ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


またターポン 2008年03月24日

コメント13件 “またターポン”

  • possum より:

    今晩は行けなかったです。残念!
    いやーでも本当のんびり気楽にいける場所で大物が狙えるなんて楽しいよね!
    でもあの場所、ファミリーフィッシングでたくさんの人が来る場所なので、自分の近くで、ワー、キャー、スッゴーぃ、なぁんて、楽しそうに、投げ釣りやサビキで魚が釣れてる中で、黙々とルアーをあぁでもない、こうでもないとするのはけっこう気恥ずかしいものがあるけどね(笑)。
    でも逆にファミリーフィッシングで来る場所なので、餌となる小魚をでっかい魚が追い回して、どしゃーん、ばしゃーんと目の前で水しぶきをあげてるのに、殆どの釣り人は、ぽっかーん、か、あ、魚があばれてるね、で、終わる人ばかりなので、ルアーを楽しむ人にちゃんと場所がある感じです。
    殆ど人は釣りより、ビール飲むぜ、とか、おしゃべりしようよ、みたいな雰囲気ですよね。
    誰かがでっかいエイやサメなどデカイのを掛けると、わいわいがやがやと寄って来るし(魚が横に走るのに人が邪魔で動けなくなる)、散歩してる人が来て、後ろや真横でおしゃべりして立ち止まるので、ルアーをひっかけないように注意するのが大変だし、子供は石を投げ込むし、大人は真横で投網を投げ込むし、観光で散歩に来た人は下の水面に懐中電灯を照らすし、来る人来る人に「釣れたか」と聞かれて「釣れてない」と言うのが心苦しいし、でもでも、日本と違って、「今からここはオレのもんだからな!」というなぜか勝手に公の場を占領するオヤジだらけの釣り場より、本当に気楽に大物釣りに行けて楽しいですよね。
    しかしその写真の釣行の後くらいからどうも様子が変わってきたよ。
    さすがに慣れて来たのか、先日は一切、魚に無視された。
    そこら中で、ボイルの嵐。
    ターポン祭り開催中。
    時折、バラの捕食音が闇の中で聞こえるけど、もう・・・
    一切、皆、(ルアー)を無視でしたね。
    生餌チームの人達がウキ釣りの仕掛けで挑戦してたけど、それも一切無視。
    時折、生餌に掛かるのは、40cmくらいのブラックチップ(サメ)。
    サヨリを食べてると思うんだけど、マッチザベイトの感覚でルアーを投げて見たけど、幾つかショートバイトがあるだけで、本当に無視されました。
    ということで、ある意味、ルアーで釣る本当に面白いステージがやってきたかもね。
    寝不足気味の日がまだまだ続くようですね。

  • marumaru より:

    いつも楽しく見させてもらっています。先日は本当に丁寧に色々教えていただきありがとうございました。かなり参考になります。
    しかし、オーストラリアの魚はでかいですね!見てるだけで緊張しちゃいます(笑)3週間後にはそちらに旅立つので釣れたらきちんとご報告します。ライトタックルで何処までやれるかわかりませんが・・・

  • willie より:

    >possumさん
    週末の夜は人が多くて大変ですね。昨日なんか、大きな音でみんなラジオのお笑い番組を聞いて大笑いしてた。また、別の場所ではアボリジニ政策に関して激しい議論が起きていた。釣り、してないよね、彼ら。その隙間をぬって投げるのです!ルアーを投げるのです!
    到着して一投目。まずは20gのペンシルをセレクト。ビューンと投げてさぁ、動かすぞ!と思ったらいきなり引っ張られた!(夜釣りなのであまりよく見えない)おい、まだ何もしてないぞ!餌釣りか?隙をつかれてジャンプ一発でバレた。
    その後はダメで、いろいろルアーをかえて結局いつもの奴にしたらまた一投目でガツン!でも、数秒のファイトの後バレた。
    残念。ニューロッドはデビュー戦を後一歩まで行きながら飾れず。。

  • willie より:

    >marumaruさん
    ケアンズでボート釣りの情報は結構あるけどオカッパリでルアー投げてるブログはここ位だと思いますよ!
    日程が合えば釣り場でご一緒しましょう。私も、現在の日本のスタイルには興味津々です。オージーは釣りに関しては凄く保守的で「これ以上の改善は何も無い!」と10年間変わらないスタイルで釣りしてますからね、日本でいろいろ出てきてる岸壁ジギング?カラスガイルアー?テールスピンジグ?Mリグ?風神玉?ひょっとしたらすっごい釣れるかもしれませんよ。

  • possum より:

    お笑い番組とアボリジニ問題、いやー、面白い釣り場だ(笑)。
    夜遅くに行くとカップルがお忍びでやってくるので、こっちが遠慮してちょっと場所を移動すると、チュッパチュッパしはじめてる。しかもめちゃ(魚の)雰囲気(活性)がもりあがってる場所の前で・・。
    ハイ、ハイ、ゴメンネ、ゴメンネ、そこでルアー投げるからね!
    みたいな感じだね^^
    ちなみにアボリジニ問題なら、ポーツスミスのジェッティ(桟橋)でやって欲しいよねぇ。
    だってアボリジニの家族がたくさん釣りしてるもんねぇ^^
    最後に、ケアンズのおかっぱりルアーの情報はここだ!って、あるけど、
    一応、わたくしオーストラリアの釣り情報サイトの管理者なんだけどね・・・。
    いやー、本当自分のサイトより、なぜかここでしか、発言(情報公開)してないなぁ・・・。
    リニューアルしないといけないなぁと言いながらもうかなりの時が過ぎて・・・。

