ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


夜のルアー岸釣りの会 2008年04月24日

コメント6件 “夜のルアー岸釣りの会”

  • possum より:

    いやー良かった。良かった。
    本当に良かったね^^
    ただ残念と言えばわずか2、3週間で釣れる魚達がガラリと変わってしまったこと。前の状態だったら、ターポン祭りでびっくり仰天な経験が出来た事だろうし、でっかいバラも来る可能性も高かったんだけどね。
    まぁそれはまた次回ということで!
    marumaruさん、また遊びに来て下さいね~^^
    さて、willieさん、太刀魚は本格的なシーズンになってきたよ。
    今夜ふらっと近くの港に行ったんだけど、10匹あげました。まだまだ釣れたんだけど途中で帰らなくちゃいけなくて切り上げたけど、
    太刀魚のやる気はマジでした!
    いやー、ルアーを追って、水面に水しぶきをあげるわ、ルアーを加えて空中に跳ね上がるわ、
    ありゃ、本当に太刀魚か!ケアンズの太刀魚は宇宙から飛来した別の生物か!
    と、思えるくらいでした。
    なので、スローな動作だとすぐに飽きられるので、速めの動作でリアクションでほとんど食わせましたよ。
    それと面白い事がありました。
    そこは水深1m~2mのシャローなんだけど、たまにぼんやりした太刀魚がいて、手前に(水平姿勢で)ぷかーと浮いてくるのでそこでルアーを動かすと良く釣れました。
    そして、最初、あれ、マングローブの種が流れてきたかな?おかしい、大きすぎるなぁ、と思ってたら、
    太刀魚が水中で立った姿勢のまま、流されてきてたよ(笑)。
    んで、ルアーを通したら、飛び上がって食付いてくれました。
    日本の太刀魚は水深がそれなりに深い場所の底の方で、立った姿勢で餌を待っているのですが、ケアンズの太刀魚は、浅瀬で立ったまま流されているようですよ^^
    しかも、鼻を水面に出しながら(笑)。

  • willie より:

    お、意見が割れましたね(笑)
    私の経験では、早く動かすとルアーが通り過ぎた後の場所にがばっ!ルアーの20cm横にがばっ!で乗らないというかなかなかかすらないのでとにかくゆっくり動かすようにして、止めて、追いつかせてあげる(笑)
    しかし、その夜の状況を聞くといよいよ冬のようですね。タチウオもいいんだけど、やはりバラやターポンのようなパワーファイターがいい!ということでいつものとこに懲りずに行ってきましたよ。
    結果、一投目でバラかターポンか、50-60cmの影がルアーの真下まで出てきたよ!
    でもそれで終わった。潮が変わるタイミングとかにも期待したけど二度目は無かった。ありゃー完全にルアーを見切ってるね。すれてきたね。
    餌釣りの人々はみんなウキや風船を付けてたくさん小型のサメを釣ってました。ひょっとしてタチウオ狙い?そういう季節なんでしょう。

  • possum より:

    まだタチウオの本格的なシーズンじゃないので、水温が若干高めということもあって、活性がにぶいのかもね。
    そういう時はスローがいいかも。
    でも昨夜はベイトの影響で活性が上がってたのかもね。水面を割って飛び出してでもルアーを追いかけるタチウオには驚いた。
    昨夜も、クィックなのとスローなのと、それとルアーを変えながら、スレさせないようにしてみました。どちらも基本的にはOKでした^^特に、やる気があるというか、運動神経が高い個体は、ちゃんと早い動きにリアクションバイトしてくれるんだけど、トロイ奴は(笑)食いきれないので、ルアーがいなくなると水面から飛び出して、めちゃくちゃ怒ってたので(笑)、そこにゆっくりルアーを通してあげるとちゃんと噛み付いて来ました^^
    5月目前で、夏のバラの活性があがる水温から、冬の魚のタチウオやクィーンフィッシュ、GTなどの適水温に変わりつつあるね。
    昼間なら水温も上がるのでバラはまだまだいけるけど、夜釣りはもうきびしそうだね~。といっても、絶対ダメじゃないとは思います。
    あと、夜釣りで風船の人は、謎ですね。おそらくバラがメインだと思うなぁ。タチウオは「大物釣り様の餌」と思ってるオージーが多いので狙ってるわけじゃなさそう。なので、バラなのか、サメなのか、それともビール飲みに来ただけなのか^^
    これから冬にかけて朝方なら、マッカレル(サワラ)を狙いに来る人が増えそうですね。それこそ、風船だらけにあそこはなりますよ^^
    もちろんルアー投げて狙う人もけっこういます。
    そういえば、あのオークション中も「このロッド(リール、ルアー)はマッカレルに良い」なんてしきりに司会者が言ってたね。もう群れが回り始めたかなぁ。

  • marumaru より:

    先日は本当にありがとうございました。釣れなくても夜空をみながら釣りをしてるのも楽しかったですが、1匹なんとか釣れて(釣らせていただいて)とても貴重な体験ができました。willieさん、possumさん、本当にありがとうございました。
    また伺った時にでも宜しくお願いします。しっかり修行しておきますので・・
    しかし、場所も変えずに釣り方を変えただけで1投目で釣れるもんですねぇ^^

  • willie より:

    風船、随分並んでましたけどね。釣れるのは小型のサメばかり。
    GTでもクィーンフィッシュでも、大きな奴を釣りたいですね?タチウオだと、悲しいかなセブンイレブンはほとんど曲がらないです。藻が絡まったくらいの感覚。でも、不思議とノリがいいんですわ?。使い始めてから今までターポン、バラマンデイ、タチウオ、アタックはあったけどかからなかったということは何と、一度もなし!ゆっくり動かしてるという事もあると思うけど。
    冬の間はスピニング+ワームを開拓しようかな。レイズアウトドアでバークレイがワゴンセールになってたから買いましたよ。しかし、ゲーリーが無いのは残念。あのメーカーだけでワームの釣りは何の不自由も無いのに。

  • willie より:

    オーストラリア初フィッシュおめでとうございました!下げ潮は本当に良くないので、もうちょっと開始時間が早ければまだ釣れたと思います。魚種が多いので、なにが来るかわくわくしておもしろいですよ。
    岸からのルアーはまだ未開拓ですからね、今年はいろいろトライしてみますよ。