ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘植物や草花’

native ginger

2007年05月14日
鳥仲間のJohnと熱帯雨林を歩いていたときの事… John「native gingerだ」 willie「そだね」 John「食べないのか?」 willie「え!食べられるの?」 John「うん」 willie「(ブルーベリーみたいだし)いただきます…うわっ!!まずっ!!うぇー!」 John「大丈夫か!?」 willie「大丈夫だけど食べ物とは思えないくらいまずい!」 John「な、大丈夫
全文を見る»»

ランタナ(シチヘンゲ)

2007年05月01日
ランタナは、ケアンズ周辺の熱帯雨林や水辺で大変よく目にする植物。美しいのだが、中米から移植された後、オーストラリア東海岸に急速に広がり問題となっている。手持ちの図鑑の一つには、「オーストラリア最悪の雑草」「家畜が死ぬ」(実には強い毒があります)「横に横に大繁殖し、他の植物を駆逐する」「刺まである」とかなり悪意を込めて書いているのもある。執筆者はランタナに対してよほど何か恨みがあるのだろう。日本で
全文を見る»»

ミルキーパイン

2007年04月06日
ミルキーパインはご当地クィーンズランド州産。キョウチクトウ科の広葉樹。 学名 Alstonia scholaris 英名 Milky pine, White chese wood 11月頃に白いアジサイのような花をつける以外は、特に外見は何という事のない樹だけど面白いのは樹液。 幹に傷をつけると、牛乳のような樹液がでる。それは、接着剤としてアボリジニが使ってきたもの。また、痛み
全文を見る»»

ソーセージツリー

2007年03月15日
ソーセージツリーは、もともとアフリカ原産の植物で、ここケアンズやハワイなどでも観用として各地で育てられている。ソーセージというよりはヘチマといった感の実は、想像通り食べられません。なぜなら、年中実を付けているのに虫や鳥が食べないという事自体、毒々しい訳です。  花は夜開性なので、ハチなどに替わってコウモリが受粉している。 この地図以外でソーセージツリーが生えている所としてすぐ思いつくのは、ボ
全文を見る»»

ゴールデンペンダ

2007年02月28日
ケアンズ市の花になっているゴールデンペンダ。この色彩は写真泣かせでにじんでるように見えます。年間複数回花をつけるけど(確認しているのは2月と12月)時々オオコウモリやゴシキセイガイインコが食事に来ている。 学名 Xanthostemon chrysanthus 英名 Golden penda 非開花時の雰囲気。
全文を見る»»

アメリカハマグルマ(ミツバハマグルマ)

2007年02月26日
アメリカハマグルマ(ミツバハマグルマ)はもともと南米の原産。丈夫で暑さに強い事からクィーンズランド州で過去に積極的に観賞用(主にグランドカバープラント)として移植された。密集して地面を覆うように広がるので、他の在来植物を圧迫。「要注意外来植物 レベル3(無許可で移入の場合最大で$15000の罰金)」に指定されている。日本でも沖縄で分布が拡大している。国際自然保護連合(IUCN)の世界の外来種要警戒
全文を見る»»

アカバナチシャノキ(アメリカチシャノキ)

2007年02月23日
緑とオレンジのコントラストが美しいアカバナチシャノキ(アメリカチシャノキ)。数輪がかたまってトランペット型の花をつけ、種子は白く食用に出来るらしい(風邪薬効果あり)。 カキバチシャノキ属(cordia) ムラサキ科(Boraginaceae) 学名:Cordia sebestena 英名:Geiger Tree, Scarlet Cordia 花を接写すると、flower spiders(カニ
全文を見る»»

Swamp Bloodwood(gove gum)

2007年02月22日
ユーカリ属フトモモ科。学名Eucalyptus ptychocarpa 。 雨期の後半にピンク系の花をつけるが、白いものもあるらしい。葉はユーカリ属600種の中で最大級。 本によると「鳥が好んで集まる」と敢えて書かれているが、基本的にユーカリの花は鳥や昆虫に人気。特記する程ではないような気も...。
全文を見る»»

熱帯性睡蓮 (tropical water lilly)

2007年02月12日
<画像差し替え>近似種が多いので同定(特定)できませんが、花が水面から完全に離れる特徴がある熱帯性昼咲き睡蓮(tropical day bloomer)の一種のようです。 ケアンズ市内植物園の睡蓮の花。
全文を見る»»

スイカ?キューカンバ?

2006年11月13日
さて何でしょうかこれは。極小のスイカだ、と主張する日本人(willie)と、通りがかりのアボリジニ氏。キューカンバの出来損ないだというオージーR女史。専門の人(?)がいたら判決をお待ちしています。
全文を見る»»