ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘ケアンズ動物’

オニグモの仲間

2009年04月08日
オニグモの仲間、Garden Orb-weaver(eriophora transmarina)。直感的に「やばそうだ」と思った通り毒蜘蛛で、噛まれると激しい痛みがあり且つ詳細はまだ不明という嫌な感じのやつだ。 ネットに陣取っているのは夜間だけで、日中は葉の陰に隠れている、毎朝ネットを掃除する、獲物があまりかからないなぁと思うとよく引っ越しをするなど、割合控えめな行動。 オーストラリア東部
全文を見る»»

イエアメガエル

2009年04月01日
クツワアマガエルはよくベランダに来るけど、初めてイエアメガエルが遊びに来た。熱烈歓迎。 柔らかく冷たい皮膚の感触がたまらない。このカエルも日本ではファンが多い。 まんざらでもないご様子。壁にくっつけてあげたら、灯りに寄って来たガを食べていた。 追加情報 学名 Litoria caerulea 英名 Green tree frog 和名 イエアメガエル 時と場所 3月 自宅ベラン
全文を見る»»

カーペットニシキヘビ

2009年02月08日
夜の森を歩いていたらおよそ1.5mくらいのカーペットニシキヘビを踏みそうになった。普通、人間が気づくより先に逃げていくけど、何かを消化中らしく動けないようだった。 ツアーガイドとしての条件反射で、捕まえなきゃ!とツアーでないときも思ってしまうのが困る。 追加情報 学名 Morelia spilota 英名 Carpet snake, Carpet python 和名 カーペットニシキ
全文を見る»»

ボイドモリトカゲ

2009年02月01日
昔も紹介したけど、イメージ通りの光が射していたので。ボイドモリトカゲ。オーストラリア北東部、ケアンズ周辺の限られた熱帯雨林に生息。発達したクレスト(トゲトゲ)が古代生物を連想させ、とてもフォトジェニックなトカゲ。実際、爬虫類ファンやショップでは憧れの生き物になっている。時期と森によっては普通にいるけど、むらが大きい。 コンデジで撮れる程低い所にいる事も多い。また、あまり動かない。そんなに上手く
全文を見る»»

Carlia rostralis

2009年01月18日
ケアンズの北クックタウンから、南はタウンズビルにかけての地域で確認されているCarlia rostralisか。自切の後らしきものが見える。脇腹が鮮やかに色づくスキンクは、ケアンズ周辺でもC.longipesをはじめとして数種類いる。 このウィルソンの写真図鑑で見る限りC.longipesは眉線も喉側面も白くなく、過眼線もなく頭部はほぼ無地に見えるのではっきりとC.rostralisだな、とい
全文を見る»»

コガネグモ

2009年01月11日
【写真追加】クモの巣の中で十字架を描くクモとして知られるコガネグモの仲間、St.Andrews Cross("聖アンドリューの十字架")。凄い名前がついいてる。25種類程いるらしいけど写真でも名前の元になった一際太くて白い帯(カクレオビ)の二本が確認できる。必ずしも四本で十字になるわけではなく、二本のままだったり五本になったりもする。 名前の印象とは裏腹に、ケアンズでは庭先でも高原でもいろいろ
全文を見る»»

リュウキュウムラサキ

2009年01月02日
よく生きているな、という程ぼろぼろに痛んだリュウキュウムラサキ。人間の腰程度の高度をひらひら飛んでいるのをみる。特に雨期の午前中等は、それまでどこにいたのかしらと思う程わらわら飛んでいる事もある。写真は淡色型の♂の方だけど、♀は実に6種類もの型がある。 学名:Hypolimnas bolina 英名:Varied Eggfly 和名:リュウキュウムラサキ こちらもぼろぼろな別個体。まだ傷は浅い
全文を見る»»

ガランピ(ルリ)マダラ

2009年01月01日
【写真差し替え】フォーマルな配色で美しい。 学名:Euploea core 英名:Common crow 和名:ガランピ(ルリ)マダラ 一転して、幼虫は派手だ。 オーストラリアを代表するチョウ図鑑。フィールドに持っていくのはためらわれる重量ながら、これさえあれば蝶マニア以外は必要ない。製本もしっかりしており、印刷も奇麗
全文を見る»»

クツワアマガエルその3

2008年12月27日
これもベランダに。どこかの図鑑の表紙のように狙ってみた。けどダメだ。あまり熱が入らない。 おっと失礼。 クツワアマガエルはもういいかな。。
全文を見る»»

ベランダに来た昆虫2

2008年12月18日
バッタやカマキリ、カエル以外にも電気を付けているといろいろベランダにやってくる。 接近してみたり。 これは何だろう。 何かに襲われたようで虫の息です。まだ越して来てひと月程度なので、今後もいろいろ現れると思われる。
全文を見る»»