ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘ケアンズバードウォッチング’

やっぱり南部型ズグロトサカゲリ?

2008年05月31日
ここのところ日中に潮が動かない月回りだったので久しぶりに仕事帰りにエスプラネードを散歩。波打ち際にいたズグロトサカゲリ。前も書いたけど、やはり普段見るVanellus milesではなくクィーンズランド州には基本的にいないオーストラリア南部のNovaehollamdiaeの方に見える。前回は幼鳥っぽかったので保留したけど、Vanellus milesはどの段階でも黒い襟は入らないという事なのでN
全文を見る»»

アジサシなど

2008年05月28日
"この船は我々が頂いた" ここはミコマスケイ。人間より鳥が偉いのだ。
全文を見る»»

キリハシミツスイ

2008年05月15日
珍鳥情報をもらってターフファームという所に出かけてみた。見たのはカバイロハッカ、ツチスドリ、チョウショウバト、チャボ、ホロホロドリ、ベニカノコバト...いや、もう止めよう。 アシナガツバメチドリは?ムナオビトサカゲリは!?コシャクシギは...!?くそー。という事で在庫から。 キリハシミツスイ。ケアンズ周辺だとマランダ一帯で見かけるけどそれほど多くはない。なかなかおしゃれな感じで重ね着をしているよ
全文を見る»»

猛禽があちらこちらに

2008年05月13日
ハヤブサが執拗に補食のため飛び回っていた。ハヤブサは確かに早いがゴシキセイガイやモリツバメも負けてはいない。スピード感溢れる空中戦は見ている間ずっと続いた。時には高度2m位で。カメラ?もってなかったけど、あの早さを撮れる技術も機材もない。 しばらくするとシロガシラトビも参戦。みんな大変だ。 空中戦をよそに、その上をセイタカコウが最近よく羽を休めているのを見る工場の方角に向かってぱたぱた飛んでい
全文を見る»»

ペリットを吐き出すフエガラス

2008年05月09日
追加情報 学名 Stepera graculina 英名 Pied currawong 和名 フエガラス 時と場所 5月 アサートン高原ミラミラ 管理人はケアンズでバードウォッチングのガイドをしています。お気軽にご利用下さい。お問い合わせ
全文を見る»»

オーストラリアチョウショウバト

2008年05月06日
L19cm?と極小のハト。それでも誰が見てもハト的な特徴を備えたオーストラリアチョウショウバト。ハワイ等に分布するチョウショウバトと区別するため"オーストラリア"が付く。アイリングが青色で奇麗という声と間近で見ると顔が青いのは可愛くないという声に別れる。 ケアンズでは公園のベンチやオープンカフェの残飯チェックをしている姿もよく見るけど本来は森の地面を群れでとことこ歩いて種子等をついばんでいる。
全文を見る»»

ヒクイドリ

2008年04月25日
釣りをしていたら、ヒクイドリが現れた。体高は175cmにもなり、ダチョウ、エミューについで大きな飛べない大型鳥類。残り1200羽とも言われ、ケアンズ周辺の自然の象徴とも言うべき存在。森林の開発や交通事故などで数は更に減少が続いている。ミッションビーチの辺りでは運転手に注意を促す大きな道路標識が沢山立っている。食べ物はフルーツや種など。 サキシマハマボウの実を...。 んがっ。 チャンスだ
全文を見る»»

バードウォッチングツアー 4月記録

2008年04月17日
←メールで送っていただいたシラオラケットカワセミ幼鳥。12倍ズームコンデジでの撮影。 ツアー、というよりは"ちょっと来て下さい"といった方が正しい表現のような2時間程度、しかもエスプラネードにて。過去にもバードウォッチングでケアンズには来ているとの事で、分かりにくいシギチドリについて案内してほしいとの事。まぁ、何とか。 種類は多くはないけど、4月になってもエスプラネードのシギチは数はそこそこい
全文を見る»»

アオツラカツオドリ

2008年04月14日
日本でも小笠原海域等で稀に記録されるアオツラカツオドリ。ケアンズでも数は多くないけどミコマスケイや洋上で時々見られる大型の海鳥。カツオドリ同様、魚を発見すると水中に飛び込んで補食するけど、時には100m上空から垂直に落下し、数メートルに達する程潜水。カツオドリのグループは翼の先端、尾の先端、くちばしがいずれも尖っているので飛んでいる時は手裏剣のような形状に見える。 「飛べ、飛べ!」と念
全文を見る»»

病のカバイロハッカ

2008年04月08日
これはまた随分かわいそうなカバイロハッカ。これだけはげてしまうとだいぶ印象が違いますね。 何が飛んでるのかと思った。 カバイロハッカはオーストラリアにもともといた鳥ではなく別名インドハッカともいわれる通りインドパキスタン付近の野鳥。1800年代中頃にメルボルンへ、後になって北部クィーンズランドへ主にサトウキビにつく害虫駆除目的で人為的に移入された。けど彼らは畑よりも市街地での生活を好み、大
全文を見る»»