  • willie より:

    いろんな人がいるからね。お散歩の観光客や、走り回る子供達や、酔っぱらいのオージーや毛布にくるまって寝てるオージーやラジカセやらまな板やら散乱するハンドリールををかわして隙間から投げるのです!時には真横に飛んでくるファミリーフィッシングのキャストをかいくぐりながら投げるのです!日本とは違う意味で、キャスティングポジションの確保が大変です。
    あの場で、うろちょろしながらルアーを投げ続けるうちらはちょっと異常ですね(笑)
    possumさんも更新しないと、また「彼はマグロ漁船に乗ってる」とか言われますよ。(実話)あれ、真珠だったかな?

  • marumaru より:

    カップルの活性も魚の活性も盛り上がってるケアンズに行くのが待ち遠しいです(笑)
    結局、ケアンズ中心部に宿泊が決まっているのでレンタカーでも借りてパームコーブにでも行ってみようかと思っています。ご一緒できたら宜しくお願いします。4月12日から8日間お邪魔します^^実質13日から18日までかな?その間、日中は家族サービス、夜はできるかぎりルアーを投げたいですね^^

  • possum より:

    ワニに食べられたかも、とか噂される事もあったなぁ(笑)。
    更新というかリニューアル計画を具体的に早く進めないとまた楽しい釣りの季節がやって来る度同じ様なことに・・。
    しっかし、ラパラのX-RAP(ルアー)ってすごいよね。
    このルアーのパワーには恐れ入った!
    生後2ヶ月の娘にX-RAPを見せると、絶対に泣き止む。どころか、喜ぶ、喜ぶ(笑)。
    すごすぎです^^

  • possum より:

    marumaruさんに実はメールでパームコーブのホテルをすっごく勧めてしまった^^
    あそこなら滞在しながら釣りも簡単に出来て素敵な南国の雰囲気が味わえるかなぁと思ったのです。
    marumaruさん次第だけどご家族と一緒にパームコーブに釣りに来たらどうでしょう?夜釣りなのでお子さんがもしいらっしゃったら心配かも知れませんが。
    確かに気になって釣りには集中出来ないかも知れませんね。実際どうされるのかはお任せしますがタイミング会う日でしたら現地でお会いしましょうね^^
    ちなみにwillieさんは知ってると思うけど、わたしは家族総出で生後2週間の娘も連れて行ってそこで釣りをしてました(笑)。
    確かにルアーなんて集中して投げれなかったけど(というより、皆の餌つけて投げ込んで、のが忙しい)それなりに楽しめますよ。
    それと夜のビーチも雰囲気があって、ご家族も桟橋にずっといなくても良いとは思います。
    ただワニとクラゲには注意して下さい(笑)

  • willie より:

    marumaruさん、ルアーマンが増えるのは大歓迎ですよ!お待ちしてます。
    何しろ、岸からのルアーアングラー数が少ないですからね(オージーはただ巻きしかしないし)、いろいろな可能性をテストしきれないのです。
    possumさん、もう二ヶ月も立ちましたっけ!歳月が早いですね?。そして、しっかり遺伝したみたいですね(笑)

  • willie より:

    possumさん、同時にアクセスしてコメントしてるみたいです(笑)

  • marumaru より:

    willieさん possumさん 本当にご親切にありがとうございます。小さい子供が2人いるので夜連れていけるかどうかわかりませんが、ぷらっと行ってできる釣りなので楽しみにしています。
    生後2週間でってのは凄いですね!!ウェーディングゲームでエイプロテクターっていうのがありますが、ワニプロテクターっていうのはさすがにないでしょうね^^
    現地でまずおかっぱりルアーマンをさがしてみればもしかしたらお会いできるかもしれませんね^^ 今度の休みにでも国際免許取ってきます^^

  • possum より:

    marumaruさんへ。
    うちは9歳と3歳の娘もいるのですが無理やり釣りに・・・。
    無理やり釣りに連れて行ったのではなくて、無理やり付いてこられる事が度々(笑)。
    昼間は紫外線が強すぎるので夜に釣りに行こうとすると、わたしが準備を始めてるとなぜか家族全員が勝手に動き出して準備をはじめてしまう・・。
    さすがにそんな日はルアーなんてまともになげれないので夕涼みとあきらめてますね(笑)。
    この前もwillieさんの後ろを娘達がついてまわって投げにくくなって申し訳ありませんでした・・。
    あと国際免許だけでなく日本の免許もお忘れなく!レンタカーを借りる際に日本の免許書もないと借りられません。国際免許書って単なる原本である日本の免許書の翻訳したもの程度なので両方忘れずにお持ち下さい。
    それと、釣りの日程ですが、実際に行く日をメールで教えてもらえれば、その日に合わせて現地に向かいますよ。あと18日は難しいです。実は予定がありまして・・・。またそれ以外の日でもし都合で行けなくなったらごめんなさい、でもおそらく大丈夫だとは思います^^
    ちなみに満月前の潮周りなので、一般的には最高の条件です。後は、天候とベイトの動き次第ですね。
    楽しい観光そして釣りになるといいですね^^