ブログカテゴリー


AAK代表プロフィール

太田祐 おおた・ゆう
オーストラリアにおいてただ一人の日本人専門野鳥ガイド。オーストラリアの野鳥観察に関し日本における草分け的存在で、最大の情報発信者である。多くのTV番組・書籍制作に関与し、オーストラリア内陸の辺境地域のイントロデューサー(紹介者)としても知られる。株式会社ワイバード(日本唯一のバードウォッチング専門の旅行会社)講師。CAIRNS BIRDING(ケアンズ探鳥会)、Birdlife AUSTRALIA(オーストラリア野鳥の会)、700Club(オーストラリア鳥類リストが700種類以上ある人の名誉クラブ、アジア人初)などに所属。豪永住権やバスツアー事業ライセンス、インバウンドオペレーターライセンス、国立公園や自然保護区の営利使用認可など保有。国内有数の探鳥エリアであるアサートン高原にある4000坪の土地にペットのインコ1羽と暮らしている。


人気ツアーピックアップ

ケアンズ日帰りバードウォッチングツアーケアンズ総合バードウォッチング5日間ツアーインコ・オウムスペシャルツアーカワセミ8種類スペシャル2泊3日徹底ほ乳類! 一泊二日ツアーレンタル機器

問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


ご返信には通常最大で48時間をいただいており、通信のできない僻地にいる際はさらにお時間がかかることがあります。うまく送信できない場合はトップページお問い合わせページからご送信ください。


機内誌 2007年11月11日

コメント6件 “機内誌”

  • ?? より:

    残念っ!
    パース行った友人に持ってきて貰えばよかったorz
    携帯でケアンズeye検索したら、出た!見れた!
    でも携帯だと少々シンドイ(笑)
    んぢゃ、またね(^-^)

  • ?? より:

    残念っ!
    パース行った友人に持ってきて貰えばよかったorz
    携帯でケアンズeye検索したら、出た!見れた!
    でも携帯だと少々シンドイ(笑)
    んぢゃ、またね(^-^)

  • willie より:

    携帯で?どういう風に見えるのか想像もつきません…。機内誌が改訂されないうちにもらって行って下さいね。

  • より:

    こんばんは
    こんな冊子があったんですねぇ~
    残念です。
    ズグロトサカゲリ・・・営巣地粋に踏み込んでしまったらしく、物凄く威嚇されました。
    けっこう迫力ありましたよ。

  • tm より:

    こんにちは。いつも見ています(ROMですが...)。
    良いですね!来週Aus.に帰る友達に機内誌を頼んでおこうっと。

  • willie より:

    >蒼さん
    ズグロトサカゲリはよくシロガシラトビとかの猛禽にも夫婦でアタックして追い出すので大したものです。よい親達なのです。
    >tmさん
    ありがとうございます。是非手に入れて下さいね。