ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


イカがルアーで釣れる 2008年05月09日

コメント11件 “イカがルアーで釣れる”

  • marumaru より:

    こんにちわ^^
    お久しぶりです。最近、以前にも増して絶好調の釣果ですね^^僕も日本に帰ってからと言うもの、何故か絶好調なんですよ。willieさんの呪いがはるばる日本にもきてます(笑) 先日、メバルが25匹ほど、翌々日にはシーバス4匹キャッチしました。ケアンズの釣りで何かを得たような気がしてます。また遊んで下さいね^^

  • willie より:

    呪い!?呪ったかな?
    シーバス、メバル、釣れてますね?。どちらの釣りも10代の頃にちょろっとかじった程度だけど、近年では凄い釣果ではないですか?なにしろ夜釣りでルアーでバラクーダをしとめた人ですからね(笑)
    ケアンズの岸釣りではテクニック(悟られないアプローチ、とか食わせテク、などなど)もまぁあった方がいいだろうけど、それ以上にベイトの層やら潮やら流れやら、自然を読む力の方が大事だと思います。日本程フィールドにプレッシャーがかかっていないですからね。なんとか口を使わせる、事よりは”見つけ出す”能力を数日で得たのでは?
    しかしmarumaruさんは聞き上手ですね。シークレットの事まで何でもしゃべってしまいそうです(笑)

  • marumaru より:

    シークレットの事・・次回伺った時にはもっとたくさん引き出せるようにテクを身に付けて行きます(笑)
    釣りのテクもそうですが、おかっぱりルアー釣りの楽しみ方を教わりました^^ willieさんの釣りのスタイルは理想的です。帰国後、密かにpossumさんの真似もして餌でぶっこみもやりつつルアーで探るってのもやってみましたけど^^慣れないと意外と忙しいんですよね。
    こっちでも最近あおりいかが結構釣れてきているみたいなので近々チャレンジしてみようかと思っています^^

  • possum より:

    ぶはっ!marumaruさん、そのうち今度はデッカイバズーカにタックルをいろいろ持ってくるだけでなく、投網もって日本からやってきそう(笑)。
    いや~楽しそうですね^^
    イカちゃん、あれから何度も姿を見てますね。でもまたふっとどこかに消える様に釣れなくなるんだろうね。
    しっかし、この前のタチウオ釣行、willieさんお見事でした。あの状況の中、確実に一つ一つしとめていったのは、まるでスナイパーの様でしたよ。
    細身のスレンダールアーもいいけど、ぶりぶりルアーもタチウオには良いんだろうね。
    活性の良し悪しで選択するルアーを変えていき、狙い通りに釣れた時こそ、まさにルアーフィッシングの醍醐味そのものですものね。
    素晴らしかったです!

  • willie より:

    >marumaruさん
    possumさんのやり方は気をつけた方がいいですよ。気がついた時には…。
    うおっ!?
    5.6フィートのベイトロッドがなぜ私の手元に!?
    みたいになりますよ。
    >possumさん
    そうですね、どんなルアーを投げても釣れるって時は最高ですが一方で、釣れない、これならどうだ!ってやって結果がでるのも至福のときですね。

  • possum より:

    超ハードなショートベイトロッドでの釣りを洗脳、いえ、広めております(笑)。
    と、いいながら最近タチウオタックルに、ハマリ中♪

  • marumaru より:

    possumさんに洗脳されないように気を付けます!っていいながら、possumさんに「カルカッタいいよ~、もってごらん♪」って言われて、帰国後、釣具店でしっかりカルカッタ見てきちゃいました^^; 今回はリールすすめられて、次回はロッド・・・・気が付いたらケアンズに住んでるのかもw

  • possum より:

    あはは(笑)。早速見に行きましたか^^
    日本なら選択肢がたくさんあるので、とにかく小さくて軽いものであればいいと思いますよ。サーフで巨大なメタルジグをぶんなげるヘビーベイトタックルを作り上げるわけじゃなかったら。
    港内や湾内、水路などでなら小さなリールでよいと思います。
    ただ、岸釣りのシーバスがメインならそこそこのロングロッド(7-8ft)のスピニングタックルが魚と遊ぶのに調度良いでしょうね。
    シーバスなら大きいものでもベイトタックルで抜きあげてしまえるのでわたしはよくバラタックルをそのまま使ってシーバス釣ってました。ただし、足場が高い所は抜き上げる以前にルアー操作が大変かなぁ。
    それとセイゴサイズのものは硬いベイトロッドでは獲りにくいです。はじいちゃうので。
    なので、willieさんが使ってるセブンイレブンみたいにロングロッドで柔らかいグラスが混合されてるロッドならベイトでも獲れる幅が広がりますね。
    ただ、獲りたいのか、遊びたいのか、その方向性を決めないと、「なんでこんなの買ってしまったんだ!」と必要性がないものはお蔵入りするかも(笑)。
    私の5.5ftのヘビーベイトタックルは、あくまでもバラマンディなどのボートフィッシング専用タックルなので、どこでもそれを使おうとすると、遊び心がないと本当に、しんどいですよ(笑)。
    というか、そんなの使ってたら、日本なら確実にヘンタイ扱いです(笑)。
    オーストラリアでも、そうかもしれないけど、餌釣りの防波堤釣りや、投げ釣りでもベイトタックル使用率が多い国なので、まぎれてあんまり目立たず今の所、快適な釣り人生です(笑)。
    まぁそれでもヘビーショートベイトタックルを買った日には、marumaruさんはケアンズ移住計画も同時に始まるのかもしれないね(笑)。

  • willie より:

    ショートロッドの身軽さは気持ちよいですね。足場さえ高くなければルアーもきびきび動く!
    でも私のルーミスはいずこへ…。いや、ロードランナー達も…。

  • possum より:

    ルーミス、使ってあげてください(涙)。
    んじゃ、またボートもいずれいきましょう^^
    聖地ティナルーもお楽しみに!(半年後くらいだけど(笑))

  • willie より:

    ルーミスのパワーとアクションの付けやすさ。大口径ガイドによる引っかかりの少なさ。
    ロードランナー630lbの投げやすさとノリの良さ。650mhのパワーと長さ。
    セブンイレブンのバレにくさと飛距離。
    どのロッドもいいとこ悪いとこがあって、悩むんだけどおかっぱりで一本だけ持っていくならセブンかなぁ。630lbでも今はいいかも(ターポンには無理だ!)。タチウオやイカを釣ってる分にはあんなパワーは全く不要なんだけど干潮のときでも足下までルアーがきっちり引けます。