ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


まだいた! 2008年05月30日

コメント7件 “まだいた!”

  • marumaru より:

    堂々のターポンじゃないですか^^坊主なし記録が羨ましいw
    好調のロッド早く直してバンバン記録をのばしてくださいねw

  • possum より:

    こりゃ素晴らしいターポンだ!
    というか、
    「まだいたのかっ!?」
    深場に落ちたと思ったら、ベイトが寄ってるのかもね。
    さーて、そろそろ私も動かないとね。
    ターポンの全盛期になればまたフライフィッシングで楽しめそう。

  • willie より:

    金曜の夜で人がいっぱい居たから取り囲まれて沢山写真を撮られた。。「これはどこのメーカーのなんというルアーだ?」とかも。
    皆釣れてなくて暇そうだったし。中には、私のタックルボックスを勝手に開けて写真をとる人まで。で、皆周りでルアーを投げ出す。
    場所やルアーのせいじゃないよ。腕だって。
    (言い切った!)
    ターポン、夏に良くつれたのが55cm-65cm位だったから一回りでかくなってるよねぇ?ムナビレ、ハラビレ、シリビレ、尾びれ全部立派になってるし。
    セブンイレブンはドック入りさせないと。

  • D.O.D より:

    素晴らしい魚ですね!
    夜になると本領を発揮(?)するんですか?
    私はケアンズでは数回夜釣りをしましたが、ジグヘッドにスレがかりした1.7m程のウツボしか釣れませんでした。
    明日の夜から朝にかけてパームコーブへ釣りに行くのですが、何が釣れるんでしょうか?アドバイスなど頂けたらと…

  • willie より:

    D.O.Dさん、メールしました。
    そして、情報提供ありがとうございました!

  • D.O.D より:

    メール確認しました。
    ありがとうございました。
    暗い内はターポン、イカ狙いで、夜明け後に回遊魚待ちでやってみようと思います。
    連中の事は知っています。
    あのトレーラーを初めて見た時は圧倒されました。そしていつかビール分けてくれないかな、なんて思ってます(笑)。
    過去2回、連れには大物がヒットするんですが私はボ..で…
    後にいい報告が出来るよう、頑張ってみます。

  • willie より:

    夜通し釣りとは素晴らしい!私一度もやった事無いです(汗)possumさんがよく知ってると思うけど、私は平均3時間で帰宅してしまいます。というか彼もそうです。
    トレーラー軍団、凄いですよね。あれは日本の釣り師が見たら…
    なんだ、その餌の大きさは!(50cmの魚まるまるとか)なんだそのリールは!
    タックルと桟橋を荒縄で固定してるぞ!
    みたいな。
    いってらっしゃーい!報告を待ってます!