ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組・書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)、700Club(オーストラリア鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ、アジア人初)などに所属。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地にペットのインコ1羽と暮らしている。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


チラゴー・フィンチ調査ボランティア(後編) 2018年03月15日

コメント4件 “チラゴー・フィンチ調査ボランティア(後編)”

  • 高橋 より:

    3月12日にお世話になった高橋です。
    たくさんの野鳥が見れて感激しました!
    それに息子の忘れ物も届けていただき、ありがとうございますm(_ _)m
    あの後に40年ぶりの発見があったとは凄いですね。
    僕も翌日ケアンズの浜辺でカワセミを見つけました…が、なんだかよくわかりません(汗)
    本当に刺激的な1日をありがとうございました。

    • 太田 祐 より:

      先日は有難うございました。
      実はこのHPの更新は実世界よりも半年遅れていて、今更新中の内容はだいたい昨年10月から11月頃の話です。雨季(1月から4月)になるとそれほどフィールドに出なくなるのでだんだんHPが追いついてきますが、乾季となる5月以降は写真のストックが増える速度が更新を大きく上回ってしまいます。

  • クマ太郎 より:

    この世のものとは思えない!朝焼け。
    毒蛇やクロコダイルにはこの美しさは解らない。
    解らないんぢゃなくて、日常だから気にも留めないのかな?
    いづれにせよ、大したことぢゃないよ!!!

    インコだ!インコだ!かわいいなぁ。
    インコ飼いたいなぁ。

コメントをする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)