ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


WANTED! 2008年05月03日

コメント6件 “WANTED!”

  • possum より:

    やっぱりストーンフィッシュだよね?これ?
    おいしい噂があるけど、猛毒の刺があるので、怖いけどね。
    しっかし、このイカルアー、かなり見た目もいけてる。
    フラットヘッド(マゴチ)ポイントをこれで開拓お願いします^^

  • willie より:

    うん、ストーンだと思った。
    ガルプが凄いのか、ストーンが凄いのか、この時点ではまだルアーもフックも見えてるけど写真を撮っているうちにうぐうぐ飲み込み始めた!釣り上げられているのに!
    針を外そう、と思ったらフックやイカが見えなくなっていてペンチで口をこじ開けたら喉の奥にどちらもつっかえてたよ。
    こら!返せ!と両手でボガグリップとペンチを使って何とか取り返しました。なんて奴だ。刺されそうで怖かった。
    刺されたら死ぬかもしれないし、動けなくなったりしたら今度は後ろからクロコダイルが…みたいになるかも。そう考えるとケアンズはすっごい怖い所だね。
    (バロン川河口にて)

  • possum より:

    そりゃ怖い!(笑)
    怖いという意味はもう一つあって、毒刺も怖いけど、陸に上がってまで魚が飲み込もうとするくらいのルアーの魅力!
    そりゃ当りなルアーかもよ?
    本当、良く出来てるイカルアーだね。
    あと、手作り感が出てるソフトルアーをお店で見たよ。中の液体がパッケージから染み出してたけど。とっても綺麗な出来栄えでしたよ。
    冬だし、ブリムも元気になってくるから、ソフトルアーを試すにはこれから面白い時期かも!

  • willie より:

    まだ居場所を探してる段階だから、ワームの釣りはスローなのでちょっと大変です。でもハードベイトより安定した結果がでるのは間違いないと思うよ。ブリムはどこにいるのか…。

  • possum より:

    ブリム。うーん、今度連れて行きます。あそこなら釣り実験が楽しめるはず。
    私も小さなポッパー持って行こうっと。・・・そうそう、釣具店で日本のクロダイポッパーが売ってたよ。これ、ブリム用として仕入れたのだろうか・・・。なんとなくフレッシュウォーターのルアーフィッシングで使うものとしてとりあえず仕入れた様な気がするけどね・・。

  • willie より:

    なんか各店で小さな小さなジャパンルアーが増殖してきてますね。
    やっぱりあれはブリマー用なんだろうか?需要があるんだろうけど、岸からのル
    アーマン自体あまり見かけないので何に使われてるかよくわからないですね。