ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門の野鳥ガイド。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)専属講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)所属。豪永住権保有。名古屋市出身。このサイトの写真はいずれも太田が撮影したものです。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

1+5=? 


傑作ルアー 2008年03月14日

コメント8件 “傑作ルアー”

  • possum より:

    これ、絶対、ネットの翻訳サイトで翻訳したまんまを貼り付けて製造したな!(笑)
    最後の「私達の環境を気遣いなさい」には、たまげた。
    製造者は、自分の生産物にもっと気遣いしなさい。日本語貼り付ければいいと思ってるだろうね、きっと。
    しかし、最近、オーストラリアにも、自然分解ソフトルアーがかなり増えたね。
    釣り雑誌にもちらほらソフトルアーの環境汚染の記事が載ってるのを見るけど、この辺は釣りをしない人にまで世間で騒がれる前に商品が並んでくるのはさすがオーストラリアだとは思います。
    ゴールドコーストやシドニーとかでは、ソフトルアーがかなりメジャーだけど、ケアンズではまだまだ一部の人しか使わないから、たくさん売れるのかどうかがフシギ。

  • willie より:

    時々、一言二言おかしな日本語訳はみるけどここまでド派手にやってくれたのは初めて見た。
    ハードルアーに比べてソフトルアーは製造しやすいから、無名メーカーから時としてとんでもない傑作が飛び出すんですよね。元バサーの眼から見て、ケアンズではソフトルアーのラインアップもテクニックも冗談みたいなものです。これから開拓できる部分がまだいっぱいありますね。

  • kumata-ro より:

    >私を食べなさい!
    すごい!つれそう!
    「私を、ワームの女王様!とお呼び!」
    と、しなやかに、ムチが飛びそうっす。(^Ⅲ^)
    商品の包装に翻訳まんま貼り付けるセンスがすごいっす!!
    オージー万歳!

  • willie より:

    >「私を、ワームの女王様!とお呼び!」
    と、しなやかに、ムチが飛びそうっす
    あははは!最高です!
    いやー、何としてもこれで釣らないといけなくなってきたなぁ。

  • yumi より:

    私も某国で、「ぷんぷんとよいにおいがする」おいしいビスケットを購入したことがあります。
    意外とおいしかったです。
    このルアー、釣れましたか?
    帰国前に知っていたらお土産に買ってきたかった!

  • willie より:

    いや、まだ投げた事も無いです(汗)部屋に転がっています。$3のワゴンセールだったので、もう元は取りました…かな?

  • possum より:

    化粧品とかでこんな日本語が貼り付けてあったら買う人いるのかな?^^
    他のものでけっこう変な日本語のものって見かけますよね?
    「すごく腐ってます!臭います!」と言われたチーズとか。
    漢字って、見た感じがそのまま伝わるから、難しいね(笑)

  • willie より:

    >「すごく腐ってます!臭います!」と言われたチーズ
    それも凄いね(大笑)