AAK代表プロフィール

太田祐

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組や書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。アジア人初の700Club(オーストラリア産鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ)に所属。Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)会員で、オーストラリア野鳥の会が長年行なっているセスジムシクイ類調査の調査リーダーや運営委員を務める。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可、衛星携帯電話など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地【ジョンストンベンド】で野鳥や動物を見つつ暮らしている。本人の写真はいずれもHP更新時期だった2008年頃。

ボランティア活動撮影・コーディネイト・講演依頼オーダーメイドツアーメルマガ

人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

Twitter / 太田祐 公式ツイッター


お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。僻地に長期いる際はこのウェブサイトのトップページ右下Twitterでお知らせしております。何度も送信をされませんようお願いします。


ケアンズの魅力

lp_image

lp_image

ケアンズは日本と時差はわずか一時間、直行便が毎日利用でき、治安がよい英語圏の先進国であり気分的にも体力的にも金銭的にも非常にアクセスしやすい海外だといえます。南緯17°の亜熱帯に位置するケアンズは、温暖な南太平洋と内陸の乾燥帯に挟まれた特異な地理/気象をもち2つの世界自然遺産を誇ります。WET TROPICSと呼ばれる世界最古の熱帯雨林が一つ、沖合には世界最大のサンゴ礁地帯かつ現在世界最大の海洋保護区「グレートバリアリーフ」が二つ目となります。そんな潤った自然も、一時間ほど内陸へ向かえば果てしなく続く直線道路、赤い土、荒涼とした世界に一転します。

lp_image

lp_image

オーストラリアで確認された鳥類は900種を超え、生態系が多様なのはいうまでもありません。しかも、オーストラリアの固有種は実に250種を超え圧倒的な固有種率です。固有種というのは普通1つの国に数種、10種もいれば多い方なのですよ。

想像されてみて下さい。現存する地球最古の森を。そこで何を見る事ができるかを。想像されてみて下さい。たった幅60mの州のようなところに、多いときは30000羽ものアジサシや軍艦鳥がひしめいている南半球最大の海鳥の繁殖地を。見届けましょう。スズメほどの大きさのトウネンが、シベリアから日本を経てケアンズまで渡ってくる姿を。「世界一美しいカワセミ」シラオラケットカワセミの飛翔を。ヤイロチョウやアサヒスズメの色彩を。1.5mを超える巨鳥、エミューやヒクイドリの迫力と、彼らの持つ威厳を。

lp_image

lp_image

ケアンズでのバードウォッチングの大きな魅力は種類や数が多く、しかも南国ならではの美しい種類が多く、そして鳥と人が「近い」こと。日本で時々あるような、200m300m向こうの鳥を双眼鏡で必死に除いて観察するようなことは必要ありません。一般的に治安は良好で、英語圏で、水道水もそのまま飲め、宿泊施設も整っている為に途上国を訪問するときのような余計な心配がありません。時差が無く、直行便も豊富ですので3-4日の限られた時間でも訪問できます。

(太田祐は東アフリカ、コスタリカ、カンボジアでもツアーをしていますが、このあたりに置いて正反対です)

lp_image

ケアンズ周辺は広大なオーストラリア大陸の中でも最も鳥類が豊かな事に異論を挟む人は居ないでしょう。陸地面積日本の21倍という大陸全体で確認されている種類のうち、ケアンズ周辺で確認されている種類はほぼ半分に上り、24時間で約245種類観察というオーストラリア記録もここで出されています。

lp_image

lp_image

lp_image

lp_image

lp_image

慣れない地での個人探鳥を行なえば必ず生じる取りこぼし、誤認、運転、地理、言葉、習慣の不安も全部解消。この地域は非常に鳥が多いです。鳥が多いからこそ逆にガイドが必要で、ガイドなしで同じ成果を上げようと思えば二倍三倍の時間がかかり費用もむしろ高くなるでしょう。オーストラリアの人口密度は世界最低レベルに低く、フィールドは途方も無く広大なのです。

lp_image

現地情報誌への連載からジェットター機内誌まで。

太田祐の豊富な知識や写真、文章のスキルはタウン誌や国際線機内誌上などでも発揮され、特に連載”フィールドノート”は自主的に辞めるまで数年の連載期間中、非常に高い評価を集めました。

lp_image

人気のオースアリア / ケアンズ ブログ紹介!

