ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


ケープヨーク深南部 その8「被災地から生中継」 2009年01月22日

コメント5件 “ケープヨーク深南部 その8「被災地から生中継」”

  • あくあまりん より:

    トラックのおじさん、かわいそ~。
    そんなに無理しなくても・・荷主がオージーなら“そのうち着くさ”ってなもんなんじゃ・・。
    レイクランドやラウラってどの辺なのかなぁ~?とgoogleを検索してたらなんと、ストリートビューが見れるじゃない!!
    でも、見舗装道路がず~~~っと続くだけなんだよね。よくこんなとこのストリートビュー、作ったよね。これって意味あんの??
    まあ、私みたいなのが行った気分になって楽しめるけど・・。
    牛の子一匹でてこない。せめてワラビーでもいてくれたら楽しいのに・・。
    と、ラウラの地名の手前で上のランクル そっくりなのが・・・。ラウラのところには町らしいのは何にもなくて、両側に川のような水溜り。足止め食ったのはその辺りかな??
    willieさんも今度車を買い替えるときはランクル・・いやいや、アーミーダックのような水陸両用車がいいんじゃ・・!?

  • willie より:

    >荷主がオージーなら
    いやいや分かりませんよ、中国系の運送会社かもしれませんよ。そうとう追い込まれてたみたいですから
    ってストリートビュー初体験です。こんな地の果てまで!ここです。
    http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&ie=UTF8&om=1&layer=c&ll=-15.57823,144.456482&spn=0,359.949489&z=15&cbll=-15.578313,144.456494&panoid=VpkYWYyIWZGHAfpjon6F8g&cbp=12,230.81747125543458,,0,5

  • おおさわ より:

    ラウラの町のちょっと南東寄りですか。
    2年ちょっと前に、クックタウンから日帰りで、反時計回りにレイクランド国立公園の南側、ラウラ、レイクランドとまわったときに通っているはずです。
    その時は、雨季でもラウラの町なら大丈夫そうなので、このあたりに滞在してみたい、と思ったけど、なかなか厳しいんですね。

  • willie より:

    お帰りなさい。
    ラウラ自体は高台にあるので大丈夫ですが、南北を川に挟まれているので雨によっては身動きとれなくなる可能性はありますね。ラウラから東へクックタウンまでいく道がありますがそちらから来られたのですか?今回も、そちらへのエスケープが皆によって検討されたのですが「もっと危ない」ということで取りやめでした

  • おおさわ より:

    そうです。オールドローラ経由の道Endeavour Battlecamp Rd.です。オールドローラの少し東でかなり広い河原があって、我々の時も膝くらいの水がありましたし、かなり東では、もっと深いところがあって、我々も立ち往生しかけました。この時期では、まず無理だと思います。
    旅行記の続き、楽しみにしています。