ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


双眼鏡あれこれ 2007年05月06日

コメント6件 “双眼鏡あれこれ”

  • kumata-ro より:

    うわ、、25万円!!
    美容師さんのはさみも高いし、その道の人のそれなりの道具って・・・
    25万、何につかうかなぁ~

  • willie より:

    うーん。スワロ…。欲しいかも。http://www.swaro.jp/index.html
    今のシュテイナーでも問題はないんです。双眼鏡は自分だけが使うものだし、お客さんに覗いてもらうスコープの方が優先かな。でもスコープってツアーのとき以外は使わないし、ツアーでも熱帯雨林の中とかではほとんど出番はない。うーん困った。

  • willie より:

    あ、買い物以外でなら25万円でレディエリオット島かウェイパに行く。

  • よしか より:

    25万あったら、もっかいケアンズに行く~。
    現地では大変お世話になりました。
    もうすんごく楽しかったです。
    いろいろと考えて準備をして下さったwillieさんに感謝します。
    もしかしてこの前の記事に書かれた早朝起きになってしまったのはうちらのせいかしら。

  • willie より:

    よしかさんおかえりなさーい。こちらこそありがとうございました。こちらも、〜したほうがよかったかな?とかいろいろ反省があって気にしてました。楽しんでいただけたのなら何よりです!
     早起きはまた別の件で、「一番鳥が沢山いる時間にあわせて出発にして下さい」といわれたので半分冗談で「では朝の5時ですねー」なんて言ってたらほんとにそうなった(汗)

  • willie より:

    (※07年10月 フィールドスコープは82mmの大口径へアップしました。)
    双眼鏡はいろいろ高級機も手に取ったけど結局シュテイナーのままです。