ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘コンサベーション’

里山自然遺産での鳥類調査

2013年11月12日
ヨーロッパ人達が150年程前にオーストラリアに入ってから、アボリジニが護ってきたオーストラリアの本来の植生の75%が失われるか、または外来のものに変わってしまった。残された25%の中でも特に重要な場所をBush Heritage(里山自然遺産)財団が買い上げ、駐在管理人をおいて環境の維持に当たっている。そういった場所の1つ「ヨーカ」で先月3日間キャンプをしながら鳥類調査を行なってきた。
全文を見る»»

エスプラネードにて鳥類調査ボランティア募集

2013年10月30日
パプアソデグロバトの営巣状況調査。3年目となる今年もジェームスクック大学非常勤講師のヘーゼル博士の元で行ないます。11月9日、10日のエスプラネード域での暫定調査を手伝ってくれる人を募集しています。特別なスキルや備品は必要ありません(GPSがあると有り難いですが)。過去2年の話はサイト上にあるので、興味がある人はご連絡下さい。
全文を見る»»

有刺鉄線の犠牲になったオオフクロモモンガ

2013年10月18日
(動物の死骸の画像がこの先やリンク先に含まれています) オオフクロモモンガ。こうして見てもらう事が彼の供養になると信じている。残酷で、苦痛に満ちた死に方は私たち人間のせいである。 有刺鉄線問題に関心がある人は「有刺鉄線により死亡する動物をへらす初歩的な方法」もどうぞ。
全文を見る»»

“忙しい”をボランティアに行かない言い訳にしない

2013年10月03日
まもなく3泊4日キャンプを張りながらボランティア且つ手弁当での鳥類調査。もちろん日本人の参加者など私だけ。 中には飛行機でケアンズまで来てそこから参加するボランティア調査員も。別に何か特別なものが見られるというような調査地でもないし、この一ヶ月で休んだのは3日くらいということでそれなりに忙しいのだけど、実体のある活動を継続していない人には自然や動物保護を唱える資格など無いと思っている
全文を見る»»

植林団体で一日ボランティア

2013年09月22日
9月は一年でも一番仕事が忙しい時期だけど、時間を作って郊外にある植林団体で一日ボランティア活動をして来た。私は意外と植林系の経験や人脈も豊富なのだ。これは各ポットに黙々と(じゃべりながらでも一向に構わないが)苗木と土を詰めていく作業。私は日本で学生時代、6年あまり新聞配達を毎朝していたのだけど配達前に新聞紙にチラシを一部一部挟み込む作業によく似ているとふと思った。 誰が何をいつどうしたと
全文を見る»»

ツル一斉カウント2013

2013年09月13日
ーストラリア野鳥の会、北クィーンズランド支部がおよそ15年間毎年継続しているアサートン高原におけるツル一斉カウントに今年も参加。 今年は夕方のネグラ入りカウントだけではなく、日中の草原を巡る試験的デイカウントにも参加。オーストラリア人バードガイドであるAと組み日豪プロのガイドタッグとして指定されたヤンガブラ草原域を探しまわったが確認したのはわずか二羽。おい、ボウズじゃなくてよかったな...。
全文を見る»»

ヨーキーズノブにおける超大型カジノリゾート開発に反対します

2013年08月30日
ケアンズ市対岸のイーストトリニティ地区にまた来た(注 地区全体は一般立ち入り禁止です)。70年代にサトウキビ畑を作る為にマングローブ地帯を堤防で仕切り水分を排出した結果、土中に大量に含まれている黄鉄鉱が地表に現れ空気と反応して硫酸となり激しい土壌酸性化を引き起こした。その硫酸は満潮のたびに海水にさらわれてトリニティ湾へ流れ込み、”クィーンズランド州随一”といわれたバラマンディの産卵場だったエリ
全文を見る»»

講演「熱帯の裏庭」

2013年08月03日
裏庭、とは比喩的な意味での裏庭ではなくて本当に家の庭の話である。 この地域の一般家庭の庭が、生態系の一部としてどのように機能しているか、どういった文化的側面があるかといった研究の先行調査発表といった感じだった。 興味を持ったのは、人口と不動産価格の急上昇により平均的な一戸建ての敷地面積は急速に小さくなってきておりその事が地域の生態系に影響を与える可能性があるという点。確かに古くからのケアンズ
全文を見る»»

有刺鉄線により死亡する動物の数を減らす初歩的な方法

2013年07月22日
毎日、オオコウモリやフクロモモンガをはじめ相当の数の動物が有刺鉄線に気がつかず接触して引っかかり、苦しみに満ちた時間のかかる死を不必要に迎えている。(撮影:ユンゲラ/クィーンズランド州中部) (撮影:ドライアンドラ/西オーストラリア州南部) (撮影:ジョージタウン/クィーンズランド州北部) (撮影:ボーリア/クィーンズランド州西部) これらの残酷な犠牲を防ぐ為の新型フェンスなどももちろん
全文を見る»»

国立公園キャンプサイト 新予約システム

2013年07月11日
これまで国立公園や自然保護区内にある州が管理しているキャンプサイトのほとんどは直接現地ヘ行って、そこにあるポストに申込書とキャンプ費用を投函する仕組みだった。 ←しかしこのparksQシステムの導入により、どんな奥地のキャンプサイトだろうと完全予約制が導入された。面倒だ、システムが不安定だなど苦情を聞く事が多いこの新システムだけど、私は大いに賛成する。これによりキャパシティ30人程度のサイトに1
全文を見る»»