ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


AAK Nature Watch 2号車 2017年03月31日

コメント4件 “AAK Nature Watch 2号車”

  • nao より:

    じゃあ夕べ5歳と一緒に見たyoutubeは1号車?2人で揺れてはしゃいでしまいました。長旅、安全運転で☺︎

  • kuma-taro より:

    そういえば、、前に、インコの北限?南限?目指して
    クサインコや桃色インコを見せてくれたツアーん時は
    何キロ走ったのですか?ってむかしすぎる話ですね、、、
    遠くの山が立ちはだかる壁みたく見えた、ような、、記憶の混濁かな?

    インコがイワシ並みに群れ飛ぶ姿を見る夢はまだ捨てちょりません
    いづれよろしくです。

    オーストラリアすげぇって話を日本でする時に
    とにかくまっすぐ走れる距離が半端ない
    「日本だったら反対側(日本海側)の海に落ちる」とよく例えてます。

    • 太田 祐 より:

      往復で850kmですね。日帰りとしてはなかなかの距離です笑 
      でも年に数日はそんな日もあるかな?今年はセキセイインコもオカメインコも結構来てます。もし都合がつくなら一泊2日ツアーに来てください。それはご招待という形で経費のみで結構です。

  • kuma-taro より:

    (T▽T)感涙♪
    うん、、ぜーったい行く、、、

コメントをする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)