AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在739種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)


    メールアドレス (必須)


    題名


    メッセージ本文




    ご返信には平常時で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。また例年5月から12月にかけては繁忙期となり、この期間にいただくお急ぎでない内容のお問い合わせにはご対応まで2−3週間を要することが多くなっています。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    自宅兼民宿ジョンストンベンドとは?

    ジョンストンベンドキャビン

    カテゴリー‘オーストラリア野生動物探訪旅行の記録’

    アイアンレンジ旅行記 5-6日目 夜襲

    2008年07月17日
    我々以外誰もいないアイアンレンジ初の夜。これまで20名のツアーと二晩、大騒ぎ軍団と一晩過ごしたのでとっても今日は静か。キャンプはこうではなくてはならぬ。テントのすぐ裏にケープヨークメロミスが出てきた。一昨日ちらっと林縁で見かけたけどすぐひっこんでしまったし、この手の生き物は撮れなくて普通なのでラッキー。 フリーズしてくれたおかげでしっかり見られた。 あと、バンディクートにもここらへん固
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー4?5日目

    2008年07月15日
    クックスハットキャンプエリアがすごい人達に占拠されてしまい、夜の動物探しは道路に出て行なった。それでもちゃんとブチクスクスを発見。これで到着以来3晩連続。クスクス遭遇率100%。フル装備の動物ガイドが二人だもん。 キャンプエリアに戻ると宴が続いた。というよりは遠くからでも聞こえたけど。あれだけのキャンプを設営し、幼児3人を連れて一泊だけってことはないよね。明日は早めに脱出しよう、と寝袋に潜り込んだ
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー4日目後編 なんてこった…

    2008年07月14日
    ゴールドンクリークキャンプエリア裏をずんずん歩いて行くとクリークに出る。望遠しか持ってなかったから写真がないけど、そこそこ幅の広いクリークに木漏れ日が放射状に差し込み奇麗。テリヒラハシなんかが水辺をうろうろ。あぁーいいなぁ、と思ったらここもゴミが...。 なぜこういう所にゴミを捨てられる?たき火をして食事をし、そのまま帰りましたという感じで缶詰や銀紙や、もうそのまま残されていた。昨日のチリビーチと
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー4日目前編

    2008年07月13日
    二日間、クックスハットキャンプエリアで一緒になったツアー軍団がいよいよ出発。写真は積み込みをしている所。うう、この4WDトラック欲しい。家にする。 彼らは、今日は「アーチャーリバーロードハウスを目指す!」と言っていた。目指すって、すぐそこじゃん...。だんだん分かってきたけど、このツアーが活動するのは1日あたりせいぜい3時間程度で後はフリータイムになっている。でも、20人もの人達がわずか100m四
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー3日目午後

    2008年07月11日
    結局早朝からお昼過ぎまで歩き続けテントへ帰着。ツアー軍団のトラックが無く、どこかへ出かけている模様。この辺には観光的なものは何もないはずだから海にでも行っているのかも。 お昼下がりは鳥も少ないので我々もランチを済ませた後は車で周辺を少し回ってみようと言う事で、キャンプエリアの前の道をずっと進むと、熱帯雨林が後退を始めどんどん乾いた感じになってくる。ディンツリー以北のように、海岸線ぎりぎりまで熱帯雨
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー3日目午前

    2008年07月09日
    昨夜の大騒ぎから一夜が空け、空が明るくなり始めた頃にテントから這い出る。お湯を沸かし、スープとパンで朝食にする。アイアンレンジはケアンズから1000km以上北にあり、赤道に近づく分多少暖かいのか半袖Tシャツの上からフリースを羽織るくらいで朝も夜も問題なかった。用心して、手袋やニットの帽子、マフラー、キルトのジャンパーをひとまとめにして"ザ防寒セット"として車に積んできたけど結局一度も使わず...。
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー2日目ーアイアンレンジ到着

    2008年07月08日
    アイアンレンジ国立公園に入ったかどうか位ですぐ横断中のハリモグラを発見。妙に黒光りしている。ケアンズ周辺では夜間に遭遇する事が多いけど人や車が少ないせいか、カンガルー島でもここでも日中にどうどうと活動してる。しかし動物/バードウォッチャーガイドの二人の前を通ったのが運の尽き。 びろーん。 (ちゃんと逃がしましたよ...) 続いてゴアナも出現!茂みの中に追いつめたけど最後は上手く巻かれた。 い
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー2日目ーアイアンレンジへ

    2008年07月07日
    せっかくだからスゥイートウォーターキャンプ地を朝に少し探鳥しましょう、と前夜話してたけれどやはり早くアイアンレンジ国立公園へ到着しないと落ち着かないのでキャンプを撤収し素早く出発する事に。まぁ、またケアンズへ帰る時にも通るし。 キャンプ地から何十キロか走ると鳥宿として一部のマニアに知られているロータスバードロッジを通過。二人で二泊すると$1000かかるという事であっさり断念したところだ。ロータスバ
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー1日目ーレイクフィールドへ2

    2008年07月07日
    レイクランドから先は道路が未舗装となり、砂塵を舞い上げながら赤土のオフロードを走る。たまに対向車とすれ違うと砂煙で前が見えなくなる。アボリジニの壁画があるスプリットロックの岩場の近くを通りローラの集落を抜け、いよいよ幹線道路であるペニンシュラデベロップメントロードからはずれレイクフィールドへ向かう。だんだん道路状況が凶悪になってきて、川越えが連続する。 川底の様子を探るchiemomoさん。
    全文を見る»»

    アイアンレンジ旅行記ー1日目ーレイクフィールドへ

    2008年07月06日
    10日分のギアを車に積み込む。 何しろ飲料水から持参するような場所だし、大型のカメラやスポットライト、レンズやバッテリー各種などで1gでも軽く、という登山をやっていた私的にはとんでもない量の荷物に見える。しかし!いや、それはまた今度書こう。手間取って約束の時間に遅れつつchiemomoさん邸を経由しとりあえず二人分の荷物を積み込んだ図。特に打ち合わせはしてないのでツールなどを共有すればもっと減った
    全文を見る»»