サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    メルボルン周辺6日間バードウオッチングツアー

    メルボルンバードウォッチング

    成田からカンタス航空の直行便や日本航空が毎日飛んでいる大都市メルボルンは、州単位ではオーストラリア最多の野鳥種数を誇っており、ケアンズと並んで探鳥の盛んな地域でオーストラリア野鳥の会が本部を置いています。乾燥林ではサンショクヒタキ、ノドアカサンショクヒタキ、キボシホウセキドリ、ホウセキドリ、チャガシラハチマキミツスイが、冷温帯林ではコトドリ、ベニマユキノボリ、キンショウジョウインコが、ナイトツアーではコガタペンギン、ススイロメンフクロウやオニアオバズクが、湿地帯ではヒメクロクイナやオーストラリアクイナ、ロウバシガンなど幅広い環境と野鳥が点在しています。3月-4月中旬と9−10月がオススメです。三日ほど日程に追加で余裕があればすぐ近くの島であるタスマニア島ツアーと合体させることもできます。あるいは行程を完全に変更し、オウム界の3トップの2つであるアカサカオウムとクルマサカオウムをみる内容にしたり、ムラサキオーストラリアムシクイを探す事も可能です。

    ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
    メルボルン バードウォッチング お一人様(二名様一室) A$1998

    *このコースはツアー(旅客運送業)ではなく、野鳥ガイド業務の提供です。お車は皆様にご用意、運転して頂く必要があります。もしくはご相談下さい。
    *最少催行人数を満たしている場合14歳以下は半額です
    *お一人部屋ご利用のケースでは1部屋につき$375追加

    このツアーで出会える野鳥たちの例

    • コガタペンギン
    • オニアオバズク
    • コガタペンギン
      オニアオバズク
    • ノドアカサンショクヒタキ
    • ホウセキドリ
    • ノドアカサンショクヒタキ
      ホウセキドリ
    • オーストラリアサンカノゴイ
    • タテフムシクイ
    • オーストラリアサンカノゴイ
      タテフムシクイ

    太田祐のここだけツアー最新情報

    その他にコシアカアレチムシクイ、オジロアレチムシクイ、ヒガシキバラヒタキ、エミュームシクイ、ルリオーストラリアムシクイ、アンナイドリ、アカクサインコ、ナナクサインコ、ジャコウインコ、オーストラリアトラツグミ、ハイイロフエガラス、キイロオクロオウム、スズミツスイ、フジビタイコバシミツスイ、ハイガシラミツスイ、アカミミダレミツスイ、キムネミツスイ、アカハラワカバインコ(檄難)、オーストラリアサンカノゴイ(難)、ハジロクロハラアジサシなど約半数がケアンズでは見られない鳥になります。フクロムササビ、コミミリングテイル、フクロモモンガ、コアラ、クロカンガルー、ウォンバットなどの有袋類も毎回記録されています。

    ツアースケジュール

    日 程 時 間 内 容
    1日目 各自メルボルン空港に集合(前夜に成田を発つ便で間に合います)
    終日 探鳥しながら移動していきます。
    ベンディゴまたはヒスコート泊
    2日目 終日 探鳥しながら移動していきます。
    セイモアまたはベンディゴ泊
    3日目 午前 探鳥しながら移動していきます。
    ナイトツアー(フクロウ類、有袋類、星空)を行います。
    ドロアンまたはワラガル泊
    4日目 終日 探鳥しながら移動していきます。
    ナイトツアー(ペンギン)を行います。
    メルボルンまたはウェリビー泊
    5日目 終日 一般立ち入り禁止の鍵がかかった保護区を中心に探鳥します。
    メルボルンまたはウェリビー泊
    6日目 メルボルン空港で解散(その日の夕方に成田へ到着可能)

    ツアーに含まれるもの

    *望遠鏡や衛星携帯電話を携帯し、救急処置の資格も持つ日本語野鳥ガイド
    *皆様の宿泊費
    *ガイドの宿泊費、食費、旅費
    *10%の消費税

    ツアーに含まれない主なもの

    *レンタカー代やガソリン、保険料
    *食事代、お飲物代(レストランにて各自お好きなメニューをご注文頂き、解散までにまとめてご清算下さい)
    *集合前、解散後の費用

    催行情報

    最小催行人数:大人2名様(3名様以上は割引がございます)
    最大催行可能人数:7名様

    注意事項

    ※通常のレンタカーは未舗装道路の走行や日没後の町以外区域の走行に制限を設けており、行動に支障が出る可能性がありますので事前によくお調べの上で手配されてください。
    ※スケジュールや順番は状況に応じて入れ替わったり変更されることがあります。

    現地レンタルも出来ます

    各種機材を取り揃えてあります。レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら