サイト内検索

AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう Yu Ota
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド・野鳥研究家。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。オーストラリア産鳥類リストは外国生まれとしては驚異的な現在725種(代表的な図鑑の掲載総数でも780種)。多くのTV番組や書籍にも裏で関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に当時若干36歳で加入する。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務めている。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用ライセンス、救急処置資格、衛星携帯電話、海外添乗員資格なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。2020年4月、有名会計事務所から『ケアンズ随一のビジネス』と評される(私信)。

YouTube AAKチャンネル登録

自宅兼宿 ジョンストンベンドとは?

Twitter / 太田祐 公式ツイッター

月一メルマガとレンタル情報

レンタル機器メルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。

カテゴリー‘ケアンズ動物’

水生昆虫

2007年08月04日
河原の石をひっくり返していると、結構いろんな生き物がくっついている。彼らの隠れ家であり、えさ場又は狩猟の場でもある。いろいろな水生昆虫を捕まえては、自宅でミニアクアリウムを作ると楽しい。以前、大きなゴミバケツに水を張り水草を育ててタナゴ数匹を放ってみた。よほど条件が良かったのか、時々蒸発した分の水を足してやるだけで、バケツの中では完全な生態系が完成。餌も与えず掃除もしないのに20匹程まで増え、か
全文を見る»»

キタケバナウォンバット

2007年07月31日
久しぶりに仕事で動物園に行ったら、夜行性のウォンバットが珍しく日中から動き回ってた。しかもよく見れば、おなじみのヒメウォンバットではなくて絶滅臨界種のキタケバナウォンバットじゃないの。あれ?前からいたっけかな? 学名:Lasiorhinus krefftii 英名:Nortern Hairy-nosed Wombat 和名:キタケバナウォンバット 丸太の上を行ったり来たりウロウロ。
全文を見る»»

オオフクロネコ

2007年07月26日
かつてはオーストラリア中に分布していたとも言われるオオフクロネコ。可愛い瞳と牙のギャップが凄い。現在では東海岸中南部に残っているのに加えて、例外的にケアンズの西アサートン高原の一部山岳地帯で生き残っている。数が減って来ている肉食系有袋類の一種。オウムやフクロギツネ(ポッサム)やバンディクートまで食べる。独立種とする事があまり無くなってきているディンゴを別とすれば、オーストラリア在来種としてはオオフ
全文を見る»»

シロカネグモ

2007年07月18日
の仲間。普通だったら絶対気がつかないだろう。たまたま座った目の前の草にくっついていたからわかった。猫じゃらしの茎に"まっすぐになって"張り付いていた。 学名:Leucauge 英名:Net Spider 和名:シロガネグモの仲間 アシナガグモ科シロガネグモ属 こんな感じで。で、歩く時は"まっすぐに"前と後ろに伸ばしている手足を左右に開いて普通のクモのように歩く。シロカネグモの仲間は刺激を受
全文を見る»»

ヒメカブト

2007年07月09日
ケアンズが真冬の今(7月)カブト虫の話題を。年間通じて気温の変動幅が小さい為か、ケアンズでは年中その姿を見る。 まあどこにでもいると言えばいるんだけど、郊外のガソリンスタンドとかで夜に店の窓ガラスとかにその周辺によくうろうろしてる。頭角(額の位置の角)も胸角も先端が二股に分かれること以外の外見は日本のカブト虫に似てるけど、捕まえたりすると「しゅ?っ!!」と、昆虫らしからぬ大きな音をたてる。
全文を見る»»

ハリモグラ

2007年07月04日
地球で、かものはしと並んでわずか二種類しか存在しない哺乳類単孔目のハリモグラをちょっとだけ捕まえました。動物探検ツアーなんかやっていると時々出会う。足は遅いので逃走を諦めたハリモグラが丸まって身を守ってる。アスファルトでなければ、地面に沈み込み防御する。いつもながら、不思議な動物だ。 一応、かものはし同様後ろ足に蹴爪という武器があるんだけどハリモグラの場合退化していて実用ではない。そのかわ
全文を見る»»

名前の分からないもの

2007年07月01日
撮影場所:ミラミラフォールズ
全文を見る»»

Two-lined Dragon (Diporiphora bilineata)

2007年06月26日
これはTwo-lined Dragonというトカゲで、ノーザンテリトリー北部からケープヨークにかけて分布します。英名や学名で検索してもほとんど情報がない所を見ると、珍しい種類なのかも知れません。過去二度出会った事があり、どちらもデイビスクリーク国立公園でした。 三枚目の写真をご覧下さい。明らかに頭の色が異なります。この時はケアンズ野鳥の会の面々も一緒だったのですが、あれだけの生き物大好き
全文を見る»»

オオハダカオネズミ

2007年06月21日
樹上から私に何かをぶつけた犯人、オオハダカオネズミです。カーテンフィグツリー国立公園にて夜の11時頃遭遇。ネズミと言ってもかなり大きく30cmはあり、木登りがうまい事もありライトで照らしてみるまではポッサム(フクロギツネ)でもいるのかかと思いました。 学名:Uromys caudimaculatus 英名:Giant White-tailed Rat 和名:オオハダカオネズミ 写真ではわか
全文を見る»»

サバクアマガエル

2007年06月16日
名前とは裏腹に、熱帯雨林の中を通る道路脇で発見しました。一応詳しい人に見てもらったんだけど間違いないようです。体色はかなり変化するカエルで、日本のカエル通販サイトでは5800円(税込み)。多分もう入荷する事はない珍種、となっていた。グミみたいな体がおいしそうです。 学名:Litoria rubella 英名:Little red frog 和名:サバクアマガエル
全文を見る»»