サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在727種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、インバウンドオペレーター認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘日記’

    牛達が普通に道路に出てきてます

    2005年12月17日
    オーストラリアの道路には肉牛、乳牛などが普通に出ていることがある。乳牛は時間になると自分たちで搾乳場へ移動してくるし、肉牛は道路沿いの種を食べさせるために意図的に敷地から外に出しているケースもあれば、アクシデント的に飛び出してしまったやつもいる。
    全文を見る»»

    リンクのお願い

    2005年12月15日
    ケアンズEye!はリンクフリーです。どのページでもお好きな様にリンクして下さい。特に連絡も不要です。相互リンクも募集しています。(よろしければバナーに)ケアンズの情報が多くの方に共有される事をWillieも願っています(著作権を放棄するという意味ではありません) 相互リンクに付いてご注意...ケアンズEye!へのリンクが削除されたり、長期間にわたって更新が停止したブログ、相互リンクをお受けした
    全文を見る»»

    ヒクイドリに注意

    2005年12月15日
    国立公園で見かけたこの看板。もしヒクイドリに出会ってしまった場合の対処法が説明されている。1、とりあえずそーっと後ろに下がる。2、ついてきたら上着とかで盾を作りつつ更に下がる。 飛べない大型の鳥ヒクイドリは草食だけど何かあれば力が強い。何年か前ケアンズの南イニスフェルにて少年が襲われて死んでしまった事もある。 撮影場所;クレーター
    全文を見る»»

    ケアンズEye!リンク集

    2005年12月14日
    バナーやスクリーンショット 名称 管理人からひとこと ケアンズEye!Picasa webアルバム ケアンズEye!を構成する何千枚もの写真を時系列に一覧でき、ケアンズEye!本館では既に廃止されたコメント機能がある。 ケアンズEye! 自然史書店 ケアンズEye!が選定するオーストラリアの動物系書籍を集めたバーチャル書店。 株式会社ワイバード ワイバードは日本唯一のバード
    全文を見る»»

    ケアンズでデモ

    2005年12月13日
    ケアンズ市内中心部にて。得意先回りをしていたら交差点にパトカーが猛スピードで侵入して中央で停車。なんだなんだとみていたら全方向の交通を止めだした。つづいて旗を持った人達が車道を行進してきたのだ。政治経済に全く無関心なケアンズの人もデモをするのか、と見ていたが何のデモかさっぱり分からない。写真には先住民アボリジニの旗の様なものが写っているが行進している人はアボリジニではないし。なんだったんでしょう
    全文を見る»»

    ケアンズ営業時間

    2005年12月13日
    ケアンズのお店は祝日になると観光客相手の店以外はほとんど閉まってしまう。法律で、 休日出勤をすれば労働者に2倍の給料を払わないといけませんから。 上の写真は祝日に営業していた店のレジ横に貼ってあった紙。なになに? 「祝日なので代金に15%の祝日料金が加算されます」 うーん。 追加情報 日付 場所 その他 ただ、ケアンズでは毎週木曜日が「レイトナイトショッピングデー」となっており
    全文を見る»»

    ケアンズ式引っ越し

    2005年12月13日
    ケアンズの家が高床式なのは湿気から守る為だけではない! 家ごと持ち上げて引っ越しが可能。以前そんな移動中の家が交差点で挟まってしまい、大渋滞を起こしていました。 目を疑いました。 追加情報 日付 場所 その他 こういう家を「クイーンズランダー」と呼びます
    全文を見る»»

    びっくりした

    2005年12月09日
    誰一人いない不思議な緑地を散歩していたら…クロコダイルの模型を発見。実際に生息しているだけに怖い。何度も遭遇した事あるし。 撮影場所 イニスフェル
    全文を見る»»

    チースフルーツ

    2005年12月07日
    仕事でちょくちょく行く観光農場で、ちょっと変わったフルーツ(?)に であった。写真のやつ。名前はチーズフルーツ。 チーズというよりニンニクみたいだが…。 食べてみて納得。 確かにチーズの味だ。
    全文を見る»»

    ワッフル

    2005年12月07日
    ケアンズ植物園のストロベリーワッフル。 ケアンズ植物園は花の写真を撮る為に時々行く場所。そこの 売店が作っているワッフルがおいしいと教えられ、早速食べに行ったら、 植物園はオープンしていたが売店は既にオーダーストップの時間だった…。 むむむ。 日を改め二度目の挑戦。 そしたら向かう途中、車のエンジンが火を吹いて断念。なんてこった…。 日を改め三度目の挑戦。 ついに食べました(泣) おいしかったで
    全文を見る»»