ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、救急処置資格、衛星携帯電話なども保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 

ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


カテゴリー‘ケアンズ動物’

クマバチとコシブトハナバチ

2009年10月16日
腹のシマシマが大変良く目立つコシブトハナバチの一種が飛んでいた。 学名:Amegilla spp 英名:Blue-banded Bees 一緒にいたのはおなじみクマバチ。 学名:Xylocopa spp 英名:Carpenter Bees
全文を見る»»

ニジトカゲの仲間

2009年10月12日
かなり派手に婚姻色が出ているCarlia pectoralisの♂だと。 もっと接近したのにオートフォーカスがフォーカスリミット(6m以上)が掛かっているのを忘れてて、ピントが来ないなぁ?あれー?とやっているうちに見失ってしまった。
全文を見る»»

チャイロクロフチジャノメ

2009年10月09日
局地的にいっぱいいるチャイロクロフチジャノメ。海近くから1000mを超える所までいろいろな環境で見る。地表低くを飛んでいる事が多く、地面にも良く降りる。 光の加減で分かりにくいけど下面は上面に比べずっと色が薄くなり、上面には左右一つずつの蛇の目が下面では2つずつある。
全文を見る»»

ウスイロコノマチョウ

2009年10月01日
恐ろしく擬態が巧いので飛ばない限りわからないウスイロコノマチョウ。これでもなるべく浮き出るように精一杯撮ってる。 雌雄で翅の色彩や模様が異なるのはふつうだけど、コノマチョウの仲間は羽化した時期によっても色彩や模様が大きく異なってくる事で知られる。これはこちらで言う夏産まれ型の♂。冬産まれ型はもっと色が全体的に薄く、目玉模様も幾つかあり全く別種に見える。日本の南西諸島に分布しているウスイロコノマ
全文を見る»»

泳ぐヘビ(淡水)

2009年09月27日
水面を泳ぐヘビ。見てると、結構次から次へ湖面を泳いで対岸に渡っていく。水面に出ている部分がほとんどないので分からないが、ヤマカガシ系の淡色型? さすが長いだけあって後方に置きている水流は結構なものだ。水深数メートル以内の魚類の側線には楽に届いていると思われる。それでいて、そんなスピードで泳いでいてブルシャークやバラマンディ、スーティグランターとかに喰われないのかなぁといつも思うけど、今の所ヘビ
全文を見る»»

ユビナガコウモリとオーストラリアユビナガコウモリ

2009年09月09日
鳥を探しに森ヘ行ったらかすかに遠くからキッキ鳴く声が聞こえるから辿っていったらオーストラリアユビナガコウモリの塒を発見。30匹くらい。よくもまぁ自ら好んでこんな狭い狭いじめじめした隙間に。彼らは一時期毎日のように観察していたので思い入れがある。 学名:Miniopterus australis tibialis 英名:Little Bentwing Bat 鳥見だったので外付けフラッシュがなく
全文を見る»»

トビリングテイル

2009年09月03日
通称"ゴリポッサム"ことトビリングテイル(ポッサム)。ケアンズ周辺の固有種。有袋類の中では珍しくライトを浴びると虹彩が写真のように黄緑っぽく反射する。コゲチャリングテイルと同じく標高の高い熱帯雨林にのみ生息し、全身真っ白な固体もいる。真っ白のやつは絶滅が疑われてるけどローカルの間ではまだちらほらと未確認な目撃がある。混同するような相手も思いつかないのでまだ居るんでしょう。 学名:Hemibelid
全文を見る»»

コゲチャリングテイル

2009年08月29日
和名と見た目が一致しないコゲチャリングテイル(ポッサム)。(中には全身が黒っぽいのもいるんだけど) この写真のやつみたいな配色の固体はマニアの間では通称「パンダポッサム」と呼ばれている。「ペンギンポッサム」でもいいと思う。他のポッサムの多くと同じく主にアサートン高原の標高の高い熱帯雨林のみに分布。物の本では海抜350m以上が必要となっているけどどうかなぁ。ぱっと探しに行ってぱっと見つけるにはもっと
全文を見る»»

フクロモモンガ

2009年08月18日
何故かこういう場所には昆虫類が現れずフクロモモンガが来る。そういえば、マホガニーフクロモモンガとかオブトフクロモモンガは出てるけど一番一般的なフクロモモンガをまだ載せた事が無かった。 学名 Petaurus breviceps 英名 Suger glider 和名 フクロモモンガ 夜行性。花粉や蜜を主食にし東海岸全域から北海岸地方、タスマニアに広く生息、面白いのは乾燥帯でも深い熱帯雨林でもどち
全文を見る»»

まだコウモリ【ダスキーカグラコウモリ】

2009年08月08日
オーストラリア北部に分布するダスキーカグラコウモリ。彼らの分布の南限はあまりはっきりしていない模様。 学名:Hipposideros ater 英名:Dusky Leaf-nosed Bat カグラコウモリの仲間にしてはそれほど耳が尖っていないので分かり易い。湿った環境を好み、飛行スピードは遅め。実はこの赤茶色タイプは本来ダスキーカグラコウモリの中で少数派のはずがここ(私有地)では...。
全文を見る»»