サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在737種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

    オーストラリア最北端へ その2

    2022年08月22日
    滅多にその写真を見かけることがないメジロミツスイの画像をもう一枚だけ。 Chocolate Argus。ヨーク半島固有種。 Large-grass_Yellow。これは写真を拡大して見れば自宅にもいるやつだったが、「ヨーク半島にいる補正」が効いてなんでも違って見える。 年々観察に適した樹洞が火事や台風で倒れたりキバタンに乗っ取られたりして少なくなり、私に取って最後に残されたオオハナインコの樹
    全文を見る»»

    オーストラリア最北端へ その1

    2022年08月17日
    例年ヨーク半島北部にあるアイアンレンジ国立公園に行く機会が一回ずつくらいはあったのだけど、コロナ禍でそんな訪問が止まって2年経ってしまった。そんな中で英語の野鳥ツアーのガイドとして1週間アイアンレンジに滞在することが予定されていたので、一回状況確認で下見に行っておこうか、と思うようになった。レンズも今年から600mmになったし。ただすでに10数回も行っているところなだけに、アイアンレンジの下見は二
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査キャンプ2022 その4

    2022年07月30日
    カワセミは水辺の鳥である、というのは半分誤解でオーストラリアのカワセミで水中にダイブするのは2/9だけであり、多数派は林に暮らしている。中でもコシアカショウビンは過酷な荒野を生息地にしており、水辺とは全くと言っていいほど関係がない。 ←日本やヨーロッパなら「城壁跡」とされそうな天然の岩壁。私は時々こういう岩に登ってはかすかな携帯の電波を捉まえ、そこから仕事のメールを送受信したりしている。 これ
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査キャンプ2022 その3

    2022年07月26日
    オーストラリア最少の鳥とされるコバシムシクイ。それがこの大きさで写っているということは3−4歩前にいるということになる。ただコバシムシクイは体格が良く、そんなに小さいイメージはない。エミュームシクイとかヒメミツユビカワセミの方が小さく感じる。 セスジムシクイ調査隊の車列が谷底にかすかに見えるだろうか?ローンヒル国立公園は入り口周辺はメジャーな観光地だけど、その面積はとてつもなく広く北西部なんかは
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査キャンプ2022 その2

    2022年07月06日
    出発までのわずかな時間、ローンヒル国立公園の駐在職員居住エリアを探鳥する。有名国立公園の敷地内に住んでいるというのは良いものだ。周りは野鳥だらけでここに一日いてもかなりの写真が撮れそうだった。オーストラリアマルハシ。 クチシロミツスイは分布図状はケアンズにもいることになっているけど昔から一度もいたことはない。そのためあまり馴染みがなく、いつも慣れるまでしばらくその声に戸惑うミツスイになってる。こ
    全文を見る»»

    セスジムシクイ調査キャンプ2022 その1

    2022年06月29日
    もう10年近く続けている毎年5−6月頃のセスジムシクイ調査ボランティア。年によってその長さや目的地は多少異なり、今年は調査の中心地であるマウントアイザ班とローンヒル国立公園班(写真)とに分かれることになった。近年マウントアイザではセスジムシクイは10年前とは打って変わって好調である一方で、ローンヒル国立公園のセスジムシクイは一種の飛地であって昔からひたすら難しい。それなのにローンヒル国立公園を担当
    全文を見る»»

    晩秋のメルボルン クビワミフウズラと海鳥観察船その5(完)

    2022年06月21日
    過去数度そのメルボルン郊外の大湿地帯で探鳥した時は、鍵を持っている現地ガイドに依頼して連れて行ってもらった。全ての道を全部回ったら車でも何日もかかりそうなこの迷宮的スケールの湿地帯の中でも彼なりにハイライトコースというのがあるようで、過去数回において彼は基本的に同じルートを通った。一昨日初めて自分自身だけで回った時もそれを踏襲してみたのだけど、直感的に「あっちも鳥がいそうだ」という脇道がいくつもあ
    全文を見る»»

    晩秋のメルボルン クビワミフウズラと海鳥観察船その4

    2022年06月18日
    「クジラドリ」という日本では馴染みのない名前からは大きな鳥を連想するけど、実際はウミツバメと並んで一番小さい部類であるヒメクジラドリ。不用意にオオフルマカモメの近くを通ると捕食されてしまうこともあるくらい。軽さを活かして水面を跳ねるようにして餌を取る。 ニュージーランドアホウドリの若鳥。 キタオオフルマカモメ。私はミナミオオフルマカモメが欲しいのだけど、この10年で繁殖地に問題があって急減して
    全文を見る»»

    晩秋のメルボルン クビワミフウズラと海鳥観察船その3

    2022年06月12日
    クビワミフウズラ観察が終わったのが22時前くらい。そこから次の目的地の港までナビによれば4時間のドライブだ。ただしそれは昼間の場合であり、オーストラリアの夜間田舎道はとても暗い上にどこからでも動物が飛び出す恐れがあるためとても昼間と同じ速度では走れない。それでもまあ、明朝7時までに着いてればいいんだから持ち時間は9時間もあり、休み休み行けば全然問題ないはずだった。人生のかなりの部分が「運転」が占め
    全文を見る»»

    晩秋のメルボルン クビワミフウズラと海鳥観察船その2

    2022年06月06日
    クビワミフウズラのオスの出現からおそらくたった数分後。メスも登場。ミフウズラの仲間ではないと言いつつも、クビワミフウズラもミフウズラ同様にメスの方が大きく色彩も派手なところは共通している。名前の由来である首輪はメスにしかないのでやはりこれは見たかったところだ。 小さいのにすごい存在感。 足が長い上にこの直立姿勢。ウズラでもない。何の仲間でもない感じで、やっぱり珍種という他ない。あえて言えばツカ
    全文を見る»»