛禽類ではなかった」という第一印象は間違っておらず、まさしくそれはオーストラリアで最も珍しい猛禽類のアカオオタカのメスだった。別に道端にいたわけではなく、道路からかなり奥の木に止まっていた中型サイズの鳥を時速100kmで走る車を運転しながら見逃さなかったのは我ながら人間業ではないと思った。 最高に盛り上がる我々一行。大草原に落としたヘアピンを見つけたようなものだと思う。そのアカオオタ
全文を見る»»

12回目のダーウィン・カカドゥ その3

2019年10月27日
夕方。ダーウィンの友人その4が、一般の人は立ち入りできない浄水場内に連れて行ってくれるということでお願いする。これはすごいことで、立ち入りできるのはこの世で数人しかいない。あたりの水鳥の数はすごいもので、チドリ類、アジサシ類、カモ類、シギ類(写真はタカブシギ、ワキアカチドリ他)、オーストラリアチゴハヤブサ、キイロオーストラリアヒタキなど野鳥リストを一気に積み上げた。 浄水場が固く立ち入り禁止なの
全文を見る»»

12回目のダーウィン・カカドゥ その2

2019年10月24日
野生のヒスイインコの成鳥オス。 こちらは地上で採餌するやや若いオス。 この時期このエリア名物の水たまりでの待ち伏せ探鳥。キバシキンセイチョウ。 アサヒスズメ。 コキンチョウの数十羽の群れが二回飛び、別々の群れだとすれば100羽以上いたことになる。 先について待っていると小鳥たちはどんどん近づいてくる。 カノコスズメは普通種だけど、やっぱり美しい。 カノコスズメを引率するアサヒスズ
全文を見る»»

12回目のダーウィン・カカドゥ その1

2019年10月21日
通算で12回目となるダーウィンやカカドゥでのバードウォッチングに行ってきた。また後日にアップするけど、最大のニュースはオーストラリアで最も珍しくかつ最も人気のある猛禽類であるアカオオタカの巣を新しく発見したことで「場所は公開しない」と宣言しているにも関わらず簡単には思い出せないくらいの問い合わせがオーストラリア人達から届いた。アカオオタカ以外ではオーストラリアでは珍鳥であるハチクマに1時間以内に会
全文を見る»»

アデレードとカンガルー島 その4(完)

2019年10月14日
ロウバシガンの名前の由来は、くちばしの大半の面積を占めるこのロウ膜にある。老婆志願ではない。 それにしてもコアラはここではメチャクチャ普通種だな。 絶滅危惧種のズグロチドリはオーストラリア野鳥の会が力を入れて保護活動をしていることもあり見つけても足環をしていることが多いが、今回見つけた営巣ペアは捕獲されたことがない個体のようだった。無事に巣立ちますように。 ムナジロウの群れと左下1羽だけマミ
全文を見る»»

アデレードとカンガルー島 その3

2019年10月12日
次の朝もテリクロオウム(カンガルー島固有亜種)。 ということでカンガルー島に来ている。およそ15年ぶりになるかな。南氷洋はいつも峻厳であり、珊瑚海(グレートバリアリーフ)だとかアラフラ海とかの赤道系の緩い海ばかり見ている身には新鮮なものだ。美しく、しかし厳しい海だ。天気がいい日や春夏はいいが一旦天候が悪化したり冬は手がつけられないだろう。 潮溜まりに何か仰向けになって泳いでるぜ。 ニュージー
全文を見る»»

アデレードとカンガルー島 その2

2019年10月08日
少し前に『オーストラリアの高級魚マレーコッドが日本のレストランに上陸』とYahoo!ニュースになっていたけど、マレーコッドをちゃんと食べたのは初めて。ケアンズ付近の魚バラマンディも悪くないが、マレーコッドの方が遥かに上だな…。ハタの仲間でありながら川育ちの淡水魚であり、最大で180cmにもなる怪魚。 このワイナリーはグラスワインが$9で、ボトルも$9。それならどう考えてもボトルになると思うが…?
全文を見る»»