ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


X-RAP 2007年08月08日

コメント3件 “X-RAP”

  • kumata-ro より:

    ルアーしないから解らないけど、わりとロストするものですか?
    トランクに竿とルアーさえ入れとけば何時でも釣れる、と思ったけど。
    センスないから疑似餌はダメみたい。
    釣れない=投げ続ける=腕が上がらなくなった…

  • willie より:

    ルアーはつれないけどなんか面白いんですよ。
    ”ルアーを選ぶ”
    ”ポイントを1cm単位で狙って投げる”
    ”それを生きているように動かす”
    このプロセスが餌釣りの面白さに加わってますね。私の場合。

  • kumata-ro より:

    あはははは、、
    willieさんとpossumさんが色々語ってた、
    オージーの釣り、日本人の釣り、の話を思い出して笑っちゃった。
    >ポイントを1cm単位で狙って投げる
    1cm単位で、ってすごいね!
    そのこと自体にムキになってはまりそう。
    この頃やってみたいって思うんです。毛バリで釣るやつ。あ、フライって言ったっけ。
    納得のいく場所に落とせたら、それだけで満足しそう(w