lp_image

 野鳥や植物、動物の話題を中心にしたブログはほぼ毎日更新され、トータルで3000以上の記事、9000枚以上の写真数を誇り日々増え続けています。この分野で最大級のブログともいわれています。

lp_image

lp_image

lp_image

 太田祐はこれまでにオーストラリア国内で700種を超える野鳥を観察しています。それも史上3番目の若さでの達成とされており、アジア人初の功績です。このホームページはほぼ一日置きに更新され、トータルで現在3000以上の記事、9000枚以上の写真がアップロードされており日々増え続けています。それを15年続けられるでしょうか?この分野で最大級のブログともいわれ、その上で株式会社ワイバードのフェイスブックを更に毎月10回更新する程の余裕があります。ネタが切れる事がないのは頻繁にフィールドに出ているからに他ありません。太田祐がオーストラリアの自然観察に費やしてきた時間は膨大なもので年間の走行距離は5万キロを超えます。これまで積み上げたオーストラリアでの探鳥経験は2000日を超えます。それもレジャーとしてではなく、厳しく結果が求められる業務としての2000日です。オーストラリアは毎年降水量のブレが激しく、山火事も日常的に繰り返され、従って好調な探鳥地も毎年移り変わるので古い情報をもとに探鳥しても実りは多くありません。

lp_image

  株式会社ワイバードは日本でほぼ唯一の、そしておそらく最も活発なバードウォッチング旅行会社です。ワイバードではガイドは鳥の知識は当然として、それよりもむしろ高いカスタマーサービスを重視する事はよく知られています。「鳥に詳しいだけの奴なんていくらでもいるからな」と最初に言われたことを忘れません。 太田祐はワイバード主催のオーストラリア関連ツアーをほぼ一手に受託して十年以上になり世界中の多く居る現地野鳥ガイドの中でも、特に高い評価を得てケニア・コスタリカ・カンボジアなど第三国への添乗も依頼されていることは太田祐の高いホスピタリティ精神を証明しています。移動中の車内では、選りすぐりの知的な面白い話をお届けします。

lp_image

  ガイド中にガイド自身が一眼レフでバシバシ野鳥撮影をする事についてどう思われますか?ワイバードにはいませんが野鳥ガイドの世界では散見されます。太田祐は”公式なガイド中は自分の為の行為をすべきでなく、ガイドに集中すべきだ” と考えています。公式なガイド時には三脚と望遠鏡を必ず携帯しています。望遠鏡も持たず、代わりに自分のカメラを持っているというのはもう全然ガイドではないと思います。

lp_image

  このサイトに使用されている9000枚以上の画像からもお察しいただけるかもしれませんが、野鳥撮影は太田祐の趣味です。光線条件や”絵になる場所”を考慮したご案内を無意識にしています。欧米系のガイドにありがちな全然写真が撮れないような案内はございません。

lp_image

 有料の気象情報サービスと契約しており朝と夕方の二度の詳細な天気予報メールの携帯端末への受信の他注意報発生時はリアルタイムで携帯端末でメール受信し、雷や風速に関するレーダも含め詳細な気象情報・予報を収集し注意を払っています。

また僻地での経験や動植物の知識が豊富なことから、他の旅行会社や番組制作会社のアウトドアアドバイサーを務める事もあります。応急処置やオフロード運転、職業安全衛生の修了証を持ち、旅程管理者資格(海外添乗員資格)やツアーガイドの国家資格(Certificate Ⅲ in Tourism (Guiding) THT30902 )も保有しています。

ツアーに使用している車両は自家用車ではなく(それは違法です)タクシーや観光バスと同じように運輸局の審査や半年おきの車検をパスした正規の旅客運送業務用の車両です。AAK Nature Watchは観光バス会社でもあります。それらの安全性や社会的責任が自家用車とはいかに異なるかは、こちらをご一読下さい。

なお国外企業との取引額が一定以上に達している旅行業者は「インバウンドツアーオペレーター」の認可を取得する必要があり、オーストラリア国内のみで営業している旅行業者よりも一層の信用力を求められます。AAK Nature Watchはもちろんインバウンドツアーオペレーター認可を保有しており国際的な業務が可能です。

