サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいて唯一の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、TV番組や書籍、各SNSなどを通じ最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在737種。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めており、豪国内でも広く知られている。豪永住権やバスツアー事業認可、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の自宅兼民宿【ジョンストンベンドキャビン】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年に有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される。ジョンウインター博士が2009年から行ってきたキタフクロムササビ調査を継承。QPWS(クィーンズランド州政府 野生動物・国立公園管理局)に職務番号および現役の従業員ID番号も保有。

YouTube AAKチャンネル登録

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

    活動応援のため寄付ができます

    寄付

    カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

    コシグロペリカンはケアンズ海岸の人気者

    2007年06月04日
    変なカオのコシグロペリカンは、ケアンズの干潟で年間を通じて確認できまる。こういった、動物園にいそうな鳥が野生で普通に見られるのもとてもいい事ですよね。 学名:Plecanus conspicillatus 英名:Australian Pelican   昔、ケアンズにはペリカンおじいさんと呼ばれる人がいて毎日バケツに魚を入れてペリカンにあげてた。そのうちペリカン達はおじいさんが街の方か
    全文を見る»»

    オーストラリアミヤコドリ

    2007年05月12日
    先日ジェームスクック大学のフィールド動物調査のお手伝い(お邪魔?)をしてきた。途中4時間程空き時間があったので一人山を下りてバードウォッチングをしてきました。行き先はハーフムーンベイとレデンアイランド。 ハーフムーンベイは驚いた事に満水だった。まぁ、灌漑池だから急に増減水があっても不思議ではない。シギチやカモ類がとても少ない時期なので大したものは会えないだろうという先入観があって車の中からざ
    全文を見る»»

    ヒメミツユビカワセミ

    2007年05月09日
    3日前カメラを持っていなくて悔しい思いをしたのでちゃんと撮ってきました。ヒメミツユビカワセミです。 管理人はケアンズでバードウォッチングのガイドをしている他に、旅行代理店での勤務も長く、ご旅行の総合的な手配やご案内がワンストップで可能です。どなたでもお気軽にご利用下さい。ご依頼/お問い合わせ
    全文を見る»»

    バードウォッチングツアー報告 キングフィッシャーパーク&植物園

    2007年05月02日
    バードウォッチングツアーでキングフィッシャーパークへ行ってきました。  今日のお客様はご夫婦。鳥好きな奥さんと、興味がない付き添いの旦那さん。メールで問い合わせをもらった時にはそこまでわからなかった。「あちこちは行きたくない」との事だったのでキングフィッシャーパーク一本で。水鳥や乾燥帯の鳥が抜けてしまうけど、あまりリストには興味はない方のようだ。  早朝にケアンズを発ち、より道なしでキングフィ
    全文を見る»»

    オオリュウキュウガモ

    2007年05月01日
    表情豊かなオオリュウキュウガモの3兄弟。後ろにいる太い足の持ち主はカササギガンだ。 オオリュウキュウガモについて、一番触れたいのは彼らの鳴き声。鴨であればグワっとかガーといった声を想像するけど、実際はチーチーとヒワみたいな小鳥の声で小さく鳴く。その声が英語名の元にもなっている。昼間はじっとしている事が多く、潜って水草を盛んに採るのは主に夜だと言われている。 カモ目 カモ科 学名: Dendroc
    全文を見る»»

    ズグロトサカゲリ

    2007年04月16日
    スグロトサカゲリです。ケアンズの超普通種。市内でも頻繁に見かける鳥でほとんどの場合芝生や草地を歩いている。樹上や建物上にいる姿はまず見ない。ケリ特有の「ケケケケ」という声は同じで、縄張り意識が強く近づくと威嚇される。場合によっては向かってくるので、鳥に興味のない人でもだいたいこの鳥の事は知っている。普段は羽毛に隠れてるけど、肩の辺りに翼角と呼ばれる爪のようなものがある。 学名: Vanell
    全文を見る»»

    レンジャクバト

    2007年04月11日
    レンジャクバトといいます。漢字では連雀、鳩。冠羽が特徴的。オーストラリア全域に生息し、比較的日当りの良い開けた場所を好む。芝生の上を歩いているのもよく見る。独特な雰囲気の野鳥だけど、冠羽を指で隠してみて下さい。 学名: ocyphaps lophotes 英名:crested pigeon 冠羽を隠してみました? そうすると至って普通のハトですよね! 管理人は
    全文を見る»»

    デジスコ

    2007年03月12日
    デジスコとはバードウォッチングなどに使われるフィールドスコープとデジカメを合体させて通常ではあり得ないような超望遠撮影を行うシステムです。もちろん、超望遠撮影が必要なのは世界で野鳥ファンかパパラッチくらい。一部の愛好家グループから始まったデジスコは、現在ではかなりメジャーなものになって来ています。  どれくらいの望遠になるの、というと私の持っているやつで光学140倍ズーム(5000mm)くらい。
    全文を見る»»

    キバラタイヨウチョウ

    2007年03月07日
    キバラタイヨウチョウは、オーストラリアにたった一種のタイヨウチョウ科の鳥。ハチドリのような小鳥で非常に小さい。自然の中というよりは、緑地や庭先などで見つけやすく、人家の廻りによくこのような巣をかける事で知られる。写真のやつは餌を待っている雛ではない。あまりの暑さにもうろうとしている母親の方。 スズメ目: タイヨウチョウ科: 学名:Nectarinia jugularis 英名:Yellow
    全文を見る»»

    ハイムネメジロ

    2007年02月26日
    <画像差し替え> ハイムネメジロです。メジロに比べて、肩から腹にかけて灰色をまとっている。特に、背中側が灰色な点は日本のメジロと大きく異なる点。言うまでもなく、メジロは目の周り(アイリング)が白いことが語源だけどこのハイムネメジロは英名silver eyeという。(学名 Zosterops lateralis)着眼点は似ているけど、微妙なずれが面白い。  この一枚は、キングフィッシャーパー
    全文を見る»»