サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

    アジサシのヒナ祭り

    2020年01月03日
    野鳥ガイド業とは。例えばコスタリカでは「50歳を超えて野鳥ガイドを続けている人間なんて一人もいない」というくらい身体的経済的には負担の大きい仕事ではある。それは年間で五万キロ運転したり120-150泊を外泊したり、朝の2時に起床したり、1日で18時間働いたり、気温40度45度の中を17kgの荷物を身につけて10km歩いたりとかだ。しかしそれ以上のやりがいや楽しみがあり体力が続く限り辞めることはない
    全文を見る»»

    窓の外にはアカハラオオタカ

    2019年12月30日
    自宅ジョンストンベンドには引っ越してきた当時からアカハラオオタカの営巣がある。かなり高いところにあるので巣自体は撮影や観察の対象にはならないが、これはそこから巣立った若鳥だと思われる。 リビングの窓のすぐそばまで来て、長時間止まっていた。腹部にはたくさんのハート模様が♡ ちなみに止まっているのはフィンチ用の小さなフィーダーがある枝なのだが、確かに何度か猛スピードで彼らがフィンチに突っ込んでくる
    全文を見る»»

    クリスマス前最後のツアー中

    2019年12月17日
    多くの野鳥ガイドが11月中に今年の業務を終えてバリ島だとかニュージーランドだとかウガンダで休暇を過ごしているところに、私は地元ケアンズでツアーをまだしています。年内はこれで最後だ、というわけでもなく年末年始もまぁガイドをしてます。まあ私はお仕事と趣味との境界が曖昧で、仕事と休暇の境界さえはっきりしないようなところが…。 ケアンズ市内ではやや珍鳥のツツドリが今年多く飛来しており、一箇所で最大3羽を
    全文を見る»»

    ハイガシラヒメカッコウのさえずり

    2019年10月17日
    ありそうで見かけないのがハイガシラヒメカッコウの動画。全部で38秒で、後半にさえずりが2コーラス入ってます。
    全文を見る»»

    アメリカ人グループのクリーンナップに出動

    2019年10月10日
    うちの近くに野鳥や哺乳類ファンがよく宿泊する宿がいくつかあって、それらの宿から急にガイドを頼まれることがある。多くは「こんなはずじゃなかった」系の結果が出ていない個人旅行者だったりするのだけど、今回はもう30年以上もオーストラリアにツアーに来ているアメリカ人ガイドが率いる団体一行からの依頼だった。 どんな優れたガイドでもホームグラウンド以外では100%の力は発揮できないことをよく彼はわきまえてい
    全文を見る»»

    オオニワシドリの東屋は地表にあるとは限らない

    2019年10月02日
    これは一見どこにでもあるオオニワシドリの東屋のスマホ写真のようだが 実は屋根の上にある。こんな東屋は初めて見た。
    全文を見る»»

    マミジロヒタキ

    2019年09月15日
    アサートン高原の一部に分布するものの、局地的でありかつそれほど人気があるわけでもないので謎の野鳥状態であるマミジロヒタキ。日本語で検索してもこのブログ以外は有用なものは一件もヒットしないというような相手。マリーバで発見。 学名 : Poecilodryas superciliosa 英名 : White-browed robin 1週間で250種を見よう
    全文を見る»»

    カワセミ7種類を1泊2日で!

    2019年09月03日
    AAK Nature Watchでは普段二泊三日のツアーとして『カワセミ8種類スペシャル二泊三日』というツアーをしている。ただ先日は二泊三日の日程がどうしてもとれず一泊二日に圧縮した『カワセミ8種類スペシャル1泊2日』を実行した。といってもケアンズを普段より1時間早く出発して1時間普段より遅く帰ってきただけだが、時期的に存在しないシラオラケットカワセミを除く7種類を撮影できた。 ヒジリショウビン
    全文を見る»»

    ベニビタイヒメアオバトのポイント

    2019年09月01日
    頭の牡丹色、お腹のパステル色、ベニビタイヒメアオバトはケアンズで最も派手な野鳥だと思う。コキンチョウも美しいが彼らはかなり小さいし、ちょっと特殊な行程を組まないとケアンズでは見る機会がない。その点ベニビタイヒメアオバトはケアンズの繁華街でも見られる。 郊外には、ほぼ確実なポイントもあって長めのツアーでは訪問。これだけを何時間か撮っててもいいという人もいるだろう。
    全文を見る»»

    オナガイヌワシを目線の高さ(低さ)で!

    2019年08月30日
    オーストラリア最大の猛禽類であり、時にはカンガルーにも襲いかかるというオナガイヌワシは多くの世界のイヌワシ同様に山間部の鳥でありなかなか間近で観察するのは難しい。ただ私の住んでいるマランダは高原でありそこにはいく筋もの谷が走っている。それらの尾根道を使えば いいところに降りている奴もいる。 飛び出した!! 加速するオナガイヌワシをやや流し撮りで。これ近所だよ。 やっぱり多少の犠牲を払っても
    全文を見る»»