ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


バードウォッチングツアー報告 キングフィッシャーパーク&植物園 2007年05月02日

コメント6件 “バードウォッチングツアー報告 キングフィッシャーパーク&植物園”

  • kumata-ro より:

    付き添いの旦那も一時間?えらいな。
    解って付いてきていても不平がでたりするものだから、心配しちゃう。
    かわせみのダイブが生で見れるなんて素敵ですね。

  • willie より:

    いや、この時は別行動でした(笑)
    鳥好きにもいろいろで、食事風景なんかをのーんびり見つめていたい人や、とにかく種類数重視、または一枚でも多くよい写真が撮れればいい人とか様々。なかなか事前の問い合わせではそこまでわからないし、観察派と撮影派では進行速度も全然違うのでミックスになっていると難しい。

  • kumata-ro より:

    私はねぇ~、
    熱心に何かしてるのを見るのが好きかなぁ~(w

  • willie より:

    パプアソデグロバトっていうのが、がむしゃらにアレキサンドラパームというヤシの一種を食べててかわいかった。

  • シエス太 より:

    シラオラケットとインコ類が見たいのですが、キングフィッシャーパークでの宿泊は可能なんですか?

  • willie より:

    キングフィッシャーパークでは宿泊できますよ、というよりは本来は宿泊者専用です。
    全部で5室、避難小屋のような簡易部屋が4室と、定員は非常に少ないです。また、値段も4つ星ホテルくらいはしますね。キングフィッシャーパークは食事を付けるとかなり高いです(周囲には何も無いので付けざるを得ないケースも多いですが)