ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

およそ10回目のダーウィン その4

2017年07月08日
体感温度50度のダーウィンの夏。スプリンクラーで涼を取るサメイロミツスイ。やたらに黄色っぽいのは幼鳥ということもあるけど、ケアンズのサメイロミツスイはこんな色になることはなくオーストラリア西側の亜種indistincta(なんという名前…)だからだ。 昼間でも歩き回ればポッサムに当たる。ああっこれはフクロギツネのダーウィンの亜種arnhemensisじゃないですか!! 「待ってくれ
全文を見る»»

およそ10回目のダーウィン その3

2017年07月05日
マングローブヒタキを見るためにはヌカカとの戦いは避けられない。この時はマングローブ林際に出てきていたのであまり苦労せずに済んだ。肌がやたらに綺麗な東アジア人種はヌカカに刺されると酷いことになるので気をつけよう。あ、ダーウィンのマングローブヒタキはケアンズのマングローブヒタキとは別の亜種alligatorだよ(ケアンズは亜種leucra)。 そのことを言い出すと広いオーストラリアでは亜種だ
全文を見る»»

およそ10回目のダーウィン その2

2017年07月03日
ケアンズでは人気のない浜辺にいる野鳥なのがハシブトオオイシチドリ。ダーウィンではその大きすぎる干満の差により満潮時にはチドリも岩の上とかに乗って避難しており、とても新鮮な図。 セアカオーストラリアムシクイの夏羽一歩手前。 未完成の時の方が、鳥らしくモフモフしていて可愛い。 基本的に町中が湿地帯のようなダーウィンではアサヒスズメが住めるような湿った藪がたくさんある。 日本
全文を見る»»

およそ10回目のダーウィン その1

2017年07月01日
2016年11月、体感気温が40度以上となっている初夏のダーウィンに降り立った。本来この時期は野外に出るべきでない気候で、一時間ごとに冷房の効いた車内に逃げ込んで呼吸を整えないと気を失うような状態。それでも野鳥は実は多い時期であり、この時期しか行けないということであれば頑張るしかない。 数日間ずっとホテルの駐車場に置いてあったグーグルストリートビューの車。 最初の何日かはダーウィン市周
全文を見る»»

ダーウィン滞在15日間 その4

2017年02月17日
ホオグロオーストラリアムシクイのオス、そして繁殖羽であること。テクノロジーの進歩とカメラマンの増加でバーダーの多い場所はこのような僻地においても荒れており、見づらい時代になってきた。 頭部のすみれ色は野鳥の世界でも珍しい色。とりあえずこのツアーの名物なので無事全員見られて良かった。 バオバブの木ことAdansonia gregorii。 種小名のグレゴリーはオーストラリア北部の探検家
全文を見る»»

ダーウィン滞在15日間 その3(セアカミフウズラ)

2017年02月15日
オーストラリアの古典映画「クロコダイルダンディー1」への登場で知られる展望台。地平線まで人間も人工物も道も見えませんね。国立公園自体が日本の四国並みに大きく、その広さが丸ごと居住や開発ができなくなっている。 こういう国のフィールドで仕事をしていると、日本を含むアジア的雑踏や混雑が苦手になるのは致し方ないと思う。オーストラリアでは人間一人あたりの面積が世界でも最も広く、一人一人の人間が広い空間
全文を見る»»

ダーウィン滞在15日間 その2(コミミイワワラビー)

2017年02月13日
アイアンレンジなどで頑張るよりもダーウィンではズアカミツスイが普通に住宅街に見られる。クレナイミツスイじゃないよ。 ズアカミツスイのメス。 チャールズ・ダーウィン国立公園でノドジロハチマキミツスイ。チャールズダーウィン国立公園とかチャールズダーウィン大学とか名前が凄すぎる。普通に会計とかITを学んでいる学生もいるんだろうが、全員バイオロジストのような気がしてしまう。 近年アカ
全文を見る»»

ダーウィン滞在15日間 その1(ムナグロヤイロチョウ)

2017年02月11日
2016年の8月、2件の野鳥案内が重なって私は15日ほどダーウィン一帯で過ごすことになった。もう正確にはわからなくなってきたが、10何回目のはず。ケアンズ以外では最もよく出かけるところでありイコール最も細かく知っている探鳥地とも言える。 ダーウィンというところは不思議な町で、毎回調べるたびにお得なホテルがまちまちである。その結果過去10数回の訪問において毎回異なるホテルを利用しており、町の規模か
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その9(ヒメキスジミツスイ)

2017年02月04日
内陸部から1000kmを走り、沿岸部の都市ゴールドコーストにやってきた。 ここから毎月一回、海鳥同好会が釣り船をチャーターして沖合の鳥を見に行くということを行っていてそれに参加する。なお悪天候の予報のため直前に一週間延期されたのは以前書いたとおりである。定員10名程度の釣り船で太平洋の外洋、大陸棚の終わるところまで出ようぜということがどれほど無謀なことかわかるだろうか?言い方を変えれば「かなり海
全文を見る»»

クイーンズランド州6000kmドライブ その8(クルマサカオウム祭り)

2017年01月29日
ちょっと気分転換に別の探鳥地を覗きに行く途中で大量のクルマサカオウムに出会う。クルマサカオウムは内陸部に暮らし、善良な市民には縁のないオーストラリアのオウム界のボス的存在の一種だがこれほどの群れを見たのは始めてだ。 一部はモモイロインコがクルマサカオウムに偽装中。 キング・オブ・オウムが100羽以上いる状況。 なおクルマサカオウムに二つの亜種があり、こちらは亜種leadbea
全文を見る»»