ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


ヒナを拾わないで 2007年05月28日

コメント2件 “ヒナを拾わないで”

  • kumata-ro より:

    先輩が、昨日庭で水遣りしようとしたら野鳥に襲われたって。
    ミミズくわえてたから、多分庭のどっかに雛が落ちていて、そこに餌を運んでるんぢゃないかって言ってた。
    夜中に懐中電灯つけて水やったって。
    他の小動物に襲われなきゃいいけど・・・

  • willie より:

    猫とかイタチとか。
    子育ての際に親鳥が運ぶ餌の量は凄いらしいですよ。ペンギンの仲間では巣から転がり出た卵をもう自分の卵と認識しないやつもいますが、親は大変です。