AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。


タスマニア12固有種と海鳥ウォッチングツアー 四泊五日

タスマニアと海鳥バードウォッチングツアー

タスマニア島にはその面積や高緯度からすれば驚きの12種類もの固有種が暮らしています。その中でも大きなイヤリングをしているようなキミミダレミツスイや突撃ラッパのような変な声で鳴くクロフエガラス、そして可愛らしいミドリホウセキドリなどは人気です。美しいサンショクヒタキ(バナー写真)や近い仲間のノドアカサンショクヒタキやセグロサンショクヒタキ、絶滅危惧種のオトメインコ(夏の渡り鳥)にも是非会いたいものです。

またタスマニアのような高緯度地方の短い夏において楽しんでおきたいのは南極系の海鳥観察です。終日船をチャーターし、最大6種類のアホウドリ類、モグリウミツバメ、マダラフルマカモメ、ヒメクジラドリ、ヒメアシナガウミツバメ、 メグロシロハラミズナギドリ、ノドジロクロミズナギドリなどこの海域以外なかなか見る機会の無い海鳥やオットセイやイルカクジラ類が期待されますが、船が苦手な方は別の行程も可能です。

なおタスマニアではペンギンやミズナギドリの塒入り上陸が自然な形で観察もできます。ウォンバット、ベネットワラビー、アカハラヤブワラビー、ヒガシシマバンディクート、フォレスターガンガルーなど豊富なほ乳類も魅力です。数名様お誘い合わせの上ご検討ください。

ツアータイプ 料金タイプ ツアー料金
タスマニア固有種と海鳥ウォッチング お一人様(二名様一室) A$1995

*14歳以下は半額です
*お一人部屋ご利用のケースでは1部屋につき$200追加

このツアーで出会える野鳥たちの例

  • ワタリアホウドリ
    アカビタイキクサインコ
  • キミミダレミツスイ
    コビトペンギン
  • オトメインコ若
    ハジロアホウドリ

太田祐のここだけツアー最新情報

本文で触れている以外では、オリーブハチマキミツスイ、ズグロミツスイ、キノドミツスイ、タスマニアオグロバン、タスマニアヒタキ、アカビタイキクサインコ、タスマニアトゲハシムシクイ、クリイロヤブムシクイ、メジロヤブムシクイ、ムナジロウ、オーストラリアシロカツオドリ、キイロオクロオウム、ルリオーストラリアムシクイ、ズグロチドリ、ニオイガモなどがいます。35羽しか生存していない絶滅寸前のアカハラワカバインコを見に行くアレンジも可能です。本当に、もう本当に見られなくなりますよ。2018年12月の旅行では全固有種12種を含む野鳥約120種と哺乳類11種を記録しました。

ツアースケジュール

場 所 時 間 内 容
1日目 16:00頃 タスマニア島ホバート空港に集合(カンタス航空関空便)
午後 ホバート周辺で探鳥
      タスマン半島付近泊
2日目 終日 漁船をチャーター、海鳥観察船を開催します。
ナイトツアーを行いほ乳類やフクロウ類を見に行きます
      ホバート泊
3日目 午前 ホバート郊外で水鳥、山野の鳥を探鳥します
午後 各地で探鳥しつつブルーニー島へフェリーで移動
     ブルーニー島泊
4日目 終日 私有地を現地案内人付きで午前探鳥、午後も島内各所へ
ナイトツアーを行いコガタペンギンやハシボソミズナギドリ帰巣を見に行きます
     ブルーニー島泊
5日目 午後 フライトまでの最後の探鳥、ホバート空港にて午後解散
      ※これらはコース一例でカスタム可能です

ツアーに含まれるもの

*望遠鏡、衛星携帯電話を携帯した日本語野鳥ガイド
*ミニバスまたは4WD
*海鳥観察用の漁船チャーター費
*皆様の宿泊費
*私有地の使用料 複数回
*ガイドの宿泊費、食費
*カーフェリー代
*10%の消費税

ツアーに含まれない主なもの

*初日の集合前までの費用および最終日解散後の費用
*お飲物代

催行情報

最小催行人数:大人5名様(7名様以上は割引がございます)
最大催行可能人数:10名様

注意事項

ケアンズからのフライトや漁船チャーターが時価のため参考価格にて算出しています。正確な金額はお申し込みをお預かりさせて頂いた後にお知らせ致します

現地レンタルも出来ます

各種機材を取り揃えてあります。レンタル機材一覧をご覧になりたい方はこちら