またオーストラリアでは年間売上高が7万5千ドルに満たないような副業レベルのビジネスは10%の消費税GSTの徴収や納付を免除されています。しかし消費税GSTが免除されているということは同時に、その仕事だけでは食べていけていない実力、信用にも乏しい状態である明確な宣言でもあります。AAK Nature Watchはもちろん消費税GSTを納付しておりツアー料金に含まれています。

lp_image

 よく管理された一流の機材や備品を使用しています。観察用具の他、通信機器や安全機材も充実しています。光学機器は防湿庫で適切に湿度管理保管されています。レンタルが可能です。また2016年8月から、メインの車両は新車のランドクルーザーにアップグレードされました。冷蔵庫や冷凍庫を備え「セダンで言えばクラウン」と呼ばれる最新で快適な静かな乗り心地をお楽しみください。無給油でも約1700kmの航続距離を誇り、数日のツアーでは一度も給油が必要ないのもメリットです。

lp_image

 オーストラリアの鳥類や自然史一般に関して豊富な文献と全国規模の人脈をもっています。過去相当な数のドキュメンタリー番組や雑誌制作に携わってきました。10年前には自分自身が「海外で活躍する日本人」として日本で30分番組になった事もあります(ぐっと!地球便)。オーストラリアを代表するような研究者達とも全国にアクティブなコンタクトがあり、サポートを受けられる体制を持っています。近年の実績をご参照下さい。

コウロコフウチョウの求愛ダンス

シラオラケットカワセミ

人気ツアーベスト5!

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアー

価格:
A$255

ケアンズ周辺にはマングローブ林、サバンナ、海岸林、硬葉樹林、淡水湿地林、低地熱帯雨林、高地熱帯雨林など多数の異なる環境があります。
それらの中から、その時期に状況のよい3〜4カ所を選び巡っていきます。
数も種類も豊富な野鳥、止む事のない歌声、派手な色彩、年中続けられる繁殖、三分の一近くが固有種、あまり逃げない鳥達、など世界有数のバードパラダイス【ケアンズ】の探鳥をご体験下さい。


ケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアー

価格:
A$1950

定番の海外探鳥地ケアンズ。Birder紙における「憧れの海外探鳥地投票」で二位に選ばれました。町にも森にも鳥が溢れ、姿や声が目や耳に入らない事など無い程の豊かな環境です。
山野にはワライカワセミ、アオバネワライカワセミ、モリショウビン、ヒジリショウビン、ナンヨウショウビンといった多くのカワセミ類、乾燥地帯にはハゴロモインコやアカオクロオウム、イチジクインコなどのインコやオウム類、水辺にはカザリリュウキュウガモやアオマメガン、セイタカコウといった派手で美しい鳥が多いのも特徴です。4.5日間でケアンズ周辺の主立った探鳥地を巡ります。


インコ・オウムスペシャルツアー

価格:
A$275

普段ペットショップや花鳥園で見かけるようなオウムやインコがケアンズ周辺には自然に暮らしています。このツアーではそういった鳥達の野生の姿や暮らしにフォーカスしていますので、バードウォッチャーでなくても飼育系の愛鳥家の方々にもお楽しみいただけます。日中は様々な場所で餌をとったり大空を飛ぶインコやオウムを観察し、最後は彼らの集団ネグラ入りを見学します。特定の目標やターゲットがあるかたは、他のご参加者がない貸し切りプランのご利用をお願いします。


カワセミ8種類スペシャル2泊3日

価格:
A$1450

ケアンズでの探鳥、とりわけ日帰りや2日間程度の短いツアーで悩むのがどの鳥をお見せしようかという事です。この地の固有種も大事ですが、南国らしく美しい種類、特殊な生態を持つ種類など選択肢は多くあります。このツアーでは特に写真派の方々の被写体として人気が高いカワセミ類に時間を集中します。ケアンズ周辺では9種類のカワセミが暮らしており、渡りをするものが若干いるため通常は最大で8種類をツアー中に記録できる筈です。雑誌Birderが「カワセミ天国ケアンズ」と記したその世界をご堪能下さい。


徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー


徹底ほ乳類! 一泊二日ツアー

価格:
A$495

ケアンズでは観光風の日帰りほ乳類観察ツアーが多くの旅行会社によって行なわれています。しかしそれらは観光やダジャレ、餌付けを交えたエンターテイメント的な家族向けのものであり熱心なネイチャーファンを本当に満足させるものではありませんし、ガイドの経験値や知識量もAAK Nature Watchとは比較になりません。この24時間ツアーは真剣なナチュラリストに最適です。
カモノハシ、カオグロキノボリカンガルー、キミドリリングテイル、トビリングテイル…


lp_image