ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


ディンツリーへ 2007年05月20日

コメント6件 “ディンツリーへ”

  • possum より:

    すごいなぁ。かなり満喫されていますね~。なんてうらやましいっ!
    (写真に出てましたが)僕はディントゥリーリバーを超えてちょっとの所にあるビーチが思い出深い場所です。
    よく何度も一人で、友人達を連れて通ったビーチです。
    魚もたくさんいると思うのですが今の所ロッドを出したのは一回だけ。
    なんか、不思議と無言で、木々の木陰でぼうっとしたいのですよね、そこ。
    水辺に行けば必ずロッドを出さないと気がすまない性分なのに・・・不思議な所です。

  • willie より:

    ビーチではどう釣ったらよいのかよくわからないんですよね…。バックグラウンドがバスのカバー撃ちなもので。possumさんはテリーと釣りに行った事があるみたいですがやはりディンツリー?

  • possum より:

    僕はテリーとは南方面ばっかりですね。
    プライベートなら問題ないけど、ガイドにとってデイントゥリーリバーはけっこう遠いので潮の動きにあわせて行動するのがけっこうしんどいと思います。
    それでもテリーはデイントゥリーによくお客さんを連れていってはいますけどね。釣り熱溢れるパワーある人なのでしょう。
    正解は(テリー)自分自身が大物を釣りたいから、というのは内緒ですが(笑)
    僕もプライベートでなんどかデイントゥリーリバーでボートフィッシングを(エサもルアーも)しましたが、やばいですね。魚を見付ければものすごいし、反面見付けられなければ全くいないのではと思うくらいです。
    日記にもありましたが、派手なスプラッシュが遠くの方であがり、(目測)50cm以上もあるターポンが飛んで逃げている光景は、「何がいるの?ここ!?」と少し恐怖を感じるシーンにも出会いますね。
    まぁ落ちたら泳げなくて死んじゃうよりも僕だったら怖くてショック死しちゃうかも・・・なぁんて^^
    ビーチでの釣りは、willieさんのお知り合いの(オージー)方がやる方法で、ビューン、ドガーン、バシャーン、バラゲッツ!の方法が素敵だと思いますよ~。あとでその方法で素敵(かもしれない)ルアーをご紹介しますね~~☆

  • willie より:

    ディンツリー川で釣りをした事はまだないですね〜。釣り竿の他にカメラと双眼鏡をもっていって違う所に目がいきそうです(笑)
    テリーのガイドも興味津々なんですが先立つものが…。まぁボウズになるよりはその方がいいんですけどね。
    ビーチフィッシングでは、例の仲間はメタルジグのノーアクション高速巻きで、それはもう回収?と思う程の巻きっぷりです。あ、ビーチでなくてもいつもそのスタイルでした。真似してみても全然釣れないし。
    ルアーってひょっとしてコ◯モ??

  • possum より:

    コ○モ!あいやっ!オシイけどなぜわかったんだろう!?
    メルボルンやシドニー周辺ならビーチでジグ投げて高速ただ巻き釣りするのはオーストラリアンサーモン(シャケじゃなくてサバみたいな青魚)が有名ですよね。
    フレーザーより南部のQLDだとテイラー(こっちも青魚)かな。
    QLD北部でそれをするとマッカレル(サワラ。こっちも青魚)を狙ってると思われるよね。
    んでもその方はそれでバラマンディ(青魚じゃありません)を釣るとは・・・。
    いちどお会いしたいですね!

  • willie より:

    コ◯モではありませんでしたか。でも、私もかなりルアーオタクなのでいい線はついてませんでしたか?コ◯モには可能性を感じて、一度日本へ帰国した時に買って帰りました。いろんなバージョンがあって大変です。
    で、結果は数頭目でロストという悲惨なものになりました(泣)