AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。


ダーウィンとカカドゥバードウォッチング

ダーウィンとカカドゥバードウォッチングツアー

オーストラリア北海岸のダーウィンやカカドゥ国立公園の名物はムナグロヤイロチョウ、ヒスイインコ、コキンチョウといった美しい固有種であり、同時に世界最大クラスの国立公園であるカカドゥ国立公園が見せる雄大な光景での探鳥でしょう。水鳥の数は圧倒的であり、ルリミツユビカワセミ、ヒメミツユビカワセミなどのカワセミ類もよく見られます。他にもマングローブクイナ、キンイロモズヒタキ、シロハラモズヒタキ、ミドリセンニョムシクイ、アカメシャコバト、チャバネイワバト、コキンチョウ、ズグロサメインコ、オグロキノボリ、コシアカショウビン、キバラメジロ、セアカミフウズラなどが期待されます。また近年はアカオオタカの営巣が見られることもあります。動物としてはイリエワニ、バッファロー、スナイロワラビー、コミミイワワラビーなどです。7月から10月がオススメです。

なお観察はまだどうにかなっても撮影が難しいマングローブクイナですが、スケジュールと潮の満ち引きがうまく合えば友人の釣り船で絶好のポイントに行くことができます。お早めにご相談下さい。サンプルコースは弾丸コースであり本当はあと2日は欲しいところです。3日伸ばすとアウトバックでの探鳥が可能になりオカメインコ、ホオグロオーストラリアムシクイ、ムジコキン、コモンチョウ、モンツキイワバトなども可能性があります。

ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
ダーウィンとカカドゥバードウォッチング お一人様につき A$1750

*このコースはツアー(旅客運送業)ではなく、野鳥ガイド業務の提供です。お車は皆様にご用意、運転して頂く必要があります。あるいはご相談ください
*お一人部屋ご利用のケースでは1部屋につき$400追加
*最少催行人数を満たしている場合14歳以下は半額です
*航空券やホテル代が時価のため、費用は多少変動することがあります

このツアーで出会える野鳥たちの例

  • チャバネイワバト
    アカメシャコバト
  • ヒスイインコ
    ルリミツユビカワセミ
  • ヒメミツユビカワセミ
    ズグロサメインコ
  • ムナグロヤイロチョウ
    ベニビタイヒメアオバト

太田祐のここだけツアー最新情報

過ごしやすいのは7-8月、シギチが加わるのは9月頃、11月以降はコシャクシギ、オオチドリ、ツバメチドリ、ハジロクロハラアジサシといった夏鳥が加わり宿が一気にオフシーズン価格へ突入するメリットがありますが、日中は50度に達する破滅的な暑さになってしまいます。

ツアースケジュール

日 程 内 容
1日目 各自ダーウィン空港やダーウィン市内宿泊施設に集合
  ダーウィン近郊を探鳥します。
  ダーウィン泊
2日目 探鳥しながらカカドゥ国立公園に移動していきます。
カカドゥ国立公園周辺泊
3日目 引き続きカカドゥ国立公園で探鳥します。名物のサンセットやサンライズ、ボートツアーやアボリジニ壁画群も楽しみます。
カカドゥ国立公園周辺泊
4日目 ボートツアーも楽しみ、午後はヒスイインコやアカオオタカ、コキンチョウなど狙います
  パインクリーク周辺泊
5日目 10時ごろをめどにダーウィンへ戻り解散です。

ツアーに含まれるもの

*望遠鏡や衛星携帯電話を携帯し、救急処置の資格も持つ日本語野鳥ガイド
*皆様の宿泊費
*4−5日目の朝食
*ガイドの宿泊費、食費、旅費
*野鳥観察ボートクルーズ2回分

ツアーに含まれない主なもの

*5日間のレンタカー代やガソリン、保険料
*カカドゥ国立公園入園料
*集合前、解散後の費用
*4−5日目朝食以外の食事代、お飲物代(レストランにて各自お好きなメニューをご注文頂き、解散までにまとめてご清算下さい)

催行情報

最小催行人数:3名様(4名様以上は割引がございます)
最大催行可能人数:7名様
2019年9月頃にも催行予定があります。太田は12回目のダーウィンとなります。

注意事項

※通常のレンタカーは未舗装道路の走行や日没後の町以外区域の走行に制限を設けており、行動に支障が出る可能性がありますので事前によくお調べの上で手配されてください。ノーザンテリトリー州のレンタカーは走行距離にも制限があり、カカドゥまで行けば必ず超過します。道路の制限速度は130kmに達します。

現地レンタルも出来ます

各種機材を取り揃えてあります。レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら