ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

ケープヨーク深南部 その2「急展開」

2009年01月13日
貨物コンテナのような宿を早朝に発ち、探鳥しながらケアンへ戻る。今日は良い天気!インコ日和。 アカオクロオウムの50羽クラスの群れ。こんぱまるでの価格は一羽350万円。一般人が入手できる鳥としては日本で最も高価なものかもしれない。この群れの時価総額は二億円くらいか。 オナガイヌワシが二羽上空に現れるとみんな飛んだ!わー奇麗。 モモイロインコもたくさんいるのだが あまりいると気持ちが悪い。
全文を見る»»

ケープヨーク深南部 難民体験1

2009年01月09日
今回は急に衝動に駆られてケープヨーク深南部へ。一応ケアンズだってヨーク半島(ケープヨーク)にある事になる。が、普通は先端周辺の事を指して使われており、少なくても道路が未舗装になるレイクランド以北だろう。今回はその辺り。つまりレイクランドやラウラ、ハンリバーあたりへ連休を利用して一泊二日の生き物探しに行って来た。 (と書くつもりだったけど結末はタイトルの通り) ←これは私が飛びかかる
全文を見る»»

ジョージタウン二日間 その4(完)

2008年10月05日
朝の六時。40℃後半に達しているのでは、という昼間の暑さを考えればこの時間にしっかり鳥を見ておきたい。鳥達も活発に動いており、アカハラモズヒタキが低い枝に降りて来た。水場ではハゴロモインコの姿も見える。歯磨きしながら上を見上げていたら、若草色の小鳥の群れが高速で通過してく。ついにセキセイインコの登場だ。 マニュアルフォーカスにして必死で追いかけたけど、まぁなんとか使えるのはこの一枚だけだった。
全文を見る»»

ジョージタウン二日間 その3

2008年10月04日
ヒメフタイロヒタキがチョウトンボを捕らえた! 日陰でもほぼ40℃という信じがたい熱さの日中をどうにかやり過ごし、太陽が傾くと少しは動けるようになって来た。でも依然として酷暑には違いないので木の下にいたけど、鳥達も皆、樹の中でお休みのようだ。 シメ、じゃなくてキバシキンセイチョウ。 ウスユキバト、というよりは英名のダイヤモンドドーヴと呼んであげた方がハクが付く感じ。ダイヤモンドだし。 ズアカガケ
全文を見る»»

ジョージタウン二日間 その2

2008年10月03日
10羽くらいのキンカチョウがうろうろ。いかんせん小さいので300mmで撮るのが大変だ。でも奇麗。ペットショップの鳥かごにいるのと違って気品がありますね。 出来ればもう少し近くで撮れないかなぁと木陰で待つ事に。 オナガイヌワシが飛んでいる。 南部ではそうでもないが、タテガミガンはケアンズ周辺では乾燥帯の暑いとこでよく見るカモ。 ストラクチャー大好きで恐がりなホオアオサメクサインコさん。 コシアカ
全文を見る»»

ジョージタウン二日間 その1

2008年10月02日
もっと早くいくつもりだったのに仕事などで流れに流れてようやく実現した内陸の小さな街ジョージタウンへの小旅行。ジョージタウンはケアンズから車で400km程度の乾燥帯にある。オーストラリア内陸部の鳥が見られる所としては一応一番近く、往復800kmを日帰りするような猛者もいるとかいないとか。 今回もchiemomoさんと一緒。われわれは夜中の2時にケアンズを出撃。ギリスハイウェイを登り、ミラミラ峠を上り
全文を見る»»

アイアンレンジ旅行記ー7-8日目 (完)

2008年07月18日
タープもフライシートもなしで、星空と生き物が立てる音を楽しんだはいいけど明け方ずいぶん寒くて寝袋のなかでみの虫になってやり過ごした。そうか、アイアンレンジはやはりここ(レイクフィールド)より随分暖かかったんだ。すがすがしい、というにはちょっと寒い。夜露がびっしりだ。 今日も朝から探鳥。 ハナジロナキサンショウクイ。 群れで飛び回るキバタンかと思いきや、分布図ではいないはずのアカビタイムジオウム
全文を見る»»

アイアンレンジ旅行記ー6日目 撤収

2008年07月18日
いよいよアイアンレンジを去る日が来た。といってもケアンズまで直線距離で1000km以上あるわけでまだまだ終わったわけではない。帰りは既に一度通った道なのでずんずん進む。10本程度の川を渡りオフロードを駆け、幹線道路に合流。ロードハウスで久々に冷たい飲み物で一息入れる。ロードハウスに集まっていたツアーのトラックや4WD達も、無改造X-tailが北から戻ってきたのを見て安心したんじゃないか。 昨晩アリ
全文を見る»»

アイアンレンジ旅行記 5-6日目 夜襲

2008年07月17日
我々以外誰もいないアイアンレンジ初の夜。これまで20名のツアーと二晩、大騒ぎ軍団と一晩過ごしたのでとっても今日は静か。キャンプはこうではなくてはならぬ。テントのすぐ裏にケープヨークメロミスが出てきた。一昨日ちらっと林縁で見かけたけどすぐひっこんでしまったし、この手の生き物は撮れなくて普通なのでラッキー。 フリーズしてくれたおかげでしっかり見られた。 あと、バンディクートにもここらへん固
全文を見る»»

アイアンレンジ旅行記ー4?5日目

2008年07月15日
クックスハットキャンプエリアがすごい人達に占拠されてしまい、夜の動物探しは道路に出て行なった。それでもちゃんとブチクスクスを発見。これで到着以来3晩連続。クスクス遭遇率100%。フル装備の動物ガイドが二人だもん。 キャンプエリアに戻ると宴が続いた。というよりは遠くからでも聞こえたけど。あれだけのキャンプを設営し、幼児3人を連れて一泊だけってことはないよね。明日は早めに脱出しよう、と寝袋に潜り込んだ
全文を見る»»