ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


リトルサハラ、ラサミ保護区など:カンガルー島旅行記 2008年02月15日

コメント2件 “リトルサハラ、ラサミ保護区など:カンガルー島旅行記”

  • kumata-ro より:

    ばばば~~んと、コアラの写真を見て思った。パンダ要らない。
    そう、連想したの。
    豪州といえば、コアラ
    中国といえば、パンダ
    パンダ要らない。
    どこの国のどんな動物もまとめて上野で見れる。
    そんな便利は間違ってると思う。
    教育とかいうなら、いまどきTVやDVDでも見れる。
    確かに、TVぢゃキリンの大きさ解らない。
    直に観察すればまた違うことも学ぶけれど。
    ああ、くじらの話ぢゃないけど、どの程度ならいいって話も変ですね。
    結局、人間様の都合で不便かけます、すんません@動物達。

  • willie より:

    動物園ねぇ。
    野生動物探しは本当に面白いと思うけど、今更飼育されてるのをみてもなーんにも思わないだろうな。
    でもきっかけとしては大事な存在だと思いますよ。