サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

    ヨーク半島アイアンレンジ国立公園2019 その3

    2019年09月24日
    変わり果てたアイアンレンジの様子をニュース報道で見る→https://www.abc.net.au/news/2019-07-13/iron-range-national-park-cyclone-recovery-to-take-decades/11282936 かといって帰るわけにもいかない。ヤシオウム祭りで元気を取り戻し、海の方でオナガテリカラスモドキの乱舞を楽しむ。 時刻を見計らうのは
    全文を見る»»

    ヨーク半島アイアンレンジ国立公園2019 その2

    2019年09月22日
    ケアンズから北上して二日目の午後。ようやく目的地アイアンレンジに入っていったが、2019年初旬に現地を襲ったサイクロン“トレバー号”の影響は聞いてはいたが凄まじく、私は言葉を失った。 このよく知られたオオハナインコの営巣木は真っ二つに折れていて、その周囲にあった熱帯雨林の樹冠も全て吹き飛んでいて、全く知らない土地に来たかのようだった。 なお同じ木の2018年。 同じ木の2012年。7年前か。
    全文を見る»»

    ヨーク半島アイアンレンジ国立公園2019 その1

    2019年09月17日
    ヨーク半島はオーストラリア最北端を構成する半島で氷河期時代にはパプアニューギニアと陸続きだった過去を持つ。そのためアジア系の生き物が生息したが、海面上昇による分断とその後のオーストラリア大陸の乾燥化で雨の多い一部の地域にのみそれらの生き物が生存を続けた。代表的なのがアイアンレンジ国立公園であり、もう一つは最北端近くのロカビリー森林地帯だ。ケアンズ以北はもうまともな町が存在しないのでヨーク半島は10
    全文を見る»»

    マウントアイザ2019 インコオウムツアー報告 動画編

    2019年09月13日
    2019年8月に行われたマウントアイザ二泊三日インコオウムツアーの際の動画を少し貼っておきます。2020年は8月17−19日にまた募集中です。太田はその頃までに12回目か13回目のマウントアイザ探鳥になる予定です。
    全文を見る»»

    マウントアイザ2019 インコオウムツアー報告 後編

    2019年09月11日
    「マウントアイザで十分で今年はシンプソン砂漠まで行く必要はない」と思ったところで、すでに一年も前から手配を済ませている以上、個人旅行ではない以上スケジュールは大きくは動かせない。結局シンプソン砂漠近くまで足を伸ばした。 大軍ではないものの、そこは緑の草木に覆われてオカメインコやセキセイが舞うという十分楽しめるものだった。 今年初頭の大洪水によりシンプソン砂漠方面はお花畑になっているという事前情
    全文を見る»»

    マウントアイザ2019 インコオウムツアー報告前編

    2019年09月06日
    マウントアイザはケアンズから内陸へ道路距離なら1200km,飛行機なら2時間。荒涼とした乾いた大地とハゲ山に覆われたこのエリアはオーストラリアの多くのインコやオウムの分布の中心地であるとともにムナジロセスジムシクイ、カルカドンセスジムシクイ、ショウキバト、ベニオーストラリアヒタキ、オグロバン、エミュー、ムナグロオーストラリアムシクイ、クマドリバト、マダラニワシドリ、大量のオナガイヌワシ(一度に10
    全文を見る»»

    11回目のダーウィン・カカドゥ

    2019年07月11日
    6月末から7月にかけて私的な案内のためダーウィンとカカドゥを早足で回ってきた。ケアンズ周辺以外ではヨーク半島アイアンレンジと並び最も出かける機会の多いのがダーウィン・カカドゥで多分11回目になる。 今年は朝日新聞社にダーウィン・カカドゥの野鳥についてインタビューされた記事が公開されたこともあり、明らかに例年よりも多くダーウィン・カカドゥに関するお問い合わせを頂く。ただし私は2500km離れたケア
    全文を見る»»

    ミッチェル台地遠征編 その5(完)

    2019年06月26日
    ついにクロセスジムシクイを撮影できた。それもオーストラリアの有名野鳥ガイドである知人曰く『今まで見たクロセスジムシクイの写真の中でおそらく最高の一枚』というこれ以上ない評価をもらった。達成感に浸っているときに飛んできたキバタンが 「勝負あった」と言っていた。 有難うキバタン。トサカが眩しいよ。ちなみにキバタンもケアンズとは別亜種fitzroyi。いわゆるアオメキバタン。頭も少し小さい。 キャ
    全文を見る»»

    ミッチェル台地遠征編 その4

    2019年06月24日
    さて3泊の予定の2泊までが済んだ。昨日は半ば観光の日だったので仕方ないが、見てるだけでまだ写真に撮れていないクロセスジムシクイをそろそろなんとかしなければならない。今日は午前中を新しいエリアの捜索に当てた。それは私が見つけることができた最後のクロセスジムシクイの目撃報告があったエリアだが、実に一年近く前の報告だ。言い換えればそれ以降、一年近くもクロセスジムシクイはほぼ見つかっていないとも言える。さ
    全文を見る»»

    ミッチェル台地遠征編 その3

    2019年06月20日
    到着初日の午後に目標だった三種全てを見つけることができ、あとは今日写真は撮れなかったクロセスジムシクイを残り三日間で追いかければいいね、という充実した疲れを楽しんでいた時。岩場にGPSを忘れてきたことに気がついた。半分壊れているが、もう10年以上大陸を共に旅した仲間であり、中には大量の機密情報が詰まっている。まだ明るいうちに探しに行ければよかったのだが夜になってしまった。岩だらけの土地の水辺の夜な
    全文を見る»»