サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数が780種)。多くのTV番組や書籍制作にも関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。

レンタル機器ボランティア活動オーダーメイドツアーメルマガ

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

カテゴリー‘日記’

雨季もそろそろ

2006年04月27日
長雨で運休していたキュランダ列車、26日までの予定が30日まで延期。 パロネラパークは5月1日より再開。 雨季もそろそろ終わりです。
全文を見る»»

サイクロンモニカ

2006年04月21日
また来ています。この間のサイクロン「ラリー」の爪痕がいえない中、サイクロン「モニカ」がケアンズの北700km付近に上陸予定。この一週間、雨が降りに降っているのもそのせいか。 (20日午後時点の様子) キュランダ列車は26日まで運休が決定。 キャプテンクックハイウェイもバロン側が氾濫し、ケアンズースミスフィールド間が通行止め。 迂回路が大渋滞で、パームコーブー空港間が車で一時間半かかり飛行機に乗り遅
全文を見る»»

4月20日

2006年04月21日
郵便局から、不要になったものを日本の実家に送りました。20kgまでなら同一料金のプリペイドBox。調べた中では一番安かったです。($240) 「見たもの」「ニュース」更新しました。
全文を見る»»

図書館

2006年04月21日
動物や植物の図鑑を調べに時々図書館に足を運んでいた。買うと高いし、重いし、荷物になるので嫌なのです。荷物はぎりぎりまで少なくいたい。 先日ケアンズの図書館のメンバーになってきた。メンバーになるには運転免許証(クイーンズランド)と金融機関のカード2枚が必要。DVDやCDも借りられる。貸し出し期限は3週間。一度に10冊まで借りられ、メンバーは制限付きながらも、インターネットの無料利用も可能。日本語の
全文を見る»»

西の魔女が死んだ

2006年04月18日
『西の魔女が死んだ』を読んだ。  三分の1位まで読み進めてもさっぱり話が読めてこないのは、タイトルと実際の物語のギャップだろう。(これは一体何の本だ?と)。でも物語の最後の最後で、カタカナで書かれた二行でに強烈な衝撃を受けた。 こういうところ、私に欠けているもの。私が知らない「いいもの」だろうな。
全文を見る»»

イースター終わり

2006年04月17日
明日から休みが終わり、町が動き出す。正月あけのように。いろいろたまっている用事を済まさないと。 「ニュース」追加しました。「見たもの」更新しました。
全文を見る»»

フィッツロイ島マンション

2006年04月17日
ケアンズの沖合の国立公園のリゾートフィッツロイ島。現在はツアー会社であるRasing Thunder社が所有しているが、かねてより話題だったリゾートマンションの建設が開始。第一期は49部屋が分譲されるとの事。
全文を見る»»

新作チップス

2006年04月17日
プリングルスの新作。「トマト&モッツァレラ」ピザみたいな感じ。なかなか。
全文を見る»»

イースター休みです

2006年04月17日
イースター休みです。たまたまキャンプ場の横を通りかかったら、オージーの家族連れが大勢キャンプしていた。雨ばっかりなのに…。 「見たもの」更新しました。
全文を見る»»

バカの壁 養老猛司

2006年04月15日
『バカの壁』 養老猛司 をよんだ。日本ですごく売れた本だということは知っていた。しかし。教授系の作家の著作はどうしてこうも癇に障るのだろう。内容も別にどうと言う事はない。 タイトルのゴロが良いのかな。
全文を見